清教徒革命はステュアート朝の王たちが目指していた絶対主義から脱却するという点から市民革命のひとつとして分類される。現在では名誉革命と併せてイギリス革命として議論されることが多い。 内乱の …

漢字は音に合わせた当て字です。 市民革命はイギリス → アメリカ → フランスの順で起こりました。 市民革命は資本主義の確立、発展にも大きな影響を及ぼしています。 国により市民革命の内容と時期が違うためここでは、区別して整理したいと思います。 もっとも、じっさいのバスティーユ牢獄には、その日は、囚人は7名しかいなかった。ほとんど空の状態であった。解放された囚人7人には、政治犯はいなかった。7人のうち、4人は文書偽造犯であり、2人は狂人であり、1人は素行の悪い貴族であった。, 革命派の議会が人権宣言(じんけん せんげん)を出し、政治の主権は国民たちにあることが定められた。 ただ、ギリシャ神話は登場する神様がとにかく多く、しかもそれぞれが親子だったり兄弟だったり…とかなり複雑! コメントもらえるとやる気が出ます。. この記事を参考にしてみてください。, ギリシャ神話は、現代でもゲームや映画のキャラクター名に使われることが多いですね。 現代の私達の生活では想像できませんが、中世のヨーロッパでは絶対君主制が敷かれており、, フランス絶対王政の全盛期を作り出したルイ14世は『朕は国家なり』という有名な言葉を残しています。, それほどまでに絶対君主としての権力、また君主の国家観が示されていることを象徴した言葉でした。, 市民革命はイギリス → アメリカ → フランスの順で起こりました。市民革命は資本主義の確立、発展にも大きな影響を及ぼしています。, マグナ・カルタは法の支配の原型となっており、失敗を続けた国王ジョンに対して比較的教養が深かった封建階級が国王の政治的権限を抑制する目的で認めさせたものです。, マグナ・カルタについて詳しく知りたい人は、『マグナカルタ(大憲章)とは?法の支配の出発点となった内容をわかりやすく。』の記事をご覧ください。, ピューリタン革命、名誉革命の勝利によって制定された王権を制限するための権利章典が制定されます。, この内容が非常に重要で、議会主権、自由権一般、具体的には信教の自由、人身の自由、請願権、私有財産権といった具体的な権利が規定されています。, アメリカのイギリスからの独立革命はロックの抵抗権の思想とトマス・ペインの『常識論(コモン・センス)』にある「政府は最低でも必要悪であり、最悪の場合耐えがたい悪となる」というメッセージが人々を革命へと駆り立てていきました。, 起草人はトマス・ジェファーソンで「われわれは、自明の真理として、すべての人は平等に造られ造物主によって、一定の奪いがたい天賦の権利を付与され~」の一説が有名です。, 制定当初は人権規定がなかったため、1791年に修正第10条(一般に権利章典という)が付け加えられ、現在までに27の修正が加えられています。, 第16条の「権利の保障が確保されず、権力の分立が明記されていないすべての社会は、憲法をもつものではない」という一説が重要です。, 結果、アメリカが独立戦争に勝利して独立宣言を行った事で、フランスにも影響が及んだのです。, 市民階級を中心とする民衆による社会変革はイギリス→アメリカ→フランスの順で起きました。, 市民革命の末に国民は自然権や基本的人権を手にして、後の資本主義の発展に大きな影響を及ぼしました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ツインソウルとの出会いは、どんなものでしょうか? 17世紀に発生し、イギリスを揺るがした「ピューリタン革命」。この記事では概要や原因、その後の影響、指導者だったクロムウェルなどについてわかりやすく解説していきます。あわせておすすめの関連本も紹介するので、ぜひご覧ください。, 1642~1649年にかけて、イングランド・スコットランド・アイルランドで起きた内戦のことです。別名を「清教徒革命」ともいいます。, イギリスのステュアート朝が敷いていた絶対王政に対し、議会の中心を占めていた富裕層「ジェントリ」の不満が爆発。彼らは、キリスト教プロテスタントのなかの一派「ピューリタン」がほとんどだったため、このように呼ばれています。, 国王を支持する「騎士党」と、議会を支持する「円頂党」が争い、最終的に勝ったのは議会派の「円頂党」。国王のチャールズ1世は処刑され、王政は廃止、「イングランド共和国」が樹立されます。, その後、戦いのなかで頭角を表したオリバー・クロムウェルが「護国卿」という最高統治権をもつ官職に就任。事実上の独裁政治を率いることとなります。, ちなみに当時は、ヨーロッパの各地で争いや自然災害などが起こっていて、ピューリタン革命も含めて「17世紀の危機」と呼ばれています。, ピューリタン革命の原因は、国王チャールズ1世の専制政治にあったといわれています。1625年に王位を継承し、父親であるジェームズ1世が開いたステュアート朝の2代目国王となりました。, 当時は、「ヨーマン」と呼ばれる農民のうち、地主として上流階級を形成していく「ジェントリ」と呼ばれる層と、貧しくなって農業さえも続けられなくなる層の二極化が進行し、社会問題となっていました。, 農地を離れた者たちが大都市に流入したことで都市人口が急激に膨れあがり、社会不安が増大。さらにジェントリが富を抱え込むことにより国家の収入は減少し、財政も悪化していたのです。, そのような状況下でチャールズ1世は、「王権は神より与えられたものであり、人民は王に反抗することはできない」とする「王権神授説」にもとづいて政治を実行。議会の承認を得ずに徴税を強化したり、新たな課税をしたりしたため、反発を招きます。, さらに、スコットランドに対してイングランド国教会を強制するなどしたため、スコットランドの長老派教会の反発を招き、1639年と1640年の2度の「主教戦争」を引き起こしました。この戦いはスコットランドの勝利となり、イングランドは賠償金を支払う義務を負うこととなります。, 1641年になると議会は、国王大権を制限する「議会の大諫奏」と呼ばれる抗議文を提出しましたが、意外にも159対148の僅差で可決。議会が、可決に賛成した「議会派(円頂党)」と、反対した「王党派(騎士党)」に分裂することとなるのです。, 続いて議会は、軍の統帥権を国王から議会へ移す「民兵条例」を審議。これに危機感を覚えたチャールズ1世は、1642年1月に議会派の中心人物たちを逮捕してしまいました。, 怒ったロンドン市民が議会側につくと、身の危険を感じたチャールズ1世はロンドンを脱出。国王派と議会派は互いに戦争の準備に取りかかり、3月、イングランド全土を巻き込む内戦へと突入していったのです。, ピューリタン革命の指導者となったオリバー・クロムウェル。1599年に、イングランド東部にあるジェントリ階級の家に産まれました。ケンブリッジ大学で学んだ後、1628年に下院に相当する庶民院の議員となります。, 1642年、王党派と議会派の最初の本格的な争いとなった「エッジヒルの戦い」にて、議会派が敗れると、自らの私財を投じて「鉄騎隊」と呼ばれる部隊を創設。1644年の「マーストン・ムーアの戦い」で活躍をすると、1645年には議会軍を再編成して結成された「ニューモデル・アーミー」の副司令官に就任することとなりました。同年の「ネイズビーの戦い」では、鉄騎隊の活躍もあり、国王軍を潰走させる殊勲をたてました。, 内乱が終結すると、議会派のなかでも、王室との妥協を求める「穏健派」と、妥協を拒絶するクロムウェルら「強硬派」との間で対立が生じます。, 1648年には、穏健派と国王が手を結び、「第二次イングランド内戦」が勃発してしまいました。クロムウェルは自ら戦いに参加し、「プレストンの戦い」で撃破。議会からは穏健派を追放し、権力を掌握します。, 1649年1月には、チャールズ1世を処刑に。5月に「イングランド共和国」の樹立を宣言し、一介の議員に過ぎなかったクロムウェルはイングランドの指導者となったのです。, クロムウェルは共和国軍の総司令官として、1649年8月にアイルランド、1650年にスコットランドへ遠征。反議会派を一掃します。クロムウェルの独裁をめぐって議会と対立すると、これを解散させて「護国卿」に就任しました。「護国卿」は、王権に匹敵する最高統治権を与えられた官職のことです。, 後の研究によると、クロムウェルは、自身が独裁をすることを必ずしも望んでいたわけではありませんでした。しかしさまざまな党派が入り乱れる革命後のイギリスを統治するうえでは、強権的にならざるを得なかったとのこと。, しかしその支配はかつてのチャールズ1世の専制政治を彷彿とさせ、人々の反感を買うことになってしまうのです。, 1658年にマラリアで亡くなると、跡を継いだ息子のリチャード・クロムウェルに対して不満が噴出。リチャードはまもなく身を引き、護国卿政は終了しました。, 1660年、議会の穏健派である「長老派」が、チャールズ1世の息子であるチャールズ2世を亡命先のオランダから迎え入れ、国王に。王政復古をおこないました。, するとクロムウェルは、すでに亡くなっているにも関わらず、国王裁判にて反逆者と認定されてしまうのです。墓を暴かれ、絞首刑の後斬首され、その首は約25年間も晒されたそう。なお現在は、彼の母校であるケンブリッジ大学に葬られています。, チャールズ2世の王政復古は、ピューリタン革命以前の体制に戻すことを目標に掲げ、「国王至上法」にもとづく絶対王政の復活を目指します。しかし実際の国政においては議会の影響力が大きくなっていき、かつての体制をとり戻すことはできませんでした。, チャールズ2世の弟であるジェームズ2世が国王になると、さらに議会との間に対立が発生。ピューリタン革命時にフランスに亡命していたジェームズ2世は、カトリックに改宗していて、プロテスタントの大臣たちを相次いで罷免していきました。, 当時は、ほとんどの議員がプロテスタントです。議会はジェームズ2世の甥でもあるオラニエ公ウィレム3世を擁立する形で、クーデターを起こしました。, 1688年、ウィレム3世が率いる軍がイングランドに上陸。しかしイングランド軍内部では、ジェームズ2世が命したカトリックの士官たちの不服従が広まり、戦おうとしません。結局争いは終了。1689年、ウィレム3世はイングランド王ウイリアム3世として、娘のメアリーはメアリー2世として即位することとなったのです。, この戦いは「名誉革命」、またはピューリタン革命と比べて激しい争いがおこなれることがなかったため、「無血革命」とも呼ばれています。, 「17世紀の危機」と呼ばれる社会不安のなかで、チャールズ1世の専制政治に不満を抱いた人々が起こした「ピューリタン革命」。その過程で台頭していたのが、クロムウェルです。, 王に対して穏健的な長老派や強硬な独立派、平等な政治体制の実現を求めた平等派、アッシリア・ペルシア・ギリシア・ローマに続く第5の千年王国を目指した第五王国派など、議会派のなかでもさまざまな派閥が入り乱れていたといいます。, 「英雄」か、「王殺し」か。彼の思考や行動を分析し、イングランド、ひいてはヨーロッパ全体にどんな影響を与えたのかを解明していく一冊です。, イギリスの歴史を上下巻でまとめた作品。下巻で扱っているのは、17世紀のピューリタン革命や名誉革命を通じて、絶対君主制の国家から議会を中心とする国家へと移り変わっていく様子です。, ヨーロッパ辺境の小国に過ぎなかったイングランドは、2度の革命で後の大英帝国へと続く発展の道を歩みはじめます。激動の時代をダイナミックに描いた本作、大きな流れとして歴史を読むことができ、おすすめです。, 物語イギリスの歴史(下) - 清教徒・名誉革命からエリザベス2世まで (中公新書), 決してメジャーとは言えないものの、根強い人気を誇るTS(性転換)漫画。異性愛、同性愛どちらの琴線も刺激する贅沢なジャンルとも言えるでしょう。今回は特に男キャラが女性化する作品をピックアップしてご紹介したいと思います。. この記事では、ツインソウルの特徴や、出会った後に訪れる試練などについてまとめてみました。 この記事では、初めてギリシャ神話に触れる方のために、特に有名な神様と私たちにも身近な星座の物語を簡単に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。, 政治の世界で「三位一体の改革」といった言葉がよく使われますが、この言葉はもともとキリスト教の言葉です。 そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。. 「菩提(ぼだい)=ボーディ」と、発音が似ていますよね。 ヨーロッパでは、16世紀の初めごろ、王権が強く、王が絶対的な権力をにぎっていた。これを絶対王政(ぜったい おうせい)という。. 非日常的で困難な状況下でも、知能と技術を駆使して生き残る術を探すサバイバル。ゲームや映画などで目にすることが多いですが、事実は小説より奇なり。過酷なサバイバル体験を綴ったノンフィクションは、圧倒的な衝撃をもっているので... 2013年のモデルデビュー以降、テレビドラマや映画などで目覚ましい活躍を見せる成田凌。そのルックスを活かしたイケメン役に留まらず、実に幅広い役柄を演じています。近年様々な賞を受賞し、人気・実力ともに演技派俳優の道を歩ん... 2020年の秋アニメはとにかく種類が豊富です!SNSで話題となった漫画や人気作の続編が放送されます。 イギリス革命とは、清教徒革命(ピューリタン革命/1642年)と名誉革命(1688年)をあわせたイギリスで起こった革命のことで、立憲君主制を成立させ政治における議会の役割を不可欠にした出来事です。, イギリス革命の要点を知っておくことは、世界史の教養としてだけでなく政治学を中心とした社会科学をより深く理解する基盤にもなります。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, 清教徒革命(ピューリタン革命/1642年)と名誉革命(1688年)をあわせたイギリスで起こった革命のことで、立憲君主制を成立させ政治における議会の役割を不可欠にした出来事です。, 「清教徒革命(ピューリタン革命/Puritan Revolution)」と「名誉革命(Glorious Revolution)」の2つの出来事を合わせた出来事で、2つの革命は連続して起こりました。, イギリス革命はさまざまな要因から起こった出来事ですが、いくつかの重要な要素があります。, また、清教徒革命(ピューリタン革命)と名誉革命の特徴をまとめると以下のようになります。, 詳しくは2章の解説の中で説明していきますので、まずはここでは簡単に頭に入れておいてください。, イギリス革命は、「ステュアート朝(Stuart dynasty)」というスコットランド生まれの王朝を中心に起こった出来事です。, イギリス革命の中心はステュアート朝ですので、まずはステュアート朝について簡単に押さえておきましょう。, 彼らの政治的・宗教的な行動を中心として、それと議会や貴族、周辺国の国家とのせめぎあいの中で起こったのがイギリス革命なのです。, 世界史上の有名な革命として、イギリス革命の他にもフランス革命やアメリカ独立革命などがあります。, それぞれ別個の出来事ですので同一の基準から区別することは難しいですが、あえて整理すれば以下のようになります。, 2章ではイギリス革命の歴史を詳しく解説していきますが、より詳しく知りたい場合は以下の本を読んでみることをオススメします。, 清教徒革命(ピューリタン革命)の発端は、ジェームズ1世の統治のころからありました。, ジェームズ1世(Charles James Stuart/1566-1625年)は、イングランドとスコットランドの王を兼任したステュアート朝の王です(同君連合)。, 両国の王となっていた一方で、当時のブリテン諸島は民族、政治、宗教などバラバラの状態であったため、ジェームズ1世はイングランド、スコットランド、アイルランドの3国を統一したいという野望を持っていました。, さらに、ジェームズ1世の死去後に即位した、息子のチャールズ1世(Charles I)は専制政治を行ったため、国内外の不満は限界まで達します。, こうした背景があった上で、チャールズ1世がスコットランドの遠征費を議会で要求したことで、議会との対立が深刻なものになりました。, しかし、チャールズ1世はスコットランドとの停戦のための賠償金5万ポンドを支払うために、再び議会を結集します(長期議会)。, 自分の権力を制限しようとする議会に反発し、チャールズ1世は庶民院の改革派議員を逮捕しようとしたことで、「国王派」「議会派」に分かれて国内が内戦状態になってしまいます。, と勢力が分かれ、独立派からは庶民院出身のオリヴァー・クロムウェル(Oliver Cromwell)が鉄騎隊を率いて、国王軍・スコットランド軍を打倒しました。, 議会では、長老派と独立派が対立しましたが、独立派が長老派を逮捕し、独立派のみの議会を結成します(残部議会)。そして、チャールズ1世を処刑しました。, 独立派のみが集まった残部議会は、王政を打倒したため「共和政」を樹立し、下記のような政策をしました。, 国内においては統治機構を王政から共和政に一新し、国外に対しても新たな脅威が生まれないようにしたことが分かります。, しかし、残部議会は現在の立場を守るために選挙を先延ばしにするような有様で、今後の統治のためには体制を新たにする必要がありました。, しかし、クロムウェルは病死しクロムウェルの子も護国卿の立場を引き継がなかったため、護国卿体制は終わりを告げ、王政復古によって新体制が作られることになりました。, 清教徒革命(ピューリタン革命)については、以下の記事でより詳しく解説しています。ぜひご覧ください。, 清教徒革命(ピューリタン革命)を主導し、護国卿体制を築いたクロムウェルが死亡したことで、新たな政治体制が求められました。, スコットランド、アイルランドも追従し、イングランドは共和政から再び王政となったのです。, 貴族院と庶民院による議会(騎士議会)は、国教会の復権と国王の権力の制限を行うために、, チャールズ2世はこれを受け入れましたが、その弟ジェームズはチャールズとは違い議会と強く対立しました。, ジェームズはカトリックであったことから、ジェームズをイングランドの君主として認めていいのか議会を2分する激しい議論になりました。, その中で、ホイッグ党・トーリ党が生まれ後の議院内閣制や政党政治のベースになっていきました。詳しくは以下の記事をご覧ください。, こうしたジェームズ2世の政策は国内外に反発を生み、議会の有力者とオランダ総督ウィレム(後のウィリアム3世/William III)が結託します。, イングランド議会はイングランド軍をコントロールし、ウィレムがオランダ軍を率いてイングランドに進軍。ジェームズ2世は国外逃亡しました。, 議会は王位の空座を宣言し、オランダ総督ウィレムをウィリアム3世とし、その妻メアリ2世と共に君主にすることにしました。, 王政であることには変わりありませんが、君主が入れ替わったことで革命が成し遂げられたのが名誉革命です。, 名誉革命では、直接的には誰も血を流すことがなかったため、それが「名誉」であったことから名誉革命と言われるようになりました。無血革命とも言われます。, 名誉革命は、共和政から王政に転換した清教徒革命とは違い、王政のまま君主のみが入れ替わった革命です。, 政体が変化していないのですから、「革命とは言えないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。, しかし、名誉革命はその後の歴史に与えた影響を考えれば、やはり革命的だった出来事です。, 「王権神授説」が信奉され国王の権力が絶対的なものとされた当時の時代背景を考えれば、その権力が制限され、議会や国民に一定の権利が認められたことはとても意義があるのです。, こうして、国王すらも憲法によって権利が制限される「立憲君主制」のベースが作られ、その後の統治のあり方を大きく規定していくことになるのです。, 歴史上の出来事は細かく見ていくときりがありません。そのためこの記事ではできるだけ簡潔に要点に絞って記述しましたが、より詳しく知りたい場合は必ず書籍にあたることをおすすめします。, オススメ度★★★ミカエル・ライリー,ジェイミー・バイロン,クリストファー・カルピン (著)『イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書―』(明石書店), 近代のイギリスの歴史が詳しく書かれた、イギリスの中学校の教科書を翻訳したものです。非常に面白いのでぜひ通読することをおすすめします。, イギリスの歴史を講義調で解説しているものです。イギリス革命について書かれているのは「下」ですが、その前の歴史から知っておかなければイギリスの王朝の役割や王権が制限されていくプロセスが理解しづらいです。上下合わせて読むことをおすすめします。, イギリス革命の一部のみを理解したいなら、薄くて読みやすいこちらのブックレットをおすすめします。イギリス史をある程度知っている方におすすめです。, 一部の書籍は「耳で読む」こともできます。通勤・通学中の時間も勉強に使えるようになるため、おすすめです。, Amazonプライムは、1ヶ月無料で利用することができますので非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。, などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。, このサイトでは他にも政治史的に重要な出来事や、世界市場の出来事について詳しく解説していますので、ぜひブックマークしてください。, リベラルアーツガイドは、質の高いコンテンツを作成し続けるためにご支援をお願いしています。詳しくは下記ページをご覧ください。, 当メディアは純広告(メディア内に設置する広告)を募集しています。詳しくは以下のページをご覧ください。, 世界史の教養としてだけでなく政治学を中心とした社会科学をより深く理解する基盤にもなります。, ジェームズ1世はイングランド、スコットランド、アイルランドの3国を統一したいという野望を持っていました。, イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34), チャールズ1世の専制政治、非イングランド国教会の教徒の弾圧、スコットランド、アイルランドへの弾圧, 英国王の絶対王政への議会の不満、イングランド国教会とそれ以外の宗派の対立、中産階級の台頭, ステュアート朝の絶対王政を倒して、憲法に国王の権力が制限される「立憲君主制」を成立させた, イングランドとスコットランドを合併させ、現代の私たちが知る「イギリス」という国家を作った, 独立自営農民や地主、産業資本家、承認などの市民階級が台頭し、政治的主張を行うようになっていた, 国王に対して議会が一定の力を持ち、国王の絶対的な権力が制限される準備がなされていた, イングランド国教会と、非イングランド国教会のプロテスタントの諸派やカトリック教徒との対立があり、宗教問題が政治問題になっていた, イギリス革命とは、17世紀イギリスにおける清教徒革命(ピューリタン革命)と名誉革命を合わせた革命のこと, イギリス革命は、市民階級の台頭や宗教上の対立、国王と議会の対立など複数の要因から起こったもの, イギリス革命は、立憲君主制の成立や議院内閣制、政党政治など、その後の政治制度を作る原点となった点に歴史的意義がある, ジェントリ(下層地主階級)、ヨーマン(独立自営農民)、ピューリタン(国教会の改革を訴える人々)の, カルヴァン派の長老派が体制となっていたスコットランドで、イングランド国教会のやり方を押し付ける, 残部議会を軍事力で解散させ、「指名議会」という新たな議会を作り、指名議会と国務会議が国内を統治することにする, 独立派を率いたクロムウェルは、チャールズ1世を処刑し共和政を樹立、護国卿体制を築いた, 亡命していたチャールズ2世が、清教徒革命関係者への大赦や軍隊の未払い給与の補償など、王政復古のために行動, チャールズの行動を踏まえて、仮議会がチャールズを国王チャールズ2世として承認し、統治形態を, 名誉革命は、ジェームズ2世の専制政治に反発した、議会とオランダ総督ウィレムが結託して実行した出来事, 清教徒革命(ピューリタン革命)は、チャールズ1世の専制政治に反発した議会の「独立派」とそれを率いたクロムウェルによって成し遂げられた, クロムウェルの死後、王政復古によって三位一体の統治が復活するも、王位を継承したジェームズ2世が専制政治をしたため、議会とオランダ総督ウィレムによって名誉革命が成された, 名誉革命後、王権は制限され、イングランドとスコットランドは合併されてイギリスとなった.