『ファイト』は、2005年3月28日から同年10月1日まで放送された、NHK連続テレビ小説の72作目である。, 群馬県高崎市と四万温泉をドラマの舞台にして、一時は父の仕事上のトラブルで家族が離れ離れになってしまい、自身も挫折や友人とのトラブルなどから精神的に傷つき不登校に陥った15歳のヒロイン木戸優(本仮屋ユイカ)が身を寄せた四万温泉の人々、厩舎の人々、そして運命の出会いの競走馬、サイゴウジョンコに見守られ、家族の幸せを取り戻し、やがて大好きな馬を育て、人々を元気にする牧場経営に意欲を燃やすまでを描くサクセスストーリーである。, 関東地区の2005年の平均視聴率は16.7%、最高視聴率は21.9%(ビデオリサーチ調べ)[2]であった。, 村上厩舎(群馬県高崎市にある設定)はぐんま競馬場内にある厩舎。中学、高校に通う際に優が毎朝立ち寄っている。, ぐんま競馬場のモデルである高崎競馬場は2004年12月31日限りで廃止された(ドラマ内でも「ぐんま競馬場」は廃止される)。現実での廃止前の高崎競馬では厩舎は境町トレーニングセンター(現在の伊勢崎市)にあったため、高崎市には厩舎は存在しない。, 村上厩舎のシーンの撮影は東京・世田谷区の馬事公苑で行われた。厩舎の建物はこのドラマの撮影のために特別に作られたオープンセットで、建物の壁が自由に外せるようになっていた。厩舎の休憩室(太郎の部屋)でのシーンはここで撮影されたものもある。環境変化に敏感な馬も厩舎のシーンで出演するので村上厩舎の馬房は、本物の厩舎に劣らない立派なものになっていた。撮影終了後は馬事公苑のイベントの時などに一般公開されていたが、ドラマのクランクアップ1周年が近づいた2006年8月に解体作業が始まり、9月中旬までに作業を完了した。, 駒乃館(群馬県中之条町)は四万温泉にある老舗の旅館。琴子の実家である。優が風花女子高校に合格したお祝いに家族で宿泊する。木戸家が物語の中で一時、旅館の寮に暮らしていた。, 館内のシーンはスタジオ撮影だが、旅館前のシーンは四万温泉に実在する旅館の前で撮影した。なお、旅館の主人、駒田隆行役の児玉清は、太平洋戦争中に四万温泉に疎開、幼少期の一時期を過ごした経験がある。, 番組では「歌う女将」・絹子として登場する由紀さおりが、毎週日本を代表する歌謡曲や叙情歌を劇中に織り込んでいく。, (※)2005年8月の放送から、ストーリー展開上時間が余った場合に、本仮屋らが歌うヴァージョンが放送されている。ちなみにこれが初めて放送されたのは後述の特別編だった。, 連続テレビ小説が1番組半年間のシリーズになって以後は26週間が原則だが、本番組は次作『風のハルカ』の放送開始日を、下半期放送作品の本来の開始日に当たる10月第1月曜日(10月3日)に当てるための調整の意味もあり、27週間放送された。, 2005年8月16日 に宮城県沖地震に伴い、翌17日に午後12:45-1:00、午後1:05-1:20に放送した。, 2005年7月18日の本編放送終了後の午前8:35 - 9:30に特別編「"わたしのファイト" 覚えてますか?10代、戦う勇気と信じる心」が放送された。この番組は単なる前半戦のダイジェスト版だけでなく、番組出演者の10代の思い出や視聴者からの投書を取り上げたものである。副音声解説はなく、ステレオ放送だった。, 2006年3月6日から9日までNHK衛星第2テレビで、同年3月21日にNHK総合テレビで総集編が放送された。, https://web.archive.org/web/20050411023823/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2005/sun050403.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ファイト_(テレビドラマ)&oldid=80144441, ※競馬場でのレース実況アナウンスはNHKのスポーツ中継に出演するアナウンサーが出演した。. 群馬県 高崎市 と 四万温泉 を ドラマの舞台 にして、一時は父の仕事上のトラブルで家族が離れ離れになってしまい、自身も挫折や友人とのトラブルなどから精神的に傷つき不登校に陥った15歳のヒロイン木戸優( 本仮屋ユイカ )が身を寄せた四万温泉の人々、厩舎の人々、そして運命の出会いの 競走馬 、 サイゴウジョンコ に見守られ、家族の幸せを取り戻し、やがて大好きな馬を育て、人々を元気にする …