録音: 1974年5月21, 22日(コペンハーゲン)

【ピアノ】, この曲は、ビリー・ホリデイの伴奏者だったマル・ウォルドロンが1959年の彼女の死を悼み、彼が作曲して捧げたもの。日本のジャズ・ファンの間でも大変人気のある曲。マイナー調の切ない雰囲気、アルトのジャッキー・マクリーンの物悲しい歌にのなかに日本人の感性に訴えかけるものがあるのでしょう。, 奏者: ライオネル・ハンプトン (Lionel Hampton) 録音: 1959年11月13日(ニュージャージー, ハッケンサック) 録音: 1947年8月4日(パサデナ, シビック・オーディトリアム) 録音: 1959年5月22日(ハリウッド) 演奏: マル・ウォルドロン(p), ジャッキー・マクリーン(as), ジュリアン・ユーエル(b), アル・ドリアース(ds)

名盤: 『ジ・イン・クラウド』 (The In Crowd)

録音: 1956年7月13, 20日(ニューヨーク) 演奏: チャーリー・パーカー(as), ハンク・ジョーンズ(p), アル・ヘイグ(p), テディ・コティック(b), パーシー・ヒース(b), トミー・ポッター(b), ロイ・ヘインズ(ds), マックス・ローチ(ds) 【トランペット】, 1984年のデビュー作『マンハッタン・ジャズ・クインテット』は、日本でも大ヒットしている。この名曲の演奏においてもメンバーの高度なテクニックが見事に発揮されている。ルー・ソロフのトランペットからあふれでる力強く鋭い音は、熱気を伴いながら心に響く。, 奏者: ケニー・ドーハム (Kenny Dorham) 録音: 1955年9月30日, 10月17日(ニューヨーク)

趣味は野球観戦と将棋とサウナ。 【アルト・サックス】, ソニー・スティットはチャーリー・パーカーに師事。パーカーにそっくりといわれるのを嫌い、パーカー生存中はテナーを吹く。スティットは、数多くの作品を残していますが、この「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」ではクインシー・ジョーンズのアレンジする豪華なオーケストラをバックに演奏。このバラードでは、バックも控え目な演出となっており、スティットのイマジネーション溢れるアルトが楽しめる。, 奏者: ケニー・ドリュー (Kenny Drew) 録音: 1975年4月 高輪高校卒業。立命館アジア太平洋大学在学中に起業。 演奏: オーネット・コールマン(as), ドン・チェリー(cor), チャーリー・ヘイデン(b), ビリー・ヒギンズ(ds) 録音: 1959年3月, 4月(ニューヨーク) 録音: 1956年9月11日

【ピアノ】, バド・パウエルやカウント・ベイシーなど多くのミュージシャンが尊敬するアート・テイタム。ほとんど目が見えないテイタムの音色は深く洗練され、渋く輝く気品のある音。この曲では、冒頭の軽やかでやさしいピアノ・ソロに続くベン・ウェブスターの枯れたテナーがうまく調和し、上品な雰囲気をただよわせている。, 奏者: コールマン・ホーキンス (Coleman Hawkins) 奏者: ウェス・モンゴメリー (Wes Montgomery)

名盤: 『ミッドナイト・ブルー』 (Midnight Blue) Thomas」という名前で演奏し、最も広く知られるジャズナンバーの一つに数えられるほど、広く知られるようになりました。, 「In the Mood(イン・ザ・ムード)」は、ジョー・ガーランドが作曲したジャズの楽曲です。, 1939年にグレン・ミラー楽団の演奏によりヒットしたことでも知られ、グレン・ミラー楽団の代表曲ともなっています。, また、「In the Mood」は直訳すると、「何かが欲しい気分だ、何かをしたい気分だ」という意味になります。, ハリウッド美人女優のラナ・ターナ主演1947年のメロドラマ大作『大地は怒る(On Green Dolphin Street)』のテーマ曲で、この映画はアカデミー賞を受賞しています。, マイルス・デイビスがとりあげてからジャズのスタンダード・ナンバーとして、広く知られるようになり、多くのミュージシャンがカバーしているほか、セッションで演奏される曲としても人気を博しています。, 「Fly Me to the Moon(邦題:私を月に連れて行って)」は、1954年、作詞家・作曲家のバート・ハワードによって作られた楽曲です。, フランク・シナトラがカバーしたものが大ヒットし、多くのミュージシャンにカバーされるようになりました。, というのも、当時、アポロ計画が進んでいたアメリカの時代を象徴するテーマソングのような扱いがヒットにつながったと言われています。, ジャズ・ピアニスト、ナット・キング・コールによる大ヒット作品「L-O-V-E」は、1964年に録音され、瞬く間に広く知られるようになったジャズのスタンダードナンバーです。, 当時、末期ガンを患っていたコールは、世界中の人々に届くようにと、英語をはじめ、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、日本語の6カ国語のバージョンで録音しました。, What a Wonderful World(邦題:この素晴らしき世界)は、ルイ・アームストロングの楽曲として知られていますが、ボブ・シールが作詞作曲しました。, ボブは、ベトナム戦争を嘆き、世界が平和になることを願って、この曲を作ったと言います。この曲は、全英チャートで1位を記録し、世界中で大ヒットしました。, 「But Not For Me」は、1930年のミュージカル『Girl Crazy』のために作られた曲で、アイラ・ガーシュウィンとジョージ・ガーシュウィンの兄弟で作られた作品です。, 多くのミュージシャンがカバーし、ジャズのスタンダード・ナンバーとして広く知られていますが、中でもチェット・ベイカーの録音は有名です。, ジャズをこれから聴く上で、これだけはおすすめしたいジャズの名曲を20曲紹介しました。もし、この記事がお役に立てたら嬉しいです。.