ソルビトール(ソルビット)は食品添加物の中で最も幅広い使用用途を持ち、甘みをつける甘味料として、細菌を抑える保存料として、化粧品などでは肌の保湿性を高めたり、医薬品としても使われています。皆さんも一度は目にしたことはあるのではないでしょうか?

ソルビトール(ソルビット)は食品添加物の中で最も幅広い使用用途を持ち、甘みをつける甘味料として、細菌を抑える保存料として、化粧品などでは肌の保湿性を高めたり、医薬品としても使われています。, そんなソルビトール。海外では死亡事故の報告があったり危険性を問題しする声もあります。(因果関係は不明), 一方、日本では安全なものとして扱われWHOでは一日の許容摂取量は不要とし、極めて毒性の低い物質として認定しています。, 元々自然の食物にも存在し、特にバラ科の果物(リンゴ、なし、桃など)や昆布に多く含まれております。(※リンゴの蜜がそれです。), 100年以上前にナナカマドの実から発見され安全性についても当時から毒性はないとされていますが、一度にたくさんのソルビトールを摂取するとお腹がゆるくなり下痢を起こしやすくなります。, 動物実験でラットに対して、子供のころからD-ソルビトールを10%と15%含むエサで4世代にわたって育てたが、異常は現れなかった。(渡辺雄二著:食品添加物の危険度がわかる事典より引用), 血糖値の上昇が砂糖に比べて低いことから、糖尿病患者の甘味料として重宝されていますが、血糖値が上がらないわけではないですし、また依存性が高いので注意が必要です。, キシリトールと同じく虫歯になりにくい甘味料と言われていますが、口腔内の酸度は上がるためケアを怠ると当然ながら虫歯になります。, これ自体は自然のモノなので危険性はないと思われますが、気になるのは全輸入量の約6割が中国だということ。, もちろん国産もありますが、今後TPPが合意されれば確実に安い遺伝子組み換えされた原材料が使われることになるので安全ではなくなります。, 遺伝子組み換えの表示義務もなくなるはずですし、一般の消費者には見分けがつかなくなります。. とても便利で世界でも人気を集めている人工甘味料は、一方で体に害があるのではないかなどの危険性についても言われています。ここではまず人工甘味料とは?という基本的なところを紹介し、種類ごとに具体的にどのような危険性があるのか、体に害はあるのかなどを検証します。

工業的には精製ブドウ糖(グルコース)を還元して作られます。, 清涼な甘みがある白色の粉末で、吸湿作用は他の保湿剤よりも穏やかですが、乾燥に対して水分を一定に保つ性質があります。, 保湿剤や柔軟剤として、様々な化粧品に使用されています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ソルビットとソルビン酸の違いを理解していらっしゃいますか? ©Copyright2020 危険な食品添加物一覧.All Rights Reserved. ・人口甘味料アセスルファムk(カリウム)の危険性, そのため、ダイエットのための食品や飲料、サプリメントなどに使用されていますが、甘みが少ないために満足感を感じにくいようです。そして、結局多めに摂取してしまうことで、ダイエット効果そのものも得にくいかもしれません。, ただ、ソルビトールは溶解する際に吸熱反応を起こすことから、口の中に入れると清涼感を得られます。この性質がガムや飴などの菓子類に利用されているのです。, また、ソルビトールは保湿性や安定性があるため、煮豆や佃煮、生菓子などにも使用されています。ソルビトールを冷凍のすり身に加えると、水分を保持し、冷凍後も品質が変わりにくくなるとも言われています。コンビニで販売されているおにぎりにも、米がパサパサしないようにソルビトールが添加されていることがあります。, 2012年に、海外で医療機関においてソルビトールを投与された女性が死亡した事故が発生したという、ショッキングな報道がありました。しかし現地当局の情報によると、女性の死因は他の物質の摂取によるものであったとされています。実際のところ、その因果関係は明らかになっていませんが、ソルビトールの摂取が直接の死因となったわけではなさそうです。, 一般的に、ソルビトールは、通常の摂取量ならば特に危険性はないとされています。しかし、過剰摂取すると健康への影響が心配されます。具体的な症状としては、お腹がゆるくなりやすく、腹痛や下痢などを起こしやすくなります。ソルビトールは国際機関でも安全性が高いと評価されているため、1日あたりの摂取許容量は定められてはいないようです。, また、ソルビトールには発がん性などの毒性も確認されておらず、安全性は高いと言われています。ただし、糖尿病を罹患している人は、ソルビトールの摂取は要注意です。砂糖に比べて、血糖値をがさほど上昇させないため安全ではないかと思われるかもしれませんが、ソルビトールは細胞中に溜まりやすい性質があるため、高血糖の糖尿病の人は合併症を引き起こすリスクがあるとされています。, また、ソルビトールは甘みが控えめであることから、より多く摂取したくなる衝動に駆られやすく、依存性の高いものとされています。健康な人でも、あまり積極的に摂取することは好ましくないかもしれません。. ソルビトールとは、ブドウ糖を還元してできる糖アルコールのことで、リンゴやプラムなどのバラ科の植物などに含まれている成分です。食品や飲料への添加物として使用される他、保湿性があることから化粧品やスキンケア商品などに使用されたり、下剤や栄養剤などの医薬品に使用されたりすることがあるようです。 ので原材料表示をみたところ、加工デンプン、ソルビット、グリシンが使用されていました。ソルビットのみの同社の吹雪まんを食べたときは、あまり気になりませんでした。. ソルビトール(ソルビット)は食品添加物の中で最も幅広い使用用途を持ち、甘みをつける甘味料として、細菌を抑える保存料として、化粧品などでは肌の保湿性を高めたり、医薬品としても使われています。皆さんも一度は目にしたことはあるのではないでしょうか? 先日、肌荒れをおこしやすい子供を持つ友人から「市販のお菓子は食品添加物が入っているから食べさせない」という話を聞きました。その後スーパーで片っ端から成分表示をチェックすると、ソルビット(ソルビトール)などの添加物が含まれている食品の多さにび (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 魚介加工品、味噌、醤油、おにぎり、ジュース、ハム、ソーセージ、ジャム、ようかん、あん類、甘納豆、ソース、漬け物、佃煮、煮豆など多くの加工食品に使われています。, 砂糖と比べて甘みは約60%、カロリーは約70%ほど。つまり同じ甘さを出すには逆に砂糖よりカロリーが増えてしまう。, また吸熱作用があるため、口に含むと冷たく感じるの効果があることから、あめ・ガムなどの清涼剤としても使われます。, 保湿性が高くタンパク質が安定するので食感の維持や冷凍時の変質を防いでくれます。魚の練り物・すり身などに使われます。, 化粧品保湿効果があり水分を一定に保つことができるため、肌の乾燥を防ぎ潤いを保ちます。, 胃のバリウム検査を行った際に下剤として使用されます。バリウムを飲むと”便秘”を起こしやすいので、ソルビトールのお腹をゆるくする特性を逆に生かした使い方もされています。. ソルビトールを含む製品. ソルビトールは砂糖の60%ほどの甘味度を持っている糖類です。砂糖よりもカロリーが低いため、ダイエット食品にもよく使われている成分です。ソルビトールの効果に関する科学的根拠や専門家の見解を … ソルビトールは甘味料や保存料として使われる!ソルビトールは食品添加物の中で最もたくさんの用途で使われているのをご存知ですか?甘みをつけたり細菌を抑えたり、化粧品では保湿性を高めたり、また医薬品としても使われているんです。食品に入っているもの 先日、肌荒れをおこしやすい子供を持つ友人から「市販のお菓子は食品添加物が入っているから食べさせない」という話を聞きました。, その後スーパーで片っ端から成分表示をチェックすると、ソルビット(ソルビトール)などの添加物が含まれている食品の多さにびっくり!, 「自分の体に入るものなのに、何の知識もなくこれまで食品を食べてきたんだな」と思いました。, 気になる成分がいくつかあったのですが、今回はソルビット(ソルビトール)について詳しく調べてみます。, 「何からできていてどんな味がするのか」など、ソルビットの正体を解明してから、私達の健康に影響があるのかを徹底調査していきます。, 自分の体に必要な食品を正しく選び、安全に食べるための知識を、ご一緒に確認していきましょう!, ソルビット(ソルビトール)とは何かをネット検索すると、「C6H14O6」という化学式が表示されました。, そこで、東京都福祉保健局のホームページなどを参考に、ソルビットの正体を徹底調査しました。わかりやすくまとめてご紹介します!, *ここからは「ソルビット(ソルビトール)」ではなく、「ソルビット」と記載していきます。ソルビットとソルビトールは同じものです。, 上記の植物などに含まれるブドウ糖に水素を反応させて(水素が反応しやすいようにニッケルが使われます)取り出した、甘味がある結晶がソルビットです。, ちなみに、ブドウ糖に水素を反応させて取り出す成分の総称は、「糖アルコール」と呼ばれていて、他にもキシリトールなどがあります。, 自然界に存在するものの、乾燥させる・煮るなど家庭での調理では取り出せず、人工的に取り出す必要があるんですね!, *後ほど「ソルビットには危険性があるの?体に悪いと言われる理由がコレ!」以下で、ソルビットを食べる危険性や子供などへの影響もチェックしてみて下さい。, ソルビットの販売は業務用が一般的ですが、通販で個人購入も可能です。ただし一缶22kg…。個人での使いみちは、なさそうですね。, 私達が普段食べている食品や使っている製品には、ソルビットに名前が似ている成分が表示されていることがあります。それぞれの違いを、表でご紹介します。, 同じような名前でも用途や特徴が違うので、食品に表示されている他の成分も、気になったら調べてみるとおもしろいですね。, ソルビットの特長は「浸透性が高い」、「保水力が高い」、「雑菌が増殖しづらい」でしたね。, 砂糖と同じ糖質でも違う特長を持っている点をいかして、大きく2つの用途に活用されています!, ソルビットは、さまざまな食品に添加されています。一例を、使用目的と一緒にご紹介します。, ソルビットのカロリーは砂糖の1/10で体に吸収されない成分なので、砂糖のような甘さを出すための”調整糖”の役割でダイエット食品に添加されたり、便秘予防薬のような薬に使われたりすることもあります!, 水あめ(国内製造)、砂糖、ゼラチン、グレープ濃縮果汁、粉末オブラート/ソルビトール、酸味料、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸亜鉛、香料、光沢剤、着色料(アカキャベツ、クチナシ)、乳化剤、酵素処理ルチン、葉酸, ソルビットを口に入れても、虫歯の原因となる酸が発生しにくいため「虫歯になりにくい」とされていて、歯磨き粉にも添加されています。, ソルビットの保水力は化粧水・保湿剤などの化粧品にもいかされていて、保湿によって肌を柔らかく保ってくれる効果があります。, 強力な保湿力があるグリセリンよりは落ちますが、”アレルギー”や”眼への刺激”の報告がないことから安全性に問題がないとされ、長年化粧品に活用され続けています。, *保湿についてのデータは、日本国内の論文を閲覧できるJ-STAGEというサイトで、「添加剤基礎講座 保湿剤」という文献に掲載されていました。, 酢酸トコフェロール*、グリチルレチン酸ステアリル*、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、水溶性コラーゲン液(4)、トリメチルグリシン、スクワラン、ステアリン酸、セタノール、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸オクチルドデシル、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、濃グリセリン、パラベン、ソルビトール液、水酸化Na、アシルグルタミン酸Na、水, ここまで調査してきた中で気になったのは、「ソルビットは危険」・「ソルビットは安全」どちらの情報もあることです。, ヨーロッパで製造された食用のソルビットを使った人のうち1人が死亡、2人が入院し、一部製品のインターネット販売が中止されました。, 被害者が使ったソルビットの製品分析をしたところ「亜硝酸ナトリウム」という全く別の成分が検出され、その後パッケージと中身が入れ替わったことが判明しました。, この事件の結末まで知ると”ソルビットは関係ない“とわかるのですが、インターネット上にはなぜか「ソルビットを食べて死亡した例がある」という情報が出回っています。, 他にもソルビットが有害、体に悪いとされている情報を複数見つけたので、真実なのかを徹底調査しました!, 「ソルビットは体に吸収されない」と先程ご紹介しました。消化・吸収されない食品は、少量だと摂取カロリーが少なくてダイエット効果などを期待できます。, 逆に食べすぎると…体から上手に排出できずに消化不良がおきて、腹痛や下痢などの症状が出る可能性があります。, 腹痛などの症状が出る摂取量は人によって違うので、普段から胃腸が弱い方・免疫力が落ちている方などは、ソルビットを避けるのがおすすめです。, ソルビットを含む人工甘味料が原因のアレルギー症例が、全国の医療機関から報告されています。, ソルビットを食べる量などによって症例がさまざまなので、普段からアレルギーにお悩みの方・免疫力が低い方などは、ソルビットを避けるのがおすすめです。, 厚生労働省が発表した「文献情報による発がん性評価物質総括表」にソルビトールも掲載されていますが、動物実験の文献は1993年が最後となっていて、発がん性については「判断保留」と記載されていました。, 日本で販売される食品に添加していいのは、ソルビットやを含む指定添加物だけです。(人工甘味料の他に、各種着色料、保存料なども含まれています), 先程ご紹介した腹痛やアレルギー症状が出る可能性を覚えておいて頂き、体調に異変を感じたら病院を受診なさって下さい。, 指定添加物の中でも、専門家が問題視している成分があります。例えば「リン酸塩」で、骨粗鬆症財団のホームページには下記のように公表されています。, 食品添加物があったら正しい情報を選ぶことはもちろん大切なのですが、さまざまな食品をバランス良く食べるのが安全性を高めることにつながります。, 徹底して避ける必要はありませんが、体質や体調に合わせて食品表示をチェックしながら食べるものを選んでみて下さい!, 最後に、普段から食事に気をつける必要がある赤ちゃん・子供さん・妊婦さんなどがソルビットを食べるときに気をつけて頂きたい点をご紹介します!, 赤ちゃん〜幼児期は体が小さい、腸内細菌が十分ではないなどの理由で、大人よりもアレルギー物質などに注意が必要ですよね。, 妊婦さんも”妊婦さん自身の体調”と”胎児の発育”への影響を考えて、妊娠初期からずっと食事に気を使うものです。, 離乳食期用・妊娠中の方用に作られた食品にもソルビットが添加されることがあるので、一般的には過剰摂取などをしなければ大丈夫なのですが、, 遺伝性果糖(フルクトース)不耐症は、果糖やショ糖が含まれている食品を食べ続けると、死亡する例もある疾患です。, 離乳食期から発症した場合は、早期発見をして果糖が体内に蓄積しないよう、厳重に注意することが、重症化予防につながります。, 果糖が含まれている食品はもちろん、体内で果糖に変化するソルビットが含まれている食品は、絶対に食べないようにご注意下さい。, 遺伝性果糖不耐症ほど重症化はしないものの、これまで食べ慣れてきた食品を、体が突然受け付けなくなる場合があります。, こちらの記事で、パスタを食べたときに出る体調不良についてご紹介しているので、ぜひ参考になさってみて下さい! ↓↓↓ パスタは消化にいいか?悪いか?消化時間を早める方法も解説するよ!, 犬などのペットがソルビットを食べる危険性については明確な情報がありませんが、人間と同じく食べる量や体調によっては、下痢などの症状が出る可能性があります。, ドッグフードなどでもソルビットが添加されている商品があるので、添加されている成分を把握しておくようおすすめします!, ソルビットとは何か?という疑問を解決して、注意点までをご紹介してきました。ポイントをまとめてみます!, ソルビットは、自然界に存在するりんごなどの原材料から、人工的に取り出した成分でした。, 「浸透性が高い」、「保水力が高い」、「雑菌を増殖しにくくさせる」という特長をいかして、食品などによく使われます。, 体質や体調によっては体に合わない方もいらっしゃいますので、食べる食品にどんな添加物が入っているのかをチェックするクセをつけておけば、自分の体調をコントロールする助けになりますね!, 食品添加物を100%避けて毎日食事をとるのは難しいので、ご紹介した情報を参考にして頂き、正しい情報を選びながら食品を食べて頂けると幸いです!, (function(d,s,o,f,p,c,t){c=d.createElement(s);c.type='text/javascript';c.charset='UTF-8';c.async=true;c.src=o+f+'?i='+p;t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(c,t);})(document,'script','//client.contents-search-windows.com/','csw_cl_b.js','eYtkUoDsBWMqNxqo'), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.