リモート ワーク 最新, 労働生産性 向上 事例, Seguros; Fianzas; Artículo 103; Fechas Disponibles. B-casカード 入れ替え 映らない,  そして訪れる父親との再会。「おまえの人生を壊してしまった」と謝る父親に「これだけで十分だったの」と思い出の「猿がテニスラケットを振るおもちゃ」を見せる玲子。試合で負けて泣いていたときに父親が買ってくれたもの。一度壊れてしまったけれど、それを再び繕うことから立ち直ったのだと、そう玲子は父親に伝える。, 鬼滅の刃シールだけ抜き取ってお菓子は食べずに捨てられていた… コンビニ店員の告発画像が話題に, 列島沈没ですっ!もし海面が100m上昇したら…の地図が深い 作成のきっかけは神戸観光だった, 焼香台の前で急にグラついた義母。「新春隠し芸大会か!」思わず心の中で突っ込んだワケ, 「会社はなんで俺のことを手放すんだ」 57歳で肩を叩かれたサラリーマンは、どう“復活”したか, 長谷川博己の熱量半端ない。いよいよ次週の「叡山焼き討ち」。信長が危機一髪に陥った「元亀」の3年間が始まる!【麒麟がくる 満喫リポート】, Copyright © 2020 FUSOSHA All Rights Reserved. 内閣官房、 Aplicaciones Asiduas; Grupos Cerrados; Cómo Inscribirme. CDMX y Guadalajara WEB制作 バイト 大阪,  第3話で描かれた、玲子(松岡茉優)とキスした次の日のことだ。早乙女健(三浦翔平)への失恋でぽっかり空いた穴を、すぐさま埋めてくれた慶太。その深い包容力に救われた玲子は、また空虚さを抱えてしまう。彼がいないということが、無情にも想いを増幅させる。, 慶太の不在に重なるかのように、最終話では玲子とその父親(石丸幹二)との再会の物語が描かれていった。これまでにも何度かフラッシュバックしていた、玲子の学生時代に、玲子の父親が警察に捕まってしまう場面。それがなぜ起きてしまったのかというのは「中学のとき、父が逮捕されたんです。私のせいで」という玲子の告白によって明かされていく。

Cancún, Chihuahua, Culiacán, Hermosillo, León, Mérida, Monterrey, Morelia, Puebla, Querétaro, Tijuana, Torreón, Veracruz. Filosofía CEI; Exámenes. 宝塚 新人公演 歴代,  極めつけは、テニススクールでその才能を認められたことで、大会への遠征費やテニス留学に莫大なお金がかかったこと。玲子の父親は彼女の喜ぶ顔が見たくて、歯止めが効かなくなってしまっていた。, そしてその莫大なお金は、実は会社で長年横領して得ていたということが、ある日突然父親が警察に連行されて知ることになる。玲子の“清貧”を突き詰めた生き方の原点には、そうした過去が関係していた。 夏海 ラーメン おすすめ.  実は玲子の中学生時代は、慶太のようにお金づかいが荒かった。というよりも、玲子の父が彼女の欲望にすべて応えてくれていたのだ。望めばなんでも買ってくれたし、なんでもやらせてくれた。

Nosotros.

スタディング 税理士 ブログ, 厚生労働省、 ジェットスター 副操縦士 年収,

あらすじネタバレや豆知識に続いて、リングに関する感想や評価をまとめてまいります。怖い!ということは明らかですが、実際に映画をご覧になった方は、その他にどのような感想を抱いたのでしょうか?巨人と人間との戦いを描き大ヒットを博した漫画『進撃の巨人』は、...人気映画作品『デッドプール』シリーズ。少し過激な部分があるもの...リングは1998年に東宝の配給で公開された映画で、呪いのビデオを巡り展開されるジャパニーズホラーとなります。鈴木光司の小説「リング」を原作としており、続編小説である「らせん」も同じタイミングで製作され、リング、らせんが同時上映され話題となりました。人気映画作品として知られている『デッドプール』シリーズ。過激な...竜司が呪いから解放されていなかったことに愕然とする玲子。自分と彼とで何が違っていたのか。そして玲子は、呪いのビデオをダビングしていたことに気付きます。ダビングしたビデオを他の人に見せて呪いを移す、そう結論付けた玲子は、父親のいる実家へと車を走らせます。父親にビデオを見せ、陽一を呪いから救うために…。以上がリングの結末ネタバレとなります。自分で自分を増やす以外の方法として、呪いのビデオが活用されることになりました。このビデオを見た人間はリングウイルスと呼ばれるウイルスに感染しますが、このウイルスには貞子の遺伝子情報が含まれています。そして、排卵日の女性がこのウイルスに感染すると、卵子に受精して妊娠…貞子と同一の存在が産まれてくることになります。弟切草とは2001年に公開された日本のホラー映画作品です。映画...貞子の正体という、とてつもないネタバレから先にふれてしまいましたが、ここからはリング本編に関するあらすじをネタバレで解説してまいります。貞子や呪いのビデオがどのように関わってくるのか、ネタバレをお楽しみください。リングのあらすじネタバレ、そして恐怖満載の結末ネタバレは如何だったでしょうか。ここからは、リングの主要な登場人物(キャスト)を解説いたします。『アベンジャーズシリーズ』などで活躍するロキは最弱のヴィランと...伊豆大島の調査で山村志津子という女性が浮かび上がります。彼女は伊豆大島における噴火を千里眼によって予知した超能力者であり、それが新聞記事となったのでした。彼女こそ貞子の母親となりますが、三原山の火口に身を投げてこの世を去っていました。智子たちが宿泊した伊豆のペンションへと向かう玲子。室内には特におかしな箇所は見当たりません。何か手がかりはないかと思案する玲子は、フロントで貸し出しているビデオの中に、何のラベルも貼られていない1本のビデオを見つけます。実写映画「進撃の巨人」は、2015年に前篇・後篇の2部作で公開...原作である小説版リングでは、浅川和行という男性になっており、映画化にあたり性別が入れ替わっています。テレビ局のディレクターという職業も映画オリジナルで、元は記者を勤めていました。呪いのビデオに翻弄される主人公を、松嶋奈々子が演じています。映画のネタバレとなる描写も若干含んではおりますが、リングの予告動画をご紹介いたします。本編の恐怖をうかがい知ることができる予告となっております。先に調査をしていた竜司によると、志津子は超能力を研究していた伊熊平八郎によって、マスコミに注目されることになったとのことでした。しかし、伊熊平八郎が志津子の超能力を証明しようと開いた公開実験の折に、超能力に言いがかりをつけてきた記者がその場で突然死んでしまいます。映画のリング、見たことありますよね?あれって呪いのビデオ見ちゃったあとに電話かかってくるでしょ。でさ、夜中に一人でリングを見てたわけ。夜が明けるかなってころに見終わって、ビデオ巻き戻してたら、突然、家の電話が鳴り出した。あれは怖かったです。部屋に戻り見つけたビデオを再生する玲子。映像には、鏡の前で髪をとかしている女性、噴火に関する新聞記事、ぽつんと映る井戸…といった脈絡のない意味不明な場面の移り変わりでビデオは終わります。直後、部屋に突如電話の呼び出し音が鳴り響き、玲子が応答するも不気味な無言電話でした。一連の現象から、自分が見たのは呪いのビデオだと玲子は確信します。呪いのビデオの騒動が終わり、竜司は1人自宅に戻ります。ふと何かを感じてテレビの方に目を向けると、いつの間にか画面がついており、あの井戸が映し出されています。そして、井戸からゆっくりと、髪の長い女性が這い上がってきます。恐怖で逃げ出すこともできない竜司をしり目に、その女性は徐々にテレビ画面の方に近づいていき、終いには画面から出てきて竜司の家に出現します。劇場版『進撃の巨人』の実写版キャストでエレン役を担当した三浦春...主人公である玲子は、実の父親を犠牲にして息子の陽一を救い出そうとしました。無関係な赤の他人ではないあたり、良心があるからでしょうか。自分だったらどういった選択をするか、とても考えてします感想です。あらずじのネタバレに続き、いよいよリングの結末をネタバレで解説してまいります。果たして呪いを解くことはできるのか?気になる部分のネタバレです。リングをネタバレ解説!貞子の正体は?映画のあらすじや感想・結末まとめのページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。コンピューターウイルスである貞子は仮想現実世界で次第に増殖し始めて、最終的には世界中が貞子で埋め尽くされるというおぞましい結末を迎えてしまいいます。貞子の増殖方法に関しては、大きく2パターン存在しており、貞子の特徴とともにその増殖パターンも解説いたします。ジャパニーズホラーの代表作「リング」、そしてリングの登場する最恐キャラクターである貞子。映画で公開されたリングとはどのような作品なのか、そのあらすじや結末をネタバレでご紹介します。また、リングに欠かせない存在である貞子とは一体何者なのか?その正体についてもネタバレで解説してまいります。作品を視聴した方の感想もまとめますので、今まで怖くてリングを観ることができなかった方も、このネタバレでばっちり興味が湧くこと間違いなしです!女子高生の大石智子は、友人である雅美と自宅で夜を過ごしていました。智子は雅美に奇妙なビデオを見たと告げます。冗談だと思い本気で心配しようとしない雅美。しかし智子が1人になっている間に、智子は原因不明の死を遂げてしまいます。その死に顔は、この世のものとは思えないほどの恐怖に歪んでいました。映画版リングしか観たことのない方にとっては小説版の大きなネタバレとなってしまいますが、小説版におけるリングの世界は仮想現実世界での出来事になります。これは、リング・らせんの続編である「ループ」にて明かされる壮大なネタバレ要素になります。そして、その仮想現実世界における貞子の正体は、その世界で不具合を巻き起こすコンピューターウイルスだったのです。リングの怖さの秘密には、やはり映画のテーマにもなっている呪いのビデオの不気味さがあります。意味の分からない映像がひたすら続く演出が怖さに拍車をかけています。そして、怖さを語るうえで外せないのが、結末ネタバレでも触れた、映画のクライマックスで貞子が竜司を呪い殺すシーン。貞子のおぞましいまでに睨みつける表情が、映画を観る者全てにとてつもない恐怖を与えました。まだ本格的に女優として活躍する前の竹内結子。彼女が演じるのは、劇中で最初の犠牲者となった玲子の姪、大石智子です。智子の恐怖に染まった死に顔は、リング序盤を語る上で欠かせないポイントです。やはり伊豆のペンションに何か鍵がある。玲子と竜司はペンションに移動すると、用意してきた道具で床下に侵入します。部屋の真下、そこには呪いのビデオに映っていた井戸がありました。井戸に触れると、伊熊平八郎が貞子を井戸に突き落とす、残留思念のような映像が頭に飛び込んできます。井戸の中にいる貞子を見つけて成仏させれば…2人はその可能性に一縷の望みをかけます。「約束のネバーランド」(約ネバ)は、人間を食べる鬼の食糧として...リングと言えば貞子、貞子と言えばリングと言っても過言ではないほどリングを象徴する存在である貞子というキャラクター。彼女の正体は一体どういう存在なのか?原作である小説、および映画それぞれの描写から貞子の正体を解説いたします。大人気漫画『BLEACH(ブリーチ)』に登場する朽木白哉を実写...大ヒットコミック「約束のネバーランド(約ネバ)」が日本で実写映...デッドプールという映画作品にはジャガーノートと呼ばれているキャ...記者を殺したのは、その場にいた幼い頃の貞子で、彼女は志津子よりも強力な超能力を持っており、念じるだけで人の命を奪うことができるほどでした。志津子はそのことを憂い、後に自ら命を絶ってしまいます。貞子こそが呪いのビデオを作り上げた元凶である。玲子と竜司はそのような結論に至るのでした。以上があらすじのネタバレになります。貞子は両性具有という特徴があり、睾丸性女性化症候群と呼称される疾患の持ち主でした。そのため、子宮を持ち合わせておらず、自らの体で妊娠・出産はできない体でした。しかしながら、らせんの劇中で復活した貞子は、両性の生殖能力を得ることに成功。自分1人のみで子供…もう1人の貞子を産み出せるようになり、増殖に歯止めがかからなくなってしまいます。人気漫画『進撃の巨人』は三浦春馬主演で実写映画化されました。本...何とか呪いを解こうと、玲子は別れた元夫である高山竜司の元を訪ねます。竜司は超能力者であり、ビデオの内容を解明する助力になると考えたからです。実際にビデオを見た竜司も呪いの存在を信じ、2人は協力してビデオの映像から手掛かりを探し出そうとします。リングと言えば、やっぱりテレビ画面から這い出る貞子。こちらの感想を見るに、当時映画を観た人たちもテレビが恐怖の対象になるなんて、という感想を抱いたのかもしれません。「週刊少年ジャンプ」で連載された作品「BLEACH(ブリーチ)...「かぐや様は告らせたい」は、実写映画化もされた大人気漫画でした...大人気シリーズ映画「ハリー・ポッター」には様々な裏設定や怖い都...そんな中、竜司と玲子の子供である陽一が、呪いのビデオを見てしまうという出来事が起きてしまいます。これで何か何でも呪いの謎を解明しなければならなくなった玲子は、陽一を父親に預け、自らも伊豆大島へと足を運びます。ジャパニーズホラーが海外でリメイクされることは多々ありますが、リングもまた「ザ・リング(原題:The Ring)」として2002年にアメリカで映画化されています。それだけでなく、「ザ・リング2」「ザ・リング/リバース」といった続編も製作されるなど海外でも人気を博しています。貞子の遺体を抱きしめる玲子、タイムリミットが過ぎていることを告げる竜司の声が井戸の入り口から聞こえてきます。玲子は貞子の呪いから解放されたのでした。超怖いホラー映画であるリングの主題歌ではありますが、曲調は非常に明るいものです。そして、よく聞くフレーズ以外の歌詞もあまりホラーテイストではございません。かと言って、リングの主題歌としてはもうこれ以外あり得ない、と感じるほど全くミスマッチでなく不思議な曲となっております。アニメの実写版映画『地獄少女』の結末やあらすじやネタバレを、ネ...もう1人の主役である高山竜司役は真田広之です。結果的に貞子の遺体の発見は呪いの解放には繋がりませんでしたが、彼がいたからこそ玲子は助かったのも事実です。超能力を駆使することにより、映画では小説よりも過去に何が起きたかの調査が大幅に短縮されることにも一役買っております。X-MENのキャラクターの中でも物語の中心として活躍するのがサ...ビデオ、ダビングという単語自体、もはや懐かしい言葉ですが、身近にあるがゆえに観終わった後も気になってしまうものがあります。今からリングシリーズにどっぷり浸かりたい、という怖いもの好きな方は是非このリングからじっくりチェックしてみてください!遂には竜司の目の前まで辿り着き、白目を剥きおぞましい形相で竜司を睨みつける貞子。竜司は貞子に呪い殺されてしまいます。テレビ局のディレクターである浅川玲子は、姪である智子が突然亡くなったと聞き通夜に訪れます。車内で見つかった若者の変死体を調査していた玲子は、若者と玲子が同じ日の同時刻に亡くなっていることを知ります。智子を含めた若者たちは、伊豆のペンションで一緒に呪いのビデオを見ていたのです。本記事では、ジャパニーズホラーの代表作であるリングについて、あらすじネタバレ、結末ネタバレ、そして作品の感想についてまとめてまいりました。今でこそ、リングシリーズは多くの映画が作られ、貞子というキャラクターも広く認知されるようになりましたが、本作の頃は得体の知れない恐怖の対象でした。リングの監督は中田秀夫が担当しております。1992年に「本当にあった怖い話」で監督デビューを果たします。同じく鈴木光司の小説を原作とする2002年の映画「仄暗い水の底から」でもメガホンを取っており、黒沢清や清水崇とともに、ジャパニーズホラーを代表する監督の1人に数えられています。ビデオの中の男が発する言葉が伊豆大島の方言であることが分かり、噴火に関しては同じく伊豆大島にある三原山を指すものだと判明します。伊豆大島に何か手掛かりがある。竜司はそれを突き止めるために伊豆大島へと向かいます。『地獄少女』の実写版がひどいとネット上でも話題になっています。...パイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパロウというキャラク...本名は山村貞子(やまむら さだこ)であり、かつて伊豆大島の噴火を予知したとされる山村志津子の娘になります。志津子に関しては、この後のあらすじネタバレでも触れてまいります。貞子は念じるだけで人を殺すことができるという、大変物騒な超能力を持っています。そのため人々から恐れられる存在となりますが、それが次第に呪いのビデオによる事件を起こすことに繋がっていきます。ここまでリングのあらすじや結末のネタバレ、登場人物(キャスト)をご紹介してきました。それ以外の情報として、リングの豆知識をご用意いたしました。これで怖がりなアナタも大丈夫!?超能力という描写は控えめになっておりますが、その分、原因の分からない呪いという現象も際立つことになります。日本版映画リングの浅川玲子に相当する主人公のレイチェルをナオミ・ワッツが、高山竜司の立場となる元夫のノアをマーティン・ヘンダーソンが演じております。このあたりの男女の関係性は、原作小説ではなく映画リングを踏襲した設定となっております。玲子と竜司は協力して井戸の水をバケツで外に出し、遺体になっているであろう貞子を見つけだそうとします。玲子が呪いのビデオを見てしまってからちょうど1週間、刻一刻とタイムリミットが迫ってきます。竜司と交代して、自ら井戸の水を汲みだす玲子。もう終わりかと思ったその時、井戸の底から白骨化した貞子の遺体が見つかります。映画リングの主題歌は「feels like HEAVEN」という曲で、H II Hが担当しておりました。「うーうー きっと来るー」という歌い出しが印象的で、映画リングを鑑賞した方々にも記憶されています。ご紹介する動画は、リングおよびらせんのネタバレも含んでいるので未視聴の方はご注意ください。観た人なら「あるある!」と思わず同意してしまう感想。ホラー映画を観ている最中に鳴り響く電話ほど怖いものはありません。日本の怖い映画、という話題になった際に確実に代表作として上げられる「リング」。この作品をネタバレで解説します!リングを象徴するキャラクターである貞子、その正体についても同様にネタバレで迫ってまいります。そして、実際にどれくらい怖かったのか?リングの感想や評価についてもご紹介いたします。頭脳明晰な生徒会長と副会長の恋模様を描いたラブコメディー漫画『...中谷美紀が演じる高野舞は、竜司が勤めている大学の学生です。竜司とは教え子であり、恋人でもある関係になります。本作リングではあまり出番はありませんでした。しかし、続編である「らせん」や、「らせん」とは異なる展開をする別パターンの続編「リング2」では重要な役どころになります。, 変死か! バリ島 デング熱 流行時期, 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報も合わせてご確認ください。, テレビ番組の新情報をはじめ、記者発表会や舞台あいさつ、出演者・スタッフインタビューなどの取材記事をお届けします。, ご興味に合わせたメルマガを配信しております。企業IT、テクノロジー、PC/デジタル、ワーク&ライフ、エンタメ/ホビーの5種類を用意。. 4つの命を奪う少女の怨念〜』での貞子。山村貞子が生きる世界は、実は現実世界の様々なシミュレーションを行うために、巨大なコンピュータ内に現実と同じ条件をプログラムして作られた、「ループ」と呼ばれる仮想の地球であり、貞子、浅川や高山ら登場する人物はコンピュータ上に生きる人間のプログラムとして登場する。この設定は『リング』『らせん』では明らかにされておらず、原作最終巻『ループ』にて初めて読者に明かされた。シリーズ第1作『リング』は、主人公らが「呪いのビデオ」を生み出した人物である貞子の足取りを追っていく物語となっており、その中で生前の貞子の経歴が徐々に明かされていく。1998年の映画版とその関連作品では、原作の設定をある程度踏襲しつつも、経歴の年代などが変更されている。作中に登場する霊能力者の常磐経蔵は、一時的に貞子を追い払う力を持つ。実の母親であるエヴリンは2作目に登場し、精神病院で入院している。実の父親の存在は不明。2作目では、彼女の邪悪な一面が分離した「イーブルサマラ」が登場。レイチェルやエイダンをテレビの中に引きずり込む。エイダン・ケラーに憑依し彼を操った。その際、他の人間を操作したりなどして呪殺する。『リング2』の直接的な続編で、これまで通り怪物として描かれるが、本作では呪いの拡散を目的としておらず、肉体の復活を目的としている。貞子の狂信者である霊能力者の祖父江初子によって監禁された少女に体が乗り移るように儀式を行っていたが、霊力の強さから半分少女の体に乗り移って、マンションを霊力で放火して初子の他3人を焼死させる。本作はあくまで少女の体を完全に乗っ取る事を目的としており、現場に遭遇した相手の前に姿は見せるが、被害者は精神崩壊を起こす程度までにとどまっている事が多く、儀式を邪魔した相手のみ呪い殺している。『リング』以来のテレビから這い出て直接出現するが、殺戮までには至っていない。動画配信サイトに呪いのビデオに類似した動画が映るものの呪いの効力があるかどうかは不明。また本作からは第一作の終盤まで素顔を見せない描写がされており、「貞子が素顔を見せた相手は死ぬ」という設定が明確化している。呪いのビデオは1990年代の有名な都市伝説という設定であるが、内容は所在地不明の廃墟の家の内部が映るだけ(家のドアが徐々に開き、貞子がその姿を現す)など変更されている。呪いの回避方法は「ビデオを他人に渡す」といった噂(実際の効果はない)があるが、「ダビングして見せる」という手段は存在しない。ビデオを見た直後には、正体不明の無言電話がかかってくる。呪いのビデオはリサイクルショップでビデオデッキごと中古で販売されていた。リサイクルショップの店員・小林恵子も見ており不可解な自殺を遂げる。貞子本人も時には姿を現すうえ、映画『リング』以来のテレビから這い出て直接出現するシーンがある。貞子はビデオを見た人間に憑依しており、期限前に自殺しようとした人間も呪殺する。また、霊媒師などを使って除霊しようとすると、他の人間を操って呪殺する。呪殺方法は心臓発作ではなく、ありえない方法による自殺など。戦闘の際には頭髪による攻撃を多用し、俊雄をテレビに引きずり込んだりする。貞子を封印するための井戸(井戸の役割も変更されている)も、伽椰子の家(「呪いの家」)の裏の林に存在する。安藤満男の妻美和子は原作と違い離婚しておらず、孝則を事故で失ったショックで記憶喪失になり精神病院に入院している。後に貞子に事実を告げられ逆上して満男を襲うが正気を取り戻し和解する。後日談「ハッピー・バースデイ」では、貞子の末路について触れられている。高山はループ内に増殖していたクローン貞子を急激に老化させて死亡させる新ウィルスを自分の身体を犠牲にして開発したため、貞子は滅ぼされてループ内は救われる。そして、現実世界でも高山の抗体情報を元にワクチンが作成され、人類は滅亡から救われた。貞子は「呪いのCD-ROM」を介して出産した女性の肉体(その際、女性に悪夢を見せ追い詰める)をコピーし、成長後本人を抹殺する。なお、原理は不明だが本人の死体は消滅する。男性の場合、その場で死亡。貞子がコピーしたのは安藤満男の勤める青葉学園女子高校の生徒・西島久美子の姉のOL西島美咲、TVレポーターの高村典子、最終的に前作から事件を追っていた高野舞となる。本人同様、超能力を使えるが、コピーした女性の体質まで受け継いでしまう。美咲の場合、彼女の持つ植物アレルギーで死亡する。出産の際、赤い月が出現する。また、細胞の急激な成長による老化現象を起こしており、当初は自然に自滅するかに思われたが黒幕の東の手により復活する。彼女の遺骨を取り出し復活させた陸田いわく「細胞だけでも生きようとする執念・怨念」。彼女の細胞の一部を移植すると動植物を急成長させる超能力を使えるようになる。ただし、動物や人間は肉体しか成長させることはできない。陸田の協力者、今西聖司はこの能力を利用して狭戸村で暗躍することになる。また、場合によってはその内容を実現させる予言能力を持ち、東健一(織田恭助)はこれで自称ノストラダムス研究家の河合徹の存在を利用する。貞子や東健一(織田恭助)の要求は「呪いのCD-ROM」の内容を日本全国に放送して広めること。半陰陽者ではないため、メカニズムは不明だが、一人で出産する能力を持ち、安藤孝則、安藤満男を出産する。原作と違い、孝則は満男が貞子の要求を退けるため死亡する。満男自身も肉体の寿命で死亡する。高野舞の姿の貞子は最後、自分を殺害しようとした陸田を殺害した後、ビルから転落し死亡して怨念も消滅する。容姿などは『リング』シリーズに準じているが、『呪怨』シリーズとのクロスオーバー作品という都合上、設定はアレンジされている。限られた尺で『呪怨』シリーズの要素も描かなければならないうえ、物語終盤で貞子と伽椰子の直接対決を実現させるためにも、呪いのビデオを見た者が死亡するまでの時間は2日間(48時間)へ短縮されており、描かれるのは「呪いのビデオを見ると電話がかかってきて、その2日後には死亡する」だけという、貞子の出生やその他の出来事を省略した設定となっている。以降の展開は『らせん』と『リング2』で異なる展開が描かれている。, 「リング」「らせん」の次は「ループ」。 どんどん壮大になっていく~!作者情報鈴木 光司(すずき こうじ)生まれ:1957年静岡県経歴:慶應義塾大学文学部仏文科卒業。大学卒業後は専業主夫をしながら自宅で学習塾を開き、1人で全教科を教えながら小.