ご面倒では御座いますが、今後私宛て通信はこの方法にてよろしくお願い致します。 もしお分かりの方がいらっしゃいましたらご回答お願いいたします。, 大筋は賛成だけど、小さな個々の問題はちょっと異論が残るという意味の言葉で、掲題のような簡潔な表現があったと思うのですが、どうしても思い出せません。 簡単に教えてください。, あなたを助けてくれる人がここにいる

 修験道には「修験の空洞」という考え方があるそうです。 ・死刑反対派だったが、身内が事件に巻き込まれたのをきっかけに死刑賛成派に ようは「賛成です」って事ですか?, ばかぼんのパパ語録ですよね。

とても好きでずっと心に残っているんです。 ですよね。そりゃあそうです。たった今作った言葉ですから。。。またも過去記事で恐縮なのですが、現行物理学で電子と観測されるもの。私の理論では立体エーテルの境界面の擦れ合いです。電子と観測されるものは原子由来ではなく、素粒子を乗せる枠組み由来なのです。で、深く沢山息を吸います。当然ですが多くの大気分子を取り入れます。ところが、素粒子はエーテルに乗っています。だから深い呼吸の時エーテルの境界面で沢山の摩擦が起こるのです。腹膜を押し下げ内臓を下腹部へ追いやり腹いっぱいに吸い込みます。そこで諦めずさらに吸い込むと、肺は肩や首の付け根まで膨らむのです。これは素潜り競技の呼吸法。映画グランブルー、フリーダイビングです。すると電位差=エネルギーを取り入れることになります。, ● タイトジャンクション血液脳関門・密着結合(みっちゃくけつごう、英: tight junction)あるいはタイト結合、タイトジャンクションとは、隣り合う上皮細胞をつなぎ、さまざまな分子が細胞間を通過するのを防ぐ、細胞間結合のひとつ。, ●第1エンジン 両脹脛筋肉(特にヒラメ筋)/思考共鳴維持(短期記憶保持)に使われるATP生産の要。第2エンジン:両裏腿/上記同様。第3エンジン:二の腕/上記同様。特に右腕は思考が腰に及ぼす影響を司る。平たい腰痛は当該筋肉の共鳴解除から治癒するケースが多い。, ●第4脳室脈絡叢刺激 第4脳室内脈絡叢を自覚し脊椎髄液の次元上昇をさせる思考法。脈絡叢とは毛細血管の集まりで、髄液製造部品。また、血流が豊富なことから、髄液ないヒーターの役割を持ち、髄液の次元(温度)整合を行なっている。よって当該部位の自覚から間接的な潜在意識コントロール領域への顕在アクセスが可能となる。 しっかり自覚ができると、後頭部の温度が上がり、ついで温めた蜂蜜を背筋に垂らしたような温度変化を感じる。それは脊椎髄液圧力が下降するため起こる。髄圧は尾骨に向かい末梢神経髄鞘圧を上昇させる。それが下肢に向かう時、股間に性的刺激様感覚が起き、下肢分子伝達物質との次元(温度)整合が起きる。その後1〜3分ほどで前頭葉一次運動野と筋肉の共鳴関係整合のため、胸骨下リンパ節が反応し、軽い胸痛が起こる。胸骨下リンパ節に温められたリンパ液は一次運動野分子伝達を整合するべく脳内に上昇しようとする。これが金コイン。ところが一次運動野温度偏向性上に成り立つ前頭葉タイトジャンクション内思考分子(仮の自我、観念)は、自身存続の危機から、リンパ流を拒もうとする。これが慢性化した状態が所謂、首リンパの溜まりである。 これを回避するコツとして、観念を製造する振動は体内振動工学的に次元が下位であることを利用すると良い。共鳴的下位である自我が共鳴的上位者のリンパ流(ここに於いて宗教的観念を敢えて使う。)に畏怖の念を感じ、「お上がりください。」と丁寧語、或いは、尊敬語を用い、拝む。つまり、自分自身のリンパ流に敬意を払うことで、スムーズな体流が生まれるのである。, 感覚次元を増加させる効率的なノウハウです。 「第4脳室 脈絡叢」とググると簡単に解剖図を観ることができます。位置を確認し、部分自覚をしてみてください。思考次元が前に進んでいる方は、場所が特定できると、必ず反応が現れます。そしてその温感が尾骨へ進み、尾骨から抜けて行くような感覚が起こります。髄液は髄鞘伝いに全身へ巡ります。その1~3分後、今度は胸に温かみが現れます。これは抹消髄鞘が加圧され、伝達次元上昇が起こるためで。胸骨下リンパ節が前頭葉、側頭葉と体の共鳴を変更させるために、部分的温度上昇が起こるからです。最後に胸の温かみを首横を経由して脳内に戻してください。リンパ液が大脳新皮質の裏側から脳内を巡り、所謂お花畑感覚が訪れます。, ●第8チャクラの強化法(第0チャクラ)1.かたねちゃんの種2.卍とウラ卍のセット3.ルシフェルを出す4.ポテトマッシャー(九鈷杵)のセッティング, ●縦波 電子と同等乃至それ以上のエネルギーが、縦波と呼ばれる振動帯域に横波として存在します。『物質が安定するためには、縦波とされる振動に横波が共鳴します。そして又、逆も然り。』  これが真理です。・水素は縦波、酸素は横波・縦波(奇数次倍音)・物質の構成を単極振動、縦波、奇数次倍音と双極振動、横波、偶数次倍音として捉えることを知りました。・横波(三芒星)と縦波(二芒星)・ニューロンは単体で縦波の振動素子・縦波=単極奇数次倍音振動で振動しています。・ニューロン振動(縦波)<シナプス振動(横波)・動脈は横波、静脈は縦波 ・無髄神経→奇数次倍音(縦波)→共鳴伝達有髄神経→偶数次倍音(横波)→分子伝達・四丘体構造、縦波を横波に変換する機構 ・奇数次倍音(縦波)は遅いが位相はあっている。と、偶数次倍音(横波)は速いが位相が90°ズレているです。 ・ 1、ウイルスは横波。 2、感覚器官は横波防止構造がある。 3、レトロウイルスRNAの二量体化。 ・縦波伝達は媒質密度が高いほど速くなる。横波伝達は媒質密度が低いほど速くなる。 ・炭素も縦波となる。山田:即ち、ヘテロ原子は横波、ホモ原子(水素、炭素)は縦波、 ・横波は縦波の一成分 ・基礎波動とは縦波の振動で、熱の移動と空間次元を左右します。 ・縦波と横波の不正ループを避けるため、人体は認知を二つの平面に分け、共鳴単位を1オクターブ未満にする必要があるのです。, ●魂→ 魂とは定義(角度)である。体情報とは全てイーブン、それを定義によりランキングしている。そのランキングが情報を人格たらしめる。だから次元そのものである。そして動植物を含めた魂の総量は限定されている。一定量の魂をどのように分割するかだけが、個の魂の質に影響する。また魂は心臓に宿る。そして三芒星のビートを造り体情報の量子化を行ない時を創る。しかしそのテンポは魂によるものではなく、人体定在波0.925Hzから発生し、鼓動となる。  よって輪廻転生は肝臓尾状葉による体情報の量子化の階層差が一定量以上になることが条件であり、条件を満たさない魂の輪廻転生は起こらない。 →仮に体内のエネルギーをカオス=雑音から起こる振動とすると、DNAに表せる基礎的音律が見えてくる。 その基礎的音律とは、上昇するクロマチックと下降するクロマチックである。 図の通り、オクターブから始まり、2度、長3度、増4度、長3度、2度、ユニゾン、2度、長3度、増4度、長3度、2度、オクターブ、とループする。 この関係をそのまま積分すると、下図のように、 ド>レ>ミ>ファ♯>ソ♯>シ♭>ドという常に間隔を2度に保つ音律となる。この音階は六音、七次元で進行する。しかし、思考は七音、八次元である。すると無理矢理オクターブ上の「レ」にループポイントがくる。「レ」=9倍音。この7音、8次元、9倍音がメロディーを造る。魂を造る。ド=1倍音レ=9倍音ミ=5倍音ファ♯=11倍音ソ♯=13倍音シ♭=7倍音→霊=魂=メロディー→魂=横波伝達を知ること→基礎波動(縦波)上の横波=意識(魂)→魂…定義、双極共鳴魄…意識(アカシックレコード)、単極共鳴→魂がDNAコピーを制御している。→魂=D体物質共鳴(大脳内L体物質共鳴)魄=L体物質共鳴(大脳内D体物質共鳴)→生者は死者から魂を譲り受け、自らの魂量=アルザル電子を使える横波量を増やしてゆく。→メラトニン圧縮率がグローバル情報顕在化量=魂量, ●タララ ネーミングはいい加減だが、認知と現象の根本的関係から起こる、ベーシックな生体反応のこと。 何かの認知をした時、脳内には現象とネガティブな分子伝達が起こる。振動工学的に言えば逆相振動。音階で言えば、絶対的共鳴関係のオクターブ内の5度を現象とすると、4度の分子伝達で認知するということ。(5th+4th=oct.) 小学3年生〜6年生までの間に、百科事典を読破しました。 19歳で起業してから44歳までの25年間で、新聞図書費で2億円使いました。 クイズミリオネアは、TVの前で2回全問クリアしました。 その他、クイズ番組では、TVの前で何度も優勝しました。 でも、おかげで人生は自分なりに豊かになり…… 続をみる.  コメントどうもありがとうございます。, 行間を読めているからです。 ∴「お母さんのあおうえい」∵山毛欅焉、卍凸品亓. 私にご連絡される方は、山田のTwitter(@koji_yamada_11)のDMにてメッセージをお寄せください。確実に私まで届きます。 From now on any messages to me need to come from the separate comment only blog site, since adding a comment section in the main blog impacts on its security performance.  同次元という意味は分子伝達的自我ではなく、液共鳴自我ということです。後頭葉に理論中枢が芽吹いてきたのでしょう。始めは右後頭葉を自覚的に使うと良いです。, keinudidioより: 興味がわきました。 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。 反対の賛成なのだ! (※一節によると「バカボン」とは、サンスクリット語で「悟りを開いた人」という意味なのだそうです) (インナーサンズストリーマーズ/内在太陽風)」、波動学のこと。, ●いるか脳思考法 いるかが左右の脳を交代で睡眠することは既知である。人も前頭葉自我が変性意識(液共鳴自我が確立を始める頃から、左右の共鳴統合から解放される。この時期に記事にある思考法を行うことで、左右別々な思考や睡眠行動が可能になる。つまりそれは、前頭葉思考中枢に反射させずにそれらを行えるということである。, ●ウラシル外在用語:ウラシル (uracil) はリボ核酸を構成している 4種類の主な塩基のうちのひとつ。ピリミジン塩基である。, ●エビ化 哺乳類は神経伝達を一部位につき最低三つの指令で伝達しています。例えばそれが腕なら、正中神経、尺骨神経、橈骨神経ということです。そしてこの三つの神経系はそれぞれ、基音(ド)、3倍音(ソ)、5倍音(ミ)の関係にあります。 ところが前頭葉内思考が亢進することから、前頭葉内シナプス伝達分子を高分子化させます。これは偶数次倍音を作るためで、逆に分子が単純だと奇数次倍音に向かいます。つまり構造を複雑化させることで高周波を製造するのです。そして複雑化した伝達分子には当然倍音接合点が多く生まれます。共鳴の多様化を起こすわけです。 この多様化が体共鳴に於いて、部位の倍音分極を乱すことから、様々な愁訴を起こします。これが根底的成人病の発生機序です。 そして多様化させた伝達倍音は、23倍音ドロボールートを中心に体局部温度変化をもたらします。通常綺麗にグラデーションしているはずの部分温度変化を局在させるのです。これが甲殻類的な思考と体の共鳴状態で、エビ化と呼びます。, ●エーテル・空間媒質のこと。意識の基礎振動から造られ、六角形を構成する。認識(立体認識)の問題があるため基本的には平面で考察する必要がある。素粒子が顕在意識と潜在意識の影響下にあるのに対して、エーテルは潜在意識の影響下にある。よってエーテル=ダークマターとも言える。・空間媒質(エーテル)は六角形をしている。
その六角形が連なって更に大きな六角形を作る。大きな六角形の頂点には所謂、波動点や羽の地名が存在するはず。
そのポイントは地球(コア)意識を弱める波動力が働く。それはリミッター波動d8.4.2を受け取り易くもする。この事から考えられることは羽の付く土地では統合失調症罹患率が下がるであろうこと。又、全覚醒し難いであろうこと。・エーテル=電子殻とは、人が創っているということなのです。観測するから電子殻が有って、本来なら電子殻=軌道はなく、三々五々自由になっているものを、認知することで、整えている。
港のクレーンが錆びるのは、、、経年変化の錆びとは、認知~非認知の為せる技。
酸化還元反応、イオン化傾向、、電子の移動は認知があるから。
腕神経叢を意識するだけで、電子伝達の整理ができることも、電子に方角という意識(共鳴)が多大な影響力を持っているからなのです。, ●エーテル接続面或いはエーテル空間接続面エーテル同士境界或いは空間との境界のこと。現アカデミーの観測では電子殻。物質の次元により最外殻の位置が変わり、外側へ向け次元が上がる。これは内在に於いて内側へ向け次元が上がることとネガポジ関係である。, 「バカボン流干支解釈」子(0°)=腹膜、リンパ系/T6、T7丑(18°)=大脳/C7、C8寅(36°)=皮膚/T3卯(54°)=脚前側~下腹部共鳴/C0辰(72°)=第一胸椎~第五胸椎/T1~T5巳(90°)=肝臓、迷走神経、交感神経/T9、T10午(108°)=脾臓、血液系/T11、T12、L1未(126°)=副甲状腺、ソマチッド系/C4、C5、C6申(144°)=延髄、反射系/S5酉(162°)=橋、中脳/all control戌(180°)=胸部~裏腿、脹脛、踵の伝達/T8、T9、T10、L2亥(198°)=筋力錐体系/A10報酬系熊(216°)=体液、血液/S3<タヂカラオ>鯱(234°)=歯、咀嚼/L2、L3<歯軋り>ヒドラ(252°)=胸腺、体液、血液/S4<9次元腺脳>蛍(270°)=ルシフェリン、ルシフェラーゼ、O2、ATP、水/L5、S1<神経内伝達エネルギー生成翡翠(カワセミ)(288°)=柔軟な腰/L4<上下別々の動き>ニイニイゼミ(306°)=メタモルフォーゼホルモン<糖質コルチコイドver.