10.丹羽孝希(日本・13位・アジアカップ出場リスト世界ランキング5位) 14.チャン・モー(カナダ・34位・パンアメリカンカップ4位) 17.プツァル(クロアチア・37位・ヨーロッパカップ4位) 10.石川佳純(日本・9位・アジアカップ出場リスト世界ランキング6位) ), ( なお日本選手の出場に変更はない。 ). 20.ピッチフォード(イングランド・15位・リザーブ選手から繰り上げ) 1.馬龍(中国・世界ランキング3位・世界選手権優勝) 大会最終日の10日(火)は準決勝と決勝、3位決定戦が行われた。 戦型:シェーク攻撃型 /

ハン・イン選手の知的なプレーはこちらから 16.サウェータブット・スターシニー(タイ・41位・ホスト国枠選手)

ランキング:2位 孫穎莎(中国)4(10、8、6、-10、-4、4)2 伊藤美誠 戦型:シェーク攻撃型 / 世界ランク 101位, 中国 4位:ハン・イン(ドイツ) ハン・イン 3-1 浜本由惟 11-5/7-11/11-6/11-2.

○3位決定戦 ハン・スーイン(韓 素音、1916年 9月12日 - 2012年 11月2日)は、中国出身の混血の著作家、医師。 ハン・スーインは筆名であり、本名はエリザベス・コンバー (Elizabeth Comber) 、出生名は周光瑚 … Tリーグ 老獪な戦士・ハンイン、勝負を分けた3つの熟練テクとは<Tリーグ、TOP名古屋vsKA神奈川>, Tリーグの見逃せない名勝負をラリーズ編集部独自の視点で解説する【T.LEAGUE 名場面解説】。今回は11月23日のノジマTリーグ・トップおとめピンポンズ名古屋VS木下アビエル神奈川の一戦から、第2マッチのハン・インと浜本由惟の試合にスポットライトを当てる。, 2016年リオ五輪団体準決勝で、日本の前に立ちふさがったドイツ。団体戦のラストで福原愛を破ったのがカットマンであるハン・インだ。中国からの帰化選手で、世界ランキングは最高で6位まで登り詰めた実力者である。また、今年6月のヨーロッパ競技大会でシングルス準優勝を飾るなど、長年世界のトップで戦い続けている選手だ。, 対する浜本由惟は、2016年世界選手権団体の代表選手でもあり、多彩なサーブとバランスの良い両ハンドドライブが特徴の選手だが、近年ではカットマンが苦手とする、回転があまりかかっていないスマッシュを多用するようになっている。, どちらが勝ってもおかしくない注目の1戦は、ベテランのハン・インに軍配。一見打ち込まれ続け、不利にも思われがちなカットマンだが、浜本への勝利の裏側にはベテランならでは熟練した3つのテクニックがあった。, 試合はハン・インが1ゲーム目から安定感抜群のカットを見せた。対する浜本は堅実に回転量の多いループドライブで、ハンのミドルを攻める。, 浜本のループドライブの回転量に対して、ハンのカットが浮いてしまうと浜本は一気にスマッシュで点を奪いに行こうとする。しかし、このスマッシュがなかなか決まらず、オーバーミスを連発してしまう。ここにハンの熟練の技があった。, 通常カットが浮いてしまうと、ボールが高い分高い打点で強打を打ちこみやすい。しかし、例外もある。それは浮いたボールがコート深くに返ってきた場合だ。深く返されたボールは体勢が窮屈な状態で打たされることが多く、さらにラケット面の角度のコントロールが正確でなければならない。, 同じ高さのボールでも浅いボールでは前に踏み込んで自分の打ちやすいところで、フルスイングをしやすい上に、上の図の通りコートに打ち下ろせる角度が大きい、すなわちボールを落とせる面積が広くなり、ミスをしづらいのだ。どんな強打でも基本的に深く返し続けたハン・インのナックルカットを打ち損じる場面が多くなったのだ。, すると試合の終盤では一転して、下回転が強くかかった浅い浮いたボール(=釣り球)で、浜本に強打を打てると思わせてミスを誘い、浜本のカット打ちを完全に狂わせた。この釣り球と、基本の深いカットを自在にコントロール選手は、カットマン自体がさほど多くない現代卓球においては脅威となるだろう。, 1ゲーム目を先取された浜本は、2ゲーム目以降ループドライブをフォア側の、よりネットに近い浅い位置に打つことで、ハン・インのカットを甘くした。前に揺さぶられたハンは次のスマッシュを返せず、2ゲーム目を奪われた。, しかし、ベテランのハンは3ゲーム目から浅いボールに対して、打点を落としてカットするのではなく、積極的にカウンターで得点を重ねた。バランスの良い両ハンドが持ち味の浜本の守りを崩すために、ハンが攻めたのはシェークハンドの弱点でもあるミドルであった。, ややフラット気味で回転が少ないカウンター攻撃に、浜本は反応するもラケット面が合わずに、ミスをすることとなった。, ハンのカットの変化を読み切れない浜本は無理に強打するのではなく、ツッツキでミスをしないようにつなぐ場面が増えた。しかしバックサイドへのツッツキではハンの表ソフトから繰り出される強打を止められず、ハンのフォアサイドへのツッツキが増えた。, こうすることには2つのメリットがある。1つは逆チキータ気味のバックツッツキの軌道が曲がるため、空振るリスクを恐れた浜本のドライブの威力を抑えることだ。このツッツキはコートにバウンドした後、浜本のフォア側へと逃げる打球になるため、浜本は身体から遠い位置で打球することになる。すると力を入れづらくなるため、打球の威力を抑えることができるのだ。, 2つ目はこのツッツキを深く返すことで、ミスをしたくない浜本のドライブをフォア側へと誘導しやすいことだ。フォア側で山を貼ることで、より早いタイミングで打球準備をすることができ、それが次の質の高いカウンターやカット、ストップされた際に前に出る速さへとつながるのだ。, プラスチックボールになり、ラリーが続くことで不利になったといわれるカットマン。それゆえカットマンという戦型を選ぶ選手が減少してきている。しかしこのハン・インの試合のように戦い方ひとつで、一転して対策を立てられる機会が少なく勝ちやすい戦型にもなり得る。, 実際にこの試合でも、ただ打ち込まれた強打を返し続ける中にも様々な変化や駆け引きが詰め込まれており、まさに卓球の醍醐味が詰まった一戦だった。この熟練の技を持った選手は来るべき東京五輪でも日本にとって脅威として立ちふさがるかもしれない。, 老獪な戦士・ハンイン、勝負を分けた3つの熟練テクとは<Tリーグ、TOP名古屋vsKA神奈川>, KM東京が首位奪還 全勝のフレイタス「日本食が大好き。昨日は焼き肉!」<卓球・Tリーグ結果速報>. 13.ウー・ユエ(アメリカ・32位・パンアメリカンカップ3位) 1.メシュレフ(エジプト・32位・アフリカカップ優勝) 13.アルナ(ナイジェリア・20位・アフリカカップ準優勝) 世界ランク 64位, 大韓民国 世界ランク 105位, フランス

17.スッチ(ルーマニア・24位・ワイルドカード) 世界ランク 204位, セルビア 打球感がソフトな5枚合板のラケットがおすすめです。 基本技術を習得するために弾みすぎないラケットを選びたいですね。 定価で5,000円から7,000円台のものが人気です。 □女子シングルス 決勝トーナメント□ □最終順位□ ランキング:9位

【テニス|シューズ|全商品】ヨネックス(yonex)公式オンラインショップ。豊富なラインナップからご希望商品をご購入いただけます。5,000円以上ご購入で送料無料。ご購入額の5%分をポイント還元。 18.陳夢(中国・1位・リザーブ選手から繰り上げ)

8.ヨルジッチ(スロベニア・34位・ヨーロッパカップ準優勝) ランキング:3位 19.徐孝元(韓国・23位・リザーブ選手から繰り上げ) 5.P.ゾルヤ(ドイツ・20位・ヨーロッパカップ優勝)

11.鄭栄植(韓国・14位・アジアカップ出場リスト世界ランキング6位) 男子はオーストラリアのフー・ヘミングが出場をキャンセルしドイツのフランチスカが繰り上げ出場。

戦型:シェーク攻撃型 / 卓球女子の注目カットマンとして、佐藤瞳(日本)、橋本帆乃香(日本)、小塩遥菜(日本)、徐孝元(韓国)、ハン・イン(ドイツ)選手、計5人の女子カットマンを紹介します。卓球の女子カットマンの中でも、現在世界トップクラスの実力を誇る5人の特徴と凄さをみていきましょう。 3位:伊藤美誠(日本)

女子はタッパー(オーストラリア)と朱雨玲(中国)のキャンセルが決まり、ハン・イン(ドイツ)と孫穎莎(中国)が出場することとなった。

7.エーラント(オランダ・30位・ヨーロッパカップ準優勝)

12.張禹珍(韓国・18位・アジアカップ出場リスト世界ランキング7位) 10月6日、ITTF(国際卓球連盟)は11月に開催する男子ワールドカップ、女子ワールドカップの出場選手を更新した。 8.ポルカノバ・ソフィア(オーストリア・14位・ヨーロッパカップ3位) 4.チャン・リリー(アメリカ・27位・パンアメリカンカップ準優勝) 戦型:カット型 /

15.ジャー・カナック(アメリカ・27位・パンアメリカンカップ3位) ), ( 世界ランク 44位, 投稿で20ポイントが加算。1000ポイントで500円分のアマゾンギフト券と交換できます。. 世界ランク 38位, チェコ ハン・イン選手は 松下浩二(ラケット) キョウヒョウ neo 3(ラバー表面) スペクトル(spectol s1)(ラバー裏面)を使っています。動画や口コミレビュー情報も見れます。 伊藤美誠 4(2、7、9、4)0 ハン・イン(ドイツ) 2019 ittfワールドツアープラチナカタールオープン ベスト32 女子シングルスで芝田沙季選手とハン・イン選手の対戦です。(対戦日 2019年03月26日)動画は14分4秒です。 ノジマtリーグ トップおとめピンポンズ名古屋 対 木下アビエル神奈川:ハン・インvs浜本由惟 詳細スコア.

ハン・イン 3-1 浜本由惟 11-5/7-11/11-6/11-2.

11月8日から10日まで中国の威海で開催された「2020女子ワールドカップ」。大会最終日の10日(火)は準決勝と決勝、3位決定戦が行われた。伊藤美誠は準決勝で孫穎莎(中国)と対戦。これまで伊藤と孫穎莎の対戦成績は伊藤の2勝5 …