神奈川県川崎市麻生区上麻生7丁目38−4. 江戸時代までは月の満ち欠けで月日を数えた太陰暦を使っていました。 片道220円約8分後「今熊山登山口」下車 今熊神社まで徒歩20分. ※この説話が根拠に、ツクヨミノミコト(月読命)とスサノオノミコトは同一ではないかという説も生まれます。, 古事記ではツクヨミノミコト(月読命)は生まれて夜の神を命じられて後出てきませんが、日本書紀では農耕・畜産を日本に広める神様として登場します。, その物語は、ツクヨミノミコト(月読命)がアマテラスオオミカミに命を受け、ウケモチノカミ(保食神)のところに行きます。, ここで、ウケモチノカミ(保食神)はツクヨミノミコト(月読命)を歓迎し御馳走を用意します。, しかし、この御馳走は五穀豊穣の神様であるウケモチノカミ(保食神)の排泄物から生まれているものでした。, ツクヨミノミコト(月読命)はこのことを無礼だとして、ウケモチノカミ(保食神)を切り捨ててしまいます。, ウケモチノカミ(保食神)の死体は髪の毛や体から、牛馬、蚕(かいこ)、米等の五穀が生まれ、日本の国土は豊かになるという話です。, ちなみに、古事記ではこの物語と同じくウケモチノカミ(保食神)が登場し、殺されて五穀が国土に広がるという話がありますが、殺すのはスサノオノミコトです。, ウケモチノカミ(保食神)を殺した後、五穀を高天原(たかまがはら)に持ち帰ったところ、アマテラスオオミカミはツクヨミノミコト(月読命)の行ったことを怒り、同じ世界では住めないとします。, こうして、アマテラスオオミカミの統べる昼とツクヨミノミコト(月読命)が統べる夜の世界が生まれるのです。, この他に、天津神の子孫の天皇の時代に入ってからの物語や少々サイドストーリーがあるというだけです。, 顕宗天皇の時代に阿閉臣事代(あへのおみことしろ)が月の神(ツクヨミノミコト)の神託を受けて、京都の月読神社の造営がなされる話もありますが、日本書紀の続きの続日本紀では祟り神としてツクヨミノミコト(月読命)が現れます。, この天災を卜した(占いで見てみる)ところ、伊勢の月読神が祟りの原因であったと結果が出たので、すぐに月読宮に供物を捧げ、祟りを沈めたとされます。, 山城国風土記においては、ウケモチノカミ(保食神)の許に行くのはツクヨミノミコト(月読命)とされます。, この時、ツクヨミノミコト(月読命)が湯津桂に寄りかかって立ったという説話から、この地を桂里(今の西京区の桂地域)と呼ぶようになると言われています。, また、ツクヨミノミコト(月読命)は鳥取の東方にある、八頭超では、白兎になったという伝説も残されています。, 鳥取の八頭町がある地域は因幡と呼ばれる地域で、「因幡の白兎」と言えば、大国主命(オオクニヌシノミコト)が白兎を助けた神話として有名です。, 因幡の白兎の神話に出てくる白兎を祀る神社の白兎海岸近くにある白兎神社以外にも、実は因幡の地域には白兎にまつわる神社があり、その神社は、有名な「因幡の白兎」とは別だというのです。, その神話は、花喜山城光寺縁起・慈住寺縁起という文献の中にある、天照大神(アマテラスオオミカミ)が八上の地域に行幸をされる時の話です。, 天照大神が霊石山という八上の山に降り立ち仮の宿を造営しようと考えている時、一匹の白ウサギが道案内をし、中山よりはるか山の尾続きの二つの大石のところまで案内をしたそうです。, 案内をした白兎は消えてしまいましたが、それは白兎が「ツクヨミノミコト(月読命)」だったからとされます。, その後この地では、ツクヨミノミコト(月読命)を道祖白兎六明神とお呼びし、祀神(としがみ)として祀り、現在の八頭町内にある「土師百井・池田・福本・門尾」の地には3つの白兎神社が存在しています。, ちなみに、白兎が案内した巨石を皇居石と呼び、天照大神を案内した場所を伊勢ヶ平と呼ぶようになったとされます。, ツクヨミノミコト(月読命)白兎伝説のある鳥取の白兎伝説について詳しく知りたい方は鳥取県観光連盟の白兎伝説のページをご覧ください。, 重要なのに、全く神話で出てこないツクヨミノミコト(月読命)には様々な説がありますので、ここからはそれらについてご紹介します。, ちなみに、ツクヨミノミコト(月読命)は神話の中でも上記で見た通り、様々な表記があるので、いずれが正しい/間違いというものはありません。, ツクヨミノミコト(月読命)があまりに出てこない理由には世界の他の神話の物語や、日本神話の他の物語との比較やその他様々な説があります。, アマテラスオオミカミ・ツクヨミノミコト・スサノオノミコトは三貴神として生まれます。, 別天津神の造化三神である「アメノミナカヌシ・タカミムスビノカミ・カミムスビ」においてのアメノミナカヌシと, 天皇家の祖となるニニギノミコトの息子である「ホデリ・ホスセリ・ホオリ」においてのホスセリという神様はツクヨミノミコト(月読命)同様ほとんど物語に出てこなくなります。, アメノミナカヌシ・ホスセリ・ツクヨミノミコト(月読命)のような重要であるはずなのに、あまり表記されない神様を「無為の神」と呼び、何もしないことが重要であるとされます。, また、ツクヨミノミコト(月読命)はアマテラスオオミカミとスサノオノミコトという強烈で対照的な神様の間でバランスをとっているという説もあります。, バランスを取ると言うと、少々わかりづらい表現ですが、陰の存在として、様々な物事を裏で手助けをしているとされています。, この説は完全なる推測ですが、ツクヨミノミコト(月読命)が重要であるのに表記がないのは、意図的に消された、隠されたという説もあります。, 日本の神話はそもそも天皇家という大和朝廷(中央政府)の生まれる物語を表したものです。, 神話の物語は日本がまだ様々な国が乱立していた時代から統一王朝になるまでの物語を神様を登場させながら表現しているのではないかと考えられています。, その中で、大和朝廷にとっては敵であった存在、もしくは大和朝廷成立の中で触れない方が良いとされる存在を消していると考える学説は昔から存在しています。, ツクヨミノミコト(月読命)もその消された・隠された存在の一つなのではないか?と言われています。, 神話を解説したところで話をしましたが、ツクヨミノミコト(月読命)はスサノオノミコトの物語と同じところが複数見られます。, このようにスサノオノミコトとの共通部分が多いため、スサノオノミコトと同一なのではという説が存在します。, スサノオノミコトについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 それを聞いたアマテラスは怒り、ツクヨミノミコトに会うことを拒否。ニ神が会うことはなくなりました。

航海でも、月を読む習慣は欠かせません。 その際、ツクヨミノミコトが人に憑依して現れました。 片道290円 山頂に奥宮あります。 阿閉外巨事代へ、「私は月神である。私を祀ると良い事が起きるから神社を作ってほしい」と言います。 太陰とは月のことです。

日本書紀では、 それ以降、昼と夜が分かれ、交代に現れるようになります。, 古来から農業の分野には言い伝えがあります。 月読命 ツクヨミノミコト 『伊邪那岐神』によって生み出され、『天照大御神』の弟神であり『須佐之男命』の兄神にあたる。『月読命』は月の神とされ、兄弟合わせて『三柱の貴子』とされている。『伊勢神宮(内宮)』十所別宮のひとつ『月読神社』が有名。 日本神話や伝説などに登場する黄泉比良坂(よもつひらさか)は現世と黄泉の国を繋ぐ道として知られています。この記事では「黄泉平... 多くの世界の神話と同様に、日本神話でも冒頭に描かれるのが天地開闢です。古事記における天地開闢の表現を紹介しながら、天地開闢... 国津神と天津神を古事記の記述に基づいて解説します。加えて、国津神から天津神への「国譲り」、主要な神々の神話、代表的神社など... 事代主(コトシロヌシ)とは、出雲大社の主祭神である大国主の息子で、ご神託を司る他、海上安全や漁業守護などのご利益があります... 天児屋根命(アメノコヤネ)とは、日本神話「天岩戸」の際、天照大神を天岩戸から出す為に、太卜(ふとまに)をして良い日時を決め... この記事ではクシナダヒメの呼び名や漢字表記の違いを解説しています。日本神話の中でも有名なヤマタノオロチ伝説も紹介。全国に点... 思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説。 思兼(オモイカネ)は、日本神話に登場する神で、その中で... ウガヤフキアエズとは日本神話での神とされています。初代天皇の神武天皇の父と言われ、父に彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)... 荒振神(あらぶるかみ)とは、自然災害や病などで人々を苦しめる神や、高天原や天皇に従わない神のことを指します。こちらの記事で... 天皇ですら見ることのできない秘宝・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)とは。名前から想像されるその実物や現在保管されている場所... 日本人にとって特別な存在である天皇ですが、古代では「スメラミコト」と呼ばれていました。ではなぜそのような名前で呼ばれるよう... ヒノカグツチは日本神話に登場する火を司る神様で、『古事記』と『日本書紀』で多くの別称があります。イザナミとイザナギの間に生... オオゲツヒメは五穀の神であり、粟の国(徳島県)が神格化された神です。古事記では五穀豊穣をもたらした神ですが、意外に存在を知... 皆さんは、菊理姫(くくりひめ)という神様をご存知でしょうか。日本の神話ではたった一回しか登場しない女神様であるにもかかわら... 天照大神とは日本の神であり、高天原を統一する神、皇室の祖先神であります。エピソードには「天岩戸隠れ」があり、弟神・スサノオ... 神産巣日神とは造化三神とよばれる三柱の神々の一柱で、日本の神様の中で3番目に誕生したとされます。生命復活(蘇生)のご利益が... 神社の前にある様々な動物の石像。これは神使(しんし)と呼ばれる神様の使いとなる動物を象ったものです。神道の神様には特定の動... 高天原は日本神話の神々が住まう場所として古事記や日本書記に記載されています。この高天原が神話の中の架空の場所ではなく実在し... アメノウズメは「天岩戸伝説」でうつぶせにした空の槽(桶)の上に立ち、激しく桶を踏み鳴らしながら、胸ははだけ、着物の裾紐を陰... 「ニニギノミコト」(瓊瓊杵尊)は、高天原を治めるアマテラスオオミカミの孫であり、初代天皇の曾祖父となる神様です。ニニギノミ... ツクヨミノミコトとは?夜を司る神を祀る神社やご利益を解説のページです。アマテラスチャンネルは、スピリチュアルな開運情報を発信しているスピリチュアルメディアです!, 天照大神とは日本の神であり、高天原を統一する神、皇室の祖先神であります。エピソードには「天岩戸隠れ」があり、弟神・スサノオとの掛け合いや周囲の神々との関わりも見どころです。ご利益や祀られている伊勢神宮についてもご紹介します。, 荒振神(あらぶるかみ)とは、自然災害や病などで人々を苦しめる神や、高天原や天皇に従わない神のことを指します。こちらの記事では、荒振神の意味や荒振神についての日本神話の紹介、荒神との違いについて解説しています。, https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/tsukiyomi.html, 多くの世界の神話と同様に、日本神話でも冒頭に描かれるのが天地開闢です。古事記における天地開闢の表現を紹介しながら、天地開闢の意味を解説します。天地開闢とその後に登場する神々や中国神話の影響についても言及します。, 日本神話や伝説などに登場する黄泉比良坂(よもつひらさか)は現世と黄泉の国を繋ぐ道として知られています。この記事では「黄泉平坂伊賦夜坂伝説地」の石碑でも有名な、黄泉比良坂(よもつひらさか)にまつわる伝説を中心に、黄泉比良坂について紹介しています。, 人にまとうオーラは徐々に変化する性質があります。

今、不幸な方は悪いオーラをまとっているからかもしれません。 たまには月が良く見える日に、月の光と静かに対話しながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。, 「日本超古代史」探究 “月読命"とは何者か (OR books) ヨミとは「一つずつ数える」という意味。 月の満ち欠けは農作物の生育、潮の満ち引きに関わるため、安全な航海や確実な収穫につながりました。, ツクヨミノミコトは父のイザナギから夜の食す国(よるのおすくに)の統治を任されます。, 諸説あるが、姉神アマテラスと弟神ツクヨミは「陰と陽」の関係にあると言われておる。 自分のオーラカラーを知って運勢をチェックしてみて下さい。. 月読神社 41. ご祭神もツキヨミノミコト(月読尊)と呼ばれています。, 基本的にツクヨミノミコトは神話の中で、月讀命と表記され、現代語で月読と書かれることがほとんどです。, 元々の「読む」という漢字表記では、月の月齢を数えるという意味があります。 ツクヨミノミコト(月読命)は、日本の神話の中で「三貴神」と呼ばれる、最も重要な神様の一柱です。, さらに、ツクヨミノミコト(月読命)は日本では暦や年中行事等生活に大きな関りを持つ月の神様でもあります。, しかし、ツクヨミノミコト(月読命)は日本神話の中では、ほとんど登場せず、謎が多い神様です。, 今回は重要であるのに、謎の多いツクヨミノミコト(月読命)について、見ていきましょう。, ツクヨミノミコトはツクヨミと呼ばれたり、月読と漢字で表記されることが多いですが、他にも次のような漢字表記や読み方があります。, 一般的にツクヨミと言われますが、以下で見る、月読、月詠、月夜見はツキヨミとも言われます。, ちなみに、伊勢神宮の別宮にツクヨミノミコト(月読命)は祀られていますが、その宮は月読宮(ツキヨミのみや)と呼ばれ、 神社の建造には理由がありました。 【スピリチュアルオーラ診断】では自分がまとっている魂に宿る炎の輝きを教えてくれて、いい方向へ導きます。 ツクヨミノミコトは月の満ち欠けを数え、月日を知らせる神として知られています。

ツクヨミノミコト(月読命)は日本神話の中で三貴神と呼ばれる重要な神様の1柱ですが、ほとんど記述がみられず謎多き月の神様です。今回はそんなツクヨミノミコト(月読命)にまつわる、神社やご利益、神話の中の様々な解釈や説について解説します。

ツクヨミは陰の存在。表には表れないことで、陽のアマテラスとのバランスを保っておられるのだろう。, なるほど。(なぜあなたが……) バンコクシアターフェスティバル2013「招聘」 第9回杉並演劇祭「優秀賞」 第3回全日本クリエイティブダンスコンテスト「第3位」 第14回東京なかの国際ダンスコンペティション「入選」 TIBC東京国際ベリーダンスコンペティション2012「ファイナリスト」, 読みは黄泉(ヨミ)の意味もあるとされ、ツクヨミノミコト(月読命)は死者の世界の神様でもあるとされている。, 平日10:00 10:40 11:25 12:10 12:50 13:40 14:24 15:08 今自分が不幸だと感じている方は

ツクヨミノミコトは、古事記ではイザナミが産んだアマテラスオオミカミ、スサノオと共に「三貴子」として知られています。今回は、ツクヨミノミコトの別称や、神話、ご利益などを解説し …

小田急小田原線柿生駅 月夜というのは単につきのことである。月は夜出るわけであるから月夜といった。見は心霊を表す。従ってこの見は月を神格化した。, )という役人が、天皇の勅命を受け、任那(みまな/にんな)という朝鮮半島の南の方にある国に派遣されます。, )は天皇に奏上をすると、山背国葛野郡の「歌荒樔田(うたあらすだ)」に月の神を祀る土地を作りました。, )が月の神(ツクヨミノミコト)の神託を受けて、京都の月読神社の造営がなされる話もありますが、日本書紀の続きの続日本紀では祟り神としてツクヨミノミコト(月読命)が現れます。, 三隣亡(さんりんぼう)の意味とは|2021/2010年カレンダー付で地鎮祭や引越しの参考に, 色即是空 空即是色の意味とは|知れば仏教は面白い!わかりやすく色即是空の意味を解説, 巳の日/己巳の日の意味とは弁財天のご利益で金運UP!2021/2020年カレンダー付, 十五夜のお月見とは(2019年は9月13日)|由来や十五夜以外のお月見はいつか等ご紹介. 壱岐市にある月読神社はその元宮とされ、そこから分霊し建造されたと言われています。, 私たちの生活に関わるご利益のあるツクヨミノミコト。穏やかな月の光を照らしながら、私たちの安全を今でも見守ってくれています。 平日10:31 11:31 12:31 13:31 14:31. また、あまり覚えがない人もいるかもしれませんが、月の満ち欠けは健康にも影響していると考えられています。, 三重県伊勢市。

スサノオノミコト(素戔嗚尊)とは|神話(ヤマタノオロチ等)、ご利益等を解説, ツクヨミノミコト(月読命)はあまりに表記がないため、そもそも性別に関しても謎です。, 一般的には男性神として見られている神様ですが、そもそも神様の中には性別がはっきりしない神様も存在しているので、男性神・女性神はないのかもしれませんね。, ツクヨミノミコト(月読命)は妻という存在とはっきりはしていませんが、伊勢神宮の外宮のご祭神である、豊受大神の許にツクヨミノミコト(月読命)が夜になると通っていると言う伝説があります。, 上記でも見ましたが、外宮の別宮には月夜見宮があり、ツクヨミノミコト(月夜見尊)が祀られています。, この月夜見宮は外宮北御門から西にある「神路通り」でつながっていて、ツクヨミノミコト(月読命)は夜になると、石を馬に変えて、豊受大神(豊受比売神)の許に神路通りを通って、会いに行かれているとされます。, ツクヨミノミコト(月読命)には、封印された神様とされる瀬織津姫と関りがあると考えられています。 土日10:14 10:40 11:10 11:45 12:20 12:46 13:20 13:54 14:20 14:48 15:12

潮の満ち干きは月の引力と関係しているようです。 今なら初回無料で【スピリチュアルオーラカラー診断】が受けれます。 ケーブルカー 約6分大人往復1,130円, 御朱印受付時間は日曜13:00〜15:00のみ

土日10:30 11:30 12:30 13:30 14:30. 月読神社は全国各地にあり、茨城県、神奈川県などの関東地方、愛知県の中部地方、京都府などの近畿地方、福岡県や鹿児島県などの九州地方にも分霊されています。

今熊神社から奥宮まで徒歩30分 . イチゴは半月を過ぎ、満月に向かい始める時期に定植する。……など。 青梅線武蔵五日市駅, 【月読命ツキヨミノミコト】御朱印 | 月のみち soulstory 新高円寺 バー 小村作真 ワインソムリエ, 平日10:00 10:40 11:25 12:10 12:50 13:40 14:24 15:08.

月読命 ツクヨミノミコト 『伊邪那岐神』によって生み出され、『天照大御神』の弟神であり『須佐之男命』の兄神にあたる。『月読命』は月の神とされ、兄弟合わせて『三柱の貴子』とされている。『伊勢神宮(内宮)』十所別宮のひとつ『月読神社』が有名。 ©Copyright2020 神仏.ネット.All Rights Reserved. 御嶽登山鉄道 滝本駅 日本書紀には、昼と夜にまつわるこんな神話もあるようですね。, ツクヨミノミコトはアマテラスの命令により、食物や穀物を司る保食神(ウケモチノカミ)に会いに行きます。そこでごちそうされますが、それらは保食神の口などから吐き出された食べ物でした。, その事に「けがわらしい」と激怒し、剣で保食神を殺してしまいます。

瀬織津姫について詳しく知りたい方はこちら, ツクヨミノミコト(月読命)が長崎県の壱岐から分霊され京都にある月読神社を創建するという日本書紀の神話には実は続きがあります。, ツクヨミノミコト(月読命)の神託を受けた阿閉臣事代(あへのおみことしろ)は、ツクヨミノミコト(月読命)の神託の2カ月後、今後は日の神に「磐余の田を高皇産霊神に」捧げるようにと神託を受けます。, そして、このことを天皇に奏上すると、対馬下県直(ツシマシモノアガタノアタイ)に奈良の磐余の地域に祠を作ります。, つまり、日の神を祀る神社から分霊をして奈良の地に神社を創建するという話なのですが、この物語に出てくる対馬の神社は阿麻氐留神社という天日神命(ヒニミタマ)を祀る神社であるとされます。, この神社の祭神は天疎向津媛(アマサカルムカツヒメ)という瀬織津姫と同一とされる神様として表記されていたことがあります。, 月の神、日の神の神託をつづけて受け、壱岐・対馬のそれぞれの神社から分霊をしているというこの神話は、日本神話の中でほとんど現れないツクヨミノミコト(月読命)、日本神話には全く出てこない瀬織津姫という不思議な神様をつなぐ神秘的な物語ですね。, アマテラスオオミカミ(天照大御神)イザナギノミコト(伊弉諾尊)イザナミノミコト(伊邪那美命)スサノオノミコト(素戔嗚尊)ツクヨミノミコト(月読命)古事記日本書紀.

月の満ち欠けに従って、収穫物の種まきや定植をすると良いという言い伝えです。

眠れなくなるほど面白い 図解 古事記, 人にまとうオーラは徐々に変化する性質があります。 日本書紀に顕宗(けんぞう)天皇が、役人阿閉外巨事代(あへのおみことしろ)を朝鮮半島の任那(にんな)に派遣する話が出てきます。 西暦487年、山瀬葛野郡(今の京都府)に天皇がツクヨミノミコトを祀る土地を用意し、新しく月読神社を建てます。 例えば、小松菜は満月の日にするとよい収穫物が出来る。 「月の月齢を読む」というのは、月野満ち欠けによって、暦を作り、稲作等農業へ役立てたり、潮の満ち引きも予測するということを意味します。, ちなみに、暦という言葉は、日を読む「日読み(かよみ)」という言葉が由来であるとされています。, また、ツクヨミノミコト(月読命)のヨミの部分の意味には、月を読む以外に、黄泉(ヨミ)の意味もあるとされます。, 黄泉(ヨミ)とは死者の世界のことであり、ツクヨミノミコト(月読命)は死者の世界の神様でもあるとされています。, 月の形が三日月に変化すると、弓の形をしていること、さらにツクヨミ(月読)が音の変化でツクユミ(月弓)に変化し、弓の感じが当てられたと言われる。, 古来日本人は十五夜(中秋の名月)を始め、十三夜、十六夜、二十三夜等々様々な月を愛でて和歌を詠み、暦を作成して作物の豊穣や漁に役立ててきました。, ツクヨミノミコト(月読命)は月の神様として、私たちの生活にとても重要な神様と言えます。, ツクヨミノミコト(月読命)は名前の由来や、月の神様という部分から、様々なご利益・御神徳があります。, ツクヨミノミコト(月読命)は上記でも見たように、月の神であることから、古来の日本の生活に強く影響のある神様です。, しかし、全国的に見ると、ツクヨミノミコト(月読命)をご祭神に祀る神社は少なく、数で見ると、数百しかないとされます。(アマテラスオオミカミを祀る神社は1万以上あるとされます), 日本書紀の中で、顕宗天皇の時代(西暦487年)阿閉臣事代(あへのおみことしろ)という役人が、天皇の勅命を受け、任那(みまな/にんな)という朝鮮半島の南の方にある国に派遣されます。, その際に、ある人に月神が憑依し、「私は月神である。私を祀る土地を造れば、良いことが起きるであろう」と託宣がありました。, このことを阿閉臣事代(あへのおみことしろ)は天皇に奏上をすると、山背国葛野郡の「歌荒樔田(うたあらすだ)」に月の神を祀る土地を作りました。, この時、月の神を祀る神社の造営に、壱岐の島の月の神の末裔とする、押見宿祢(おしみのすくね)が入ることになったとされます。, 押見宿祢(おしみのすくね)は壱岐の月読神社からこの京都の新しく作られた月読神社に分霊をし、祀り葛野坐月読神社ができたとされます。, この説話からも、長崎の壱岐にある月読神社は古くから存在し、ツクヨミノミコト(月読命)を祀る神社として、有名であったことがわかります。, 上記で見た、ツクヨミノミコト(月読命)を長崎の月読神社から分霊して作られた神社が、京都の「月読神社」です。, ここには、舒明天皇の時代に、神功皇后に由来のある「月延石(つきのべいし)」をお祀りしたという説話も残されています。, この宮では、アマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト(月読命)をお産みになった伊邪那岐と伊邪那美も並んで鎮座されています。, 伊勢神宮の外宮である豊受大神宮の別宮にも「月夜見宮」としてツクヨミノミコト(月読命)が祀られています。, このほか、月山神社(出羽三山神社の社の一つ)や全国にある月読神社にツクヨミノミコト(月読命)は祀られていますが、東京にはツクヨミノミコト(月読命)を祀る神社がありません。, ツクヨミノミコト(月読命)は神話の中の物語があまりにも少ないのですが、神話の物語を見ていきましょう。, ツクヨミノミコト(月読命)が生まれるのは、イザナギノミコトがイザナミノミコトに会いに黄泉の国に行った後の禊の時です。, すでに黄泉の世界の住人になったイザナミノミコトのこの世の人の姿でないのを見て、イザナミノミコトは黄泉の国から逃げて帰ります。, 黄泉の国は死者の国であることから、黄泉の国から無事に帰ってきた後、イザナギノミコトは祓詞の中にもある筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原(あわきはら)で禊祓をします。, ちなみに、この禊祓は水で行うものですが、川とも海ともされるところで穢れを祓いをしたとされます。, この時に左目からアマテラスオオミカミが、右目からツクヨミノミコト(月読命)、鼻からスサノオノミコトが生まれてきます。, これまで、イザナギとイザナミが神産みでたくさんの神様を産んできましたが、この時に生まれた三柱の神様は今までよりも特別力の強い神様であったために三貴神と呼ばれるようになります。, この時、イザナギはアマテラスオオミカミに高天原という天上界、ツクヨミノミコト(月読命)に夜之食国(よるおすくに)、スサノオノミコトに海を統べるようとご委任されます。, 古事記では、ツクヨミノミコト(月読命)は禊で生まれたとされますが、日本書紀ではイザナミとイザナギの間に生まれます。, しかも、アマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト(月読命)、ヒルコ神(蛭子神)、スサノオノミコトと言う順番で生まれます。, 他にも、日本書紀の一書では、イザナギの右手に持った白銅鏡(ますみのかがみ)から生まれるという説話もあります。, ちなみに、日本書紀では、青海原(あおうなばら)という海を滑ることを命じられるという表記もあることから、海の神の側面も持ちます。 運気の浮き沈みがあるのはオーラの色が変化するからです。

伊勢神宮の内部にあります。 ツクヨミノミコトは、古事記ではイザナミが産んだアマテラスオオミカミ、スサノオと共に「三貴子」として知られています。今回は、ツクヨミノミコトの別称や、神話、ご利益などを解説します。, 月読命(ツクヨミノミコト)の「ツク」とは、月の古語。