フットサル・フリーク 一言でいえば相手を待ち受ける形でのディフェンスです。相手が自陣に入ってくるまでボールへのプレッシャーはかけません。守備がコンパクトになるので、お互いのカバーリングもやりやすいですし、パス、シュートも防ぎやすくなります。そしてボールを奪えば、カウンターで一気に得点を狙うこともできます。但し負けてるときや、試合終盤で体力が消耗する時間帯になると、相手にボールを支配されるので、精神的に堪えます。よって初心者など、体力に不安のあるチームには向いています。 シュートの距離が長ければゴレイロがセーブできる可能性が高いですが、PKスポットに近いエリアから打たれたら、迷いなく壁になってシュートをブロックしましょう。そして同じ打たれるなら、フリーでシュートを打たせないようにすることを忘れずに サッカーとは、違ったルールがあるので、気をつけてください。 したがって、相手チームがボールを触るまでにゴレイロがプレーするのは1回までとなります。キーパーに戻してキーパーが足でボールを処理して攻撃を組み立てなおすサッカーではよく見る光景はフットサルでは認められません。 また、こちらの動画ではフットサルの1対1のディフェンスについて解説されています。こちらも併せて参考にして下さい。 特に自陣深くにて決定的パスを出させると危険ですので、自陣近くでは相手に自由にプレイさせないようにしましょう。ボール保持者にプレッシャーをかけることが大事です。 フットサルのルールを紹介していきます! すると相手はおそらくパスを出さざるを得なくなるはずです。

また、サッカーにはあるオフサイドが無いこともポイント。 体の寄せ方

ファウル フットサル仲間をお探しの方 この場合は、天井に当たった地点に最も近いタッチライン、ゴールラインの地点からキックインで再開します。 相手選手と味方選手がボールから5メートル離れた状況からリスタートしますが、守備側は壁を作ることは出来ず、攻撃側は直接シュートを狙います。 SPOTAS+の『サークル』では、多くのフットサルサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。 ディフェンスの優先順位とその理由

ここまで組織で守るディフェンス方法にて紹介しましたが、1対1で勝てるディフェンスが出来れば、それだけで有利に試合をすすめることができます。それでは1対1で勝つためのディフェンスについて紹介します。 ボールの奪い方 https://futsal-life.com/defense/positioning/ ファウルの種類 まずフットサルでは、ハーフコートによるディフェンスとフルコートでのプレスディフェンスと2つのパターンがありますのでそれぞれ説明します。 https://futsal-life.com/defense/defence-line/ ディフェンスのポジショニング 相手がミスを犯す一番多い要因はトラップミス。ここは選手としてのスキルに差がでます。 JFAフットサル競技規則 ディフェンスラインを決めましょう http://futsal.sskamo.co.jp/rule/ofrule.html 基本は相手の足元からボールが離れた瞬間を狙います。もちろん相手の足に触れたら反則です。接触プレイはフットサルではほとんど反則をとられるので注意すること。 SPOTAS+の『サークル』で、あなたのフットサルサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! 疲れたら人数制限がなく交代できるので、体力に自信がない方でも気軽に始められるでしょう。 縦切り?中切り?

カットする方向 また、前半と後半に1回ずつ1分間タイムアウトを取ることが出来ます。 ファウルがあった場合

それでは、審判が笛を吹いて試合を中断するファウルについて説明していきます。 フットサルはサッカーと違い、トラップは基本として足の裏で止めますのでボールをすぐに動かせます。よってサッカーのようにチャージをかけようとしても、簡単にかわされてしまいます。すると、フットサルは5人しかいないので、一人かわされると、一気に数的不利になりますので、独りよがりなプレイは禁物なのです。 ゴレイロにフィールドプレーヤーを起用するパワープレイをする際はゴレイロのユニフォームの上を着用すれば許可されます。 https://www.boas-compras.com/futsal/rule シュートを打たせない 室内で行われるフットサルは稀に天井にボールが当たることがあります。

コーナーキックからの得点率が低いことは分かりましたが、守備側はしっかりマークして、競り合っての得点の難しさであることから、コーナーキックの守り方としてはチームで決めた部分はしっかりやり切ること。 サッカーと同様にゴレイロへ味方チームがパスしたボールを手で扱うとバックパスとなります。そして、気を付けなければならないのはゴレイロが一度プレーした後に「足で」ボールを扱うのもバックパスとなるのはサッカーにはないルール。 1.コーナーキックの守り方. ワンサイドカットとは? ディフェンスポイント(フットサルユニフォーム) それではフットサルにおけるディフェンスで優先すべきは何なのかを考察します。 キックイン、ファウルなど試合が中断した場合はボールをセットしてから4秒で試合を再開しないと相手ボールとなります。

https://futsal-life.com/defense/policy/

攻撃側の選手が触れたボールがゴールラインを割った場合はサッカーではゴールキックとなりますが、フットサルではゴールクリアランスとなります。ゴレイロがスローでプレーを再開しますが、相手選手はペナルティエリア内に入ってはいけません。 ではどうしたらよいか? それは相手にプレッシャーをかけて、慌てさせることです。慌てたら必ずといっていいほど、コントロールミスを犯します。ここがボールを奪えるチャンスなので、積極的に奪っていきましょう ディフェンスの心得はボールを奪うことではない(フットサルライフ)

ピッチの外に交代ゾーンといわれる場所が設けられているので、そこで選手が入れ替わります。

サッカーとの違いにも注目すると分かりやすいでしょう! ファウルがあった場合はフリーキックから再開されます。フリーキックの種類は上記の通り。 参考記事一覧

ゴレイロへのバックパスと4秒ルールには間接フリーキックが適用され、同様にキッカーの他の競技者はボールから5m離れる必要があります。他の競技者が1度ボールに触れないとゴールは認められません。 フットサルのルール(サッカーショップKAMO) 交代方法など これだけでも覚えると初心者でもフットサルを始めるうえで前提となる知識は、すでに身についています! 縦をケアすれば、サイドライン沿いのパスとドリブルを制限させ、中央へ横パスを出させることができるので、カウンターのテンポを落とすことができます。 SPOTAS+の『サークル』で、あなたのフットサルサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! チェスナッツロード Copyright 2018 All Rights Reserved. 相手がミスをしたらボールを奪う フットサルサークル運営者の方 また、第2ペナルティーマークからゴールに近い地点で起こったファウルの場合は、第2ペナルティーマークからか、ファウルが起こった地点からプレーが再開されます。攻撃側にどちらの地点を選ぶかの選択権があります。 ハンド このルールはサッカーとはかなり違う部分で最初は戸惑うかもしれませんが、スピーディーな展開の速さがフットサルの魅力でもありますので、慣れると面白いです。 直接フリーキック

味方にパスをするのが一般的ですが、例外として相手にボールをぶつけてゴールを狙うことも可能です。 ワンサイドカットとは、大幅にポジションをずらして、片側へのドリブル、パスを極力防いで、空いている側へプレイを誘導していくディフェンスです。但しあくまで前線からの守備には有効ですが、自陣ゴールに近い位置ですと、シュートコースが空いてしまうのが欠点です。これはあくまで状況、チームの方針等様々な要因が絡んできますので局面の選択肢として覚えておきましょう。 サッカーと似ているようで違うのでサッカーが分かっている人でも簡単に始められる一方で、若干の違いがあるのでサッカーとは違う部分も含めてフットサルのルールについてまとめてみました。

得点後はサッカーと同様にピッチ中央からキックオフで再開します。また、前後半、延長戦の開始時も同様キックオフを行います。 サッカーと違うところはファウル数を重ねることにペナルティがあるところで、フットサルではファウルをなるべくしないようにプレーする必要がありますね。ピンチになる可能性が高い時に意図的にファウルをするかどうかの判断は、ファウルの回数によっても違ってくるところはサッカーにはない駆け引きですね。 https://www.jfa.jp/documents/pdf/futsal/law_futsall_13_02.pdf. 選択肢が狭めれば、味方も相手の次のプレイが読みやすくなるので有効です。そこで相手が不用意にパスを出すと、パスカットのチャンスです。味方と連動できれば可能性が高まります。ここにチームとしての組織力が見えてきます。 サッカーのセットプレーで特にコーナーキックからの得点率は概ね2~3%程度と言われていますが、マークも甘く競り合いもしないのであれば失点は当然の結果となります。, コーナーキックのボールがニアポスト合わせなのかフォアポストなのか、蹴り出されたボールのスピード・方向・回転を見て落下点に相手を入れさせないくらいの迫力で競り合うようにします。, コーナーキックからの得点率が低いことは分かりましたが、守備側はしっかりマークして、競り合っての得点の難しさであることから、コーナーキックの守り方としてはチームで決めた部分はしっかりやり切ること。, フォアポストからニアポストに走り抜けるダミーに惑わされることのないようにマンツゥマンでマークに付き、GKの視野を遮らないようにする。, コーナーキックに限らず、ゴール前での攻防となるセットプレーからのボールに対しては、攻撃側は走ってくるのに比べ守備側は立ち止まって受けて立つ体勢となるので競り合う力関係は相当に押し込まれます。, 守備側もスタンディングジャンプとならないようにマークしている相手と同様に動きながら、ボールの落下地点でぶつかり合う競り合いができるように自分のマークとボールを同一視野に収めるようにします。, ディフェンスは体と体をつける競り合いをすることで相手にたとえヘディングが当てられたとしても下に叩きつけるための首を振らせないこと、空中での姿勢を崩すことでミスを誘うことが出来ます。, 最終のディフェンスラインとGKの間は相手のセットプレーからのクロスボールの狙い目であることから、競り合いをミスするとオウンゴールとなる可能性が高いのでこのボールは必ずGKが出ることをチームで確認します。, 相手がショートコーナーを狙う時にはコーナーサイドにもう1人が近づくことを声を掛け合って見逃さないことと、ゴールに対して角度がないゴールライン際のスペースに追い込むようにします。, 守備側は全員がペナルティエリアまで戻ってしまうとボールを奪えたときの攻撃の基点も自陣のゴール近くからとなるので、トップに1人(センターサークルあたり)は必ずカウンターの基点を作っておきます。, サッカーのゲームではカウンター攻撃も醍醐味のひとつでもあり、コーナーキック時にはほぼピッチの半分のスペースに相手のGKとセンターバック2人くらいの配置となるのでカウンター狙いのポイントとなります。, カウンターは少なくともトップの楔と他に2~3人の走り出しが必要となるので、チームとしての戦術理解も練習もしておく必要があります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ハーフコートディフェンス フットサル競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン http://www.office-some.com/futsal/4393.html 公式競技ではファウル、キックインなどのためにプレーが中断した際に時間が止まる(ブレイキングタイム方式)ので実際の試合時間は倍程度になりますが、一般的なフットサルの大会では、サッカーと同様にプレーが中断しても時計は動くプレイングタイム方式で試合をすることが多いですね。 間合い サッカーの試合中に相手にコーナーキックのチャンスを与えてしまったら、点数を入れさせないようにしっかりと守備をすることが大切なポイントです。 守備を行う時はディフェンスの仕方を意識してゴールさせないように守ります。では、守備にはどんな方法があるのでしょうか。 フットサルに関する基本ルール

相手のゴレイロ以外のプレーヤーがボールを保持すれば、全てのコート内でプレッシャーをかけていくディフェンスです。ただしボールを奪うためではなく、プレッシャーをかけることで相手のミスを誘発させることが目的です。ここでボールを奪えば一気にチャンスになるので、スタミナがあり、1対1の守りに強いチームがあれば有効です。しかし逆にいえば、それだけ体力の消耗が激しくなるのと、フルコートなので高度なマークの受け渡しやカバーリングが必要です。 まとめ フットサルの初心者の守り方でよくあるのが、相手とボールに対して正面に構えてしますことです。相手からすると、両足がそろった守りはあっさりかわしていきます。

ボールの受け手の動き出しがあるとすぐに再開しやすいですね。

まずむやみに飛び込まないこと。その代わり、ゾーン、すなわち与えられたエリアを守って、相手ボール保持者にプレイの選択肢を狭めることが重要です。つまり、担当エリアをあらかじめ決めて、入ってきた相手をマークするやり方です。 決定的なコースにパスを出させない この記事を見ただけで、初心者でもフットサルを楽しく始めることが出来るように簡潔に説明していきたいと思いますので最後までご覧ください。 フルコートディフェンス いかがでしたか? 間接フリーキック 今回はフットサルのルールをまとめてみました。おさえておきたいポイントは、4秒ルール、5ファウル、バックパスです。また、ショルダーチャージとスライディングがファウルなことも忘れてはいけませんね。 強くなりたければ、サッカー同様負けないチームにするのが一番の近道なのです。 まとめ サッカー同様に手でボールを扱うことはペナルティエリア内でのゴレイロ以外は認められずにファウルとなります。 5ファール そのまま、ゴールを狙うシュートが入った場合にゴールが認められます。キッカーの他の競技者はボールから5m離れる必要があります。チャージ、プッシング、キッキングなど相手との接触に対してのファウルの場合に適用。 https://www.futsal-freak.com/tactics/practice/ フットサルに絶対に必要な3つの「ディフェンスの約束事」とは何かOFFICE SOME) それでは、フットサルに関する基本的なルールを説明していきます。

時間やタイムアウト バックパス 天井に当たった場合

コーチの経験から(低学年) 1~2年生ではコーナーキックがゴール前までなかなか届きません。; ショートコーナーをするにも、 キッカーと受け手のコンビネーション、 キッカーのキックの強さ・精度、 受け手のボールコントロール、 どれをとっても戦術練習するには不足しています。

フットサルのルール(フットサルショップボアコンプラス) タッチラインを割った場合サッカーではスローインで再開されますが、フットサルの場合はキックインによる再開となります。前述したように4秒ルールがあり、キックインをする選手の他の競技者はボールから5m離れる必要があります。 フットサルは脚で扱うバスケットボールと呼べるかは別として、バスケットボールと共通しているのは、攻守が目まぐるしく入れ替わるという点です。ただバスケットボールと違う点は、バスケットボールは点が多く入るスポーツに対し、フットサルは点が入りにくいスポーツです。(サッカーよりは点が入りますが・・) 実際フットサルはディフェンスの強いチームがリーグ戦では上位にいけます。 参考 22人の選手が流動的に動き続けるサッカー。スペインで学ぶサッカーの基本、「13のプレーシチュエーション』でチーム戦術をマスター。後編ではトランジション(切り替え)とセットプレーを解説! フットサルにおいて勝利のカギを握るのはディフェンスです。サッカーでもそうですが、得点を取られなければ負けることはありません。フットサルをやろうとしている人はまず守ることからはじめてみましょう。基本を理解しておけば誰でもできるし、仮に奪えれば上手い人にボールを預けるのも立派なチームプレイですのでぜひ実践してみて下さい。

フットサルは5人でプレーします。ベンチ入り選手は9人で交代は何度でも出来ます。 この場合も4秒ルールがあります。守備側の選手がボールに触れたボールがゴールラインを割った場合はサッカー同様にコーナーキックとなります。コーナーキックも4秒ルールが適用されます。 サッカーの試合中に相手にコーナーキックのチャンスを与えてしまったら、点数を入れさせないようにしっかりと守備をすることが大切なポイントです。, 守備を行う時はディフェンスの仕方を意識してゴールさせないように守ります。では、守備にはどんな方法があるのでしょうか。, サッカーのコーナーキックにおける守備の戦術で「マンマークディフェンス」があります。マンツーマンディフェンスとも言われるマンマークディフェンスとはどんなディフェンスなのでしょうか?, マンマークディフェンスは、相手選手一人につき味方選手一人がマークするディフェンスとなります。, 1対1になる守備の戦術となり、一人一人が自分のマークに集中できます。しかし、身長や体格差があると不利な場合もあるでしょう。, 相手選手が一か所に固まったときには、ゴール前に大きなスペースができてしまうので気をつけましょう。, このマンマークディフェンスは、ゴールに近い位置でのセットプレーや、相手のキープレーヤーに対し て専属のマーカーをつける場合に行われます。, スペースへ走りこむ選手へパスを出されるとマンマークでは付いていけないので、サッカーのコーナーキックの守備としてマンマークディフェンスを行うといいでしょう。, ゾーンディフェンスは、特定の相手選手をマークするマンツーマンディフェンスの守り方ではありません。自陣の守備エリアを各ゾーンに分け、ディフェンスの選手が各ゾーンを担当します。ゾーンに侵入してきた相手選手に、そのゾーンを担当する選手が当たりにいくという方法です。, ゾーンディフェンスでは、ボールがあるところに対して人数をかけます。一人が抜かれてもすぐにカバーリングに入れます。カバーリングが抜かれてもさらにカバーリングを作ることができます。, 一つのボールに対して、二人でディフェンスにいき、挟み込んでボールを奪うディフェンスもできます。, ゾーンディフェンスはチーム全員がしっかり理解しておく必要があり、ゾーンディフェンスを機能させるためには、一人ひとりのポジショニングが重要となります。, ゴールキーパーはゴールを守る最後の砦です。適切なポジショニングで構えることはもちろんのこと、チームメイトと協力しあって失点を未然に防がなくてはいけません。, コーナーキックのときには、ゴールキーパーは死角を作らないように構えなくてはいけません。コーナースポットと向かい合うのではなく、斜めに角度をとって構えましょう。視野を広くとり、自分から遠いポストに走り込んでくる敵に対応してください。, コーナーキックに対する守備では、ゴールポスト近くに味方のフィールドプレーヤを立たせることが多いのですがチームによっては両方のポストに立たせることもあります。, 基本的にキーパーはファーサイドを意識することが大切です。また、キーパーは味方のディフェンダーにマークを外さないようにしっかり指示しましょう。可能なかぎり死角を作らないよう斜めに角度をとって構えるといいでしょう。, コーナーキックの戦術としてのファーサイドは、コーナーを蹴る選手とは反対側の、奥のスペースを目掛けて蹴る戦術のことを言います。, ボールを蹴る強さを調整しましょう。強く蹴りすぎるとサイドラインを割ってしまいます。蹴る力が弱いと、ファーサイドで待っている味方選手にボールが渡る前に、相手守備陣にカットされてしまいます。ファーサイドに蹴り込むときには、力の加減が重要となります。味方選手を経由してからゴールを狙う戦術となります。, コーナーキックは主に、「ニアサイド」「ファーサイド」のどちらを目掛けて蹴るかによって戦術が違ってきます。, ゴールに近い手前のスペース目掛けてボールを蹴る戦術がニアサイドとなりますがきちんとゴールの方向を目掛けて蹴り込む必要があります。手前のスペースであっても、力が弱ければとられてしまいます。, キッカーは味方選手や守備の布陣を把握し蹴る位置を決めています。日本代表の試合でもよく見る戦術と言えます。, コーナーキックを蹴る位置に比較的近い場所にいる見方選手を目掛けて蹴る戦術がショートコーナーとなります。ボールを蹴る位置に最初から味方選手が陣取っているパターンと、蹴る瞬間に走って近寄ってくるパターンがあり、見方選手に出す短いパスとなります。, 高い軌道のボールを蹴るには、ボールの下をすくうようにして蹴ります。コーナーキックにおける高い軌道のボールは対空時間が長くなります。このため、落下地点を予測しやすくなります。ヘディングの強い選手がいる時には、高い軌道のボールをあげるといいでしょう。, コーナーキックを蹴るときには軌道の低いボールも戦術の上で重要となります。ニアでボールを刷らす形が一般的となり、シュートの要領で蹴るといいでしょう。低いボールを蹴るときは、スピードがでやすいのでニアに早いボールを入れて、軌道を変えて狙えば相手の目線をずらすことができます。, コーナーキックは、ゴールライン上からボールを蹴るので、後ろに戻すことになります。コーナーキックに対してはオフサイドは採用されないのでうまく利用して色々なサインプレーを考えることが大切です。, チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。.