と検索してください。 ああ! エリート主婦の子育て落とし穴〜ご近所騒がせな女たち 詳細はこちらをクリック.

と検索してください。 「おうちのeneos(エネオス)」 のcmで、仕事から帰って疲れている母のかわりに、夕飯を作る娘役を演じている女の子は、誰なのでしょう? 包丁さばきが初ういしいです。 このかわいい女優について調べてみました。 まずは、cmについて見てみましょう。 地味でブスで冴えないOL・夢子のひそかな楽しみは、自分とは違う華やか世界で生き、綺羅びやかな姿を魅せ続けるショップ店員... 詳細はこちらをクリック cmを観ていて「このかわいい子は誰!?」なんて気になって調べてみようとしても、名前が分からないから調べようがない!なんて経験はありませんか?そこで今回は、そこまで知名度の高くない気になるcm美女をtop25まで紹介します! トップページに移動しますので、 詳細はこちらをクリックトップページに移動しますので、 あなたの隣のモンスター主婦SP〜誰かが覗いてる〜と検索してください。夢のマイホームで始まった地獄のような嫌がらせの日々。それは家の中での私の様子を覗き見て、言いがかりをつけているようで… [CDATA[ 編集部で同僚記者とこのような会話を交わしたのは1月下旬のことだった。日経ビジネスでは2015年から毎年年末に『謝罪の流儀』という特集を掲載している。その年に起きた企業や個人の不祥事・炎上案件を取り上げ、何がダメだったのかを詳細に分析。これらの事例をもって他山の石とすることを狙った企画である。, 同じ特集班メンバーとの間で話題に上ったのが、JXエネルギーが手がける電力小売りサービス「ENEOSでんき」の新しいテレビCM。それは次のような内容だった。, 妻役の小池栄子さんがリビングで友人とお茶を飲みながら、自由に使えるお金の少なさを嘆いている。「解決策は2つあると思うの」。その答えが、「安い電気に変えるか、稼ぎのいい夫に変えるか」。友人は冗談だと受け止めるが、小池さんは急に真顔に変わり、「本気よ」と口にする。, ちょうどリビングに入ろうとした夫役の古舘寛治さんがその言葉を聞いてしまう。真顔の小池さんが古舘さんの方を振り返り、ニヤッと笑うと、ガーンという低音と共に古舘さんが後ろに吹っ飛ぶ。そこで場面が切り替わり、ENEOSでんきがいかにお得かを説明する──という流れになっている。, 小池さんは専業主婦という役柄なのだろう。外で仕事をして稼ぐのが夫の役割で、妻は家計を預かる。そんな古びた価値観をベースにした内容であることに加え、自由に使えるお金を増やすための方法として、妻が自らも働きに出ることを申し出るのではなく、「稼ぎの悪い夫は交換する」という上から目線の考えを披瀝する。一部の男性に(場合によっては女性にも)不愉快な印象を与えかねない内容であることから、絶対に炎上すると確信していたが、我々の予想に反し、半月以上経った今でもほぼ「無風」状態を保っているのだ。, 無風と書いたが、正確には複数のインターネットニュースサイトがこのCMを批判的に取り上げた。ネットニュースは経緯を一覧表示する「まとめサイト」に転載され、それをテレビや新聞、雑誌などの既存メディアが取り上げることで、SNS(交流サイト)などを通じて短期間に燎原の火と化す──というのが最近の典型的な炎上パターンだが、JXエネルギーのCMは一部のまとめサイトに掲載されただけで、批判はそれ以上には広がらなかった。, 企業には批判が寄せられなかったのだろうか。気になったので、JXエネルギーの広報担当者に電話で聞いてみた。, 「確かにネットの一部では話題になっているようですね。ですが、担当者に確認しましたが、当社にはそれほど反響は来ていません」, 結構際どい内容だと感じたのですが、意図的に話題になることを狙った、炎上商法に近いような広告戦略だったのでしょうか。, 「そのような意図はまったくありません。あくまで電気料金が安くなる、切り替え手続きが簡単だということを知ってもらいたいと考えて作ったCMです。男女差別とか離婚とかを想起させる意図もありません」, JXエネルギーは3月末まで電気代の基本料金を1ヵ月分無料にするキャンペーンを展開している。このキャンペーン期間に合わせ、CMも当初の予定通りに3月末まで放送する予定だという。, 資生堂のCMもこのENEOS電気のCMもどちらも不快と思いませんでした。(当方も女性です)「25歳を過ぎたら女の子ではない」はその通り。そろそろ甘えられないんだからしっかりと立つ準備をしないとなりません。専業主婦だろうが共働き世帯だろうが、世帯の収入が少なければ増やすしかありません。その手段の1つに「夫を変える」と言っているだけで、そのような考え方もあるんだな~くらいにしか思いませんでした。自分の考え方からちょっとでもずれていると炎上させるって方が、よほどハラスメントですよね?, このCMをテレビで観たのは1度だけですが、大変不快に思いました。稼ぎの悪い夫は交換されてもやむなしというような表現は失礼ですし、女の頭の中なんてこんなレベルだろと思われていることにも非常に腹が立ちます。男性に対して無礼なCMであることはもちろん、同時に女性軽視のCMですよね。TVCMって30秒枠を15秒×2本で流すこともありますよね。ぜひ、2本立てでやってもらいたい。1本目→「安い電気に変えるか、稼ぎのいい夫に変えるか」(既存)2本目→「安い電気に変えるか、やりくり上手の妻に変えるか」「外で稼ぐ妻に変えるか」でも良いのですが、それだと女vs女の別の問題も混ざってややこしくなるので、ぜひ「やりくり上手の妻に変えるか」にしてもらってその際の世間の反応も参考にしながら、ENEOSでんきさんには異常性に気づいていただきたいものです。, 炎上しないのは単純な理由です比喩対象が男性だからです。本文にもあるように「やりくり上手の妻に替えるか....」というCMだったら、間違いなく炎上でしょうね。, やりくりの工夫もせず、ひたすら預金残高がなくなるまで消費することが習いとなっているバブル経験者の専業主婦の旦那としては不愉快なコマーシャルである。ただ、世の男達はそういう主婦には諦めの気持ちを抱いている。騒いでも得るものが少ないのだ。ましてバブル期経験のある女性は主張も強く難敵である。いまさら離婚すれば年金を半分持っていかれ生活に困窮する。もはや腹立たしいコマーシャルに攻撃を加えるエネルギーすら浪費したくないだけなのだ。, 単純に視聴者層が主婦だからクレーム入れないだけじゃないですか?フルタイムで働いてる人間はそんなにテレビなんて見てません。仮に目に入ってもいちいちクレーム入れる時間も暇もありません。, 下の方に「女は産む機械」とコメントされてる方がいますが、女権主張者が利用するために悪意をもって受け取られた。要は女権主張者の餌食になった。今回の件はストレートに男性差別(馬鹿らしい上に滑ってるけど)だけど、男権主張する団体なんてないか力がないから気に食わなくても騒ぎになりようがない。昔から男性を卑下するようなCMはたくさんあってネタとして使えるけど女性の方は差別にうるさい勢力が大きいから使えないってことでしょう。, このCMは、某社が集計発表している今月のCM好感度で上位にランクインしています。このCMに関しては、笑って見ている人が多いということ。炎上させている人々の正義感は、本当に社会の正義なのか?住みにくい世の中を作り出しつつあるのではないか?価値観は多様である方が、自分と違う人へ寛容である方が、平和だと思う。(犯罪でない限り)魔女狩り社会になりつつあるのが怖い。, >このコメント欄に書き込みがないことが世間の関心のなさをきれいに反映させていますねNBOのコメント欄は編集部の査読後に掲載されますから、「更新が遅い/採用数が少ない」時は逆に「コメントが殺到し過ぎて査読が追い付かない」「執筆者に都合の悪い批判的なコメントばかり来ている」場合ですよ。例として、同日掲載された某国際イメージコンサルタントのコラムは翌朝になっても未だにコメント数ゼロです(お察しします・・・)。, 「ハラスメントではあるけど、パワハラではありません」って、この会社ではパワハラではないから許されると思っているのでしょうか?「ハラスメント」って、いじめ・いやがらせのことですよね。そこに上下関係があればパワハラだし、性的要素があればセクハラでしょう。「いじめ撲滅」といった口で「ハラスメントOK」とは笑止。カタカナにすればなんでもアリ?確かに近年なんでもハラスメントだと騒ぐ傾向がありますが、企業がハラスメントだと認識しているにもかかわらず、「問題ない」と言い切るのはどうなんでしょう。個人的には日石の頃から贔屓にしていた企業ですが、もう取引をやめようと思っています。, フェミニズムという名のレイシズムが横行し、それが正当化されているというジョークですね、面白いです。このような類のCM自体は大昔から変わらず(批判があっても)流れ続けますし、流行語になるようなものも生まれているのは事実ですので、このCMに限って文句を言うつもりはありません。しかし、少なくとも現在においてはこのCMに多少なりとも異論を唱える事は罪になるのでしょう、それがネット上であったとしても。人々に罪はありません。それを誘導する人に罪があるのですから。まあ、なんだかんだ言って「あのCMセンスないよね」, 小池栄子さんというキャスティングも良かったのでは?だって小池さんのダンナは、しがない(稼ぎの悪い?)元プロレスラーですから・・・ダンナの借金問題がニュースになったこともありましたし。ご本人の実生活のブラックジョークになっているところが、私にはウケました。, 私も不快に思いましたが、炎上を女性頼りにしているのは如何なものでしょう。男性も文句があるなら声を出しましょう。不愉快だと思うならその旨を伝えれば良い。炎上させないフェミニスト団体を「女尊男卑、都合の良いことは批判しない」と叩く殿方がいますが、当事者である男性方が動かなくてどうします。ネットでチマチマ女性に文句垂れて他人に頼る輩を支持したいとは思いませんね。, ▼ 妻が夫に、何んだかんだで従属し、夫は妻を常にリスペクトしている、そんな夫婦ならジョークでしょう。どちらかがもう一方に大きく依存している夫婦なら、不快な表現なんじゃないですか?▼ コメント欄、色んな意見があって面白いですね。私にとって、過去の炎上案件の大半はどうでもよいことでした。今回もどうでもよいことです。ただ、これを批判する男性とは、肚を割って話せる仲にはなれなさそうです。, 記事とはちょっと違う解釈を。日本はまだ男尊女卑社会だから、というコメントも企業社会においてはそうだろうが、家庭内ではむしろ女性の権力(意思決定権)が強いのが日本社会で、「消費」という世界においては女性のほうがパワーを持っている女尊男卑社会だからこそ、あのCMは炎上しなかったのかな、と思った。消費の世界では女性を怒らせるのが一番危ないと。男性差別の炎上というとサイバーエージェントの「男の子牧場」が一番有名だと思うが、あれは個人情報の問題があったから炎上したわけで、不快というくらいでは、消費の社会ではむしろ弱者の男性は泣き寝入りするしかないのかな、という感じです。, 「炎上」は匿名で罵倒も含めて言いたいことが発信できるインフラがあるから起きること。どれだけの人が「炎上」の対象に自分の意見を開陳できるのだろうといつも思う。大半の発信は発信者のストレス発散の手段ではないかとも思う。「炎上」自体は取るに足らない現象として無視してます。騒ぐ人は冷静に物事を考えられない人。まあ、そう言ってる自分は何だと思いつつ、、、「炎上」のきっかけになった事象については考える必要はあるでしょうが。 このCMに関しては、純粋に笑ってしまいました。以前Newsweekに日本の古い習慣がなかなかなくならないことを、Old Habits Die Hard.