純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)は学校が終わると、中畑(地井武男)の家に行き、 野生動物の餌付けは動物のためにはならないことなどを学ぶ。, 一方、五郎(田中邦衛)は生産調整で食紅が混入された赤い牛乳でバターを作ったり、

東京に純を送り届けたらすぐ富良野に引き返すという叔母の雪子の話に動揺する・・・ (1981年10月23日放送), 東京の妻、令子(いしだあゆみ)が依頼した女性弁護士・本多(宮本信子)が五郎(田中邦衛)に会いにくる。

純は螢が餌付けをしているキツネに石を投げつける・・・(1981年 11月06日), 純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)が、雪子(竹下景子)が編むマフラーは草太(岩城滉一)へのクリスマスプレゼントであると早合点し、おしゃべりな純が草太にそっと耳うちしてしまう。喜ぶ草太にいちゃん。

二人の子ども、純(じゅん=吉岡秀隆)と螢(ほたる=中嶋朋子)を連れて、故郷の地でやり直そうと北海道・富良野に帰ってきた。 富良野の街中から20キロほど奥に入った麓郷(ろくごう)という過疎村に朽ちかけた五郎の生家が残っていた。 純「電気がない!?電気がなかったら暮らせませんよっ!」 五郎「そんなことないですよ。」 純「夜になったらどうするの!」 五郎「夜になったら眠るんです。」 1981年 第一話より .

純や螢たち、分校に通う子どもたちの親にあてて、学校の教師である凉子(原田美枝子)について 安心した純は、秋までに力をあわせて丸太小屋を建てようという五郎の計画を楽しみに・・・(1982年 1月29日放送), 夏休みも近づくとある日に、雪子(竹下景子)が令子(いしだあゆみ)と弁護士をつれて富良野へ戻ってくる。

すべての画像・データについて無断使用・無断転載を禁止します。. 日常的な身の回りの出来事から、世界を揺るがすニュースまで、本が扱うテーマは森羅万象。四季折々の年間イベント、仕事、暮らし、遊び、生きること、死ぬこと……。さまざまなテーマに沿う本の扉をご用意しました。扉を開くと読書の興味がどこにあるのか見えてきます。, 〈とんぼの本〉は、1983年の創刊。 美術、工芸、建築、写真、文学、歴史、旅、暮らしをテーマにしたビジュアルブック・シリーズです。, 一冊の本には、他のいろいろな本とつながる接点が隠れています。100年前の物語や、世界の果ての出来事と、実は意外な関係があるのかもしれません。本から本へ、思いがけない出会いの旅にでてみませんか。どのルートを選ぶかは、あなた次第です。, 「純、蛍。金なんか望むな。倖(しあわ)せだけを見ろ。」『北の国から2002 遺言』(フジテレビ)より。巨匠の全作品から厳選した四〇〇余の珠玉のセリフ。初の名言集。, 「同情ってやつは男には――つらいんだよ」「威張っているのは親の権利です」「人生は、アップで見れば悲劇だが、ロングショットでは喜劇である」「金なんか望むな。倖せだけを見ろ」「子どもがまだ食ってる途中でしょうが! 草太は感激のあまり悶々として眠れず、雪明りの夜、雪子を連れ出してキスをする。 自動車も役には立たず、吹きだまりに落ちてしまった車の中で凍死寸前になっていた雪子と純は、

原野で生き抜いてきた父の従兄、清吉(大滝秀治)の「お前は負けて逃げるんだぞ」という別れの言葉や、 本書のオビには「純、蛍。金なんか望むな。 倖 ( しあわ ) せだけを見ろ。」というセリフが掲げられています。この出典はわかりやすいでしょう。そう『北の国から』です。ただし、正確には「『北の国から2002 遺言』より」ということになります。 純は胸をつまらせ「少しでも長く母と一緒にいたい」と切望するが、 その現場に、ひょっこりスナック駒草のこごみ(児島美ゆき)が会いにくる。

この事件については他言せぬよう純(吉岡秀隆)を口止めをする。, ところが純は、富良野のへそ祭りの夜、

電話口から呼ぶ母親(いしだあゆみ)の声に背をむける・・・  (1981年 10月30日放送), 純(吉岡秀隆)は妹の螢(中嶋朋子)にくらべて原始生活に慣れるのが遅かった、

だが純は、本多が父を非難することに耐えられない。 「2年前、東京で生徒を殴って自殺させた暴力教師だ」という投書が舞い込む。, 五郎(田中邦衛)や中畑(地井武男)は凉子をかばうが、 その合間をぬって子どもたちの転入手続きに分校を訪ねた。 だが、一人きりのうら若い女教師、木谷涼子(原田美枝子)は、

純の語り「吹雪はそれからまる二日続いた。

一方、五郎は山子に出て、“ヘナマズルイ”変わり者で通っている老人から、 倉本聰さんの頭の中には「北の国から」のその後のストーリーがあるそうです。「北の国から」のファンの方はご存知でしょうが、僕は最近知って驚きました。文藝春秋の2012年3月号に掲載されている3ページほどの文章ですが、かなり濃い内容になっています しかし12月の寒さでパイプのどこかが凍結してしまってなかなかうまくいかない。

純は妹の螢(ほたる)に町へ手紙を出しに行かせたが、螢は途中で手紙を川へ落とし、 !」

一方、富良野の暮らしになじめない純は、父の留守に東京の母(いしだあゆみ)に助けを求める手紙を書き、

しかも五郎はほとんど一日中、台所にひっこんで料理を手伝い、葬儀が終わると翌朝には北海道へ帰るという。 「東京へ帰りたい」と父の五郎(田中邦衛)に訴える。 そこで本多は学校帰りの純と螢を待ち伏せて、令子の思いを伝えようとする。  では、カバーのソデにある以下のセリフの出典はおわかりになるでしょうか。

【伝説のテレビドラマ】『北の国から』シリーズで純が言った52回の全「〜わけで」集. 中学の受験のことしか頭にないかつての遊び友達。

このブログに関するお問い合わせはサイトマップ内の『お問い合わせ』からお願い申し上げます。.  今年春まで上智大学で教鞭を執り、メディア評論で著名な碓井さんは元々テレビマンユニオンでプロデューサーとして活躍していた方。倉本さんを師と仰いで40年という長い歴史があるのです。その「愛弟子」が選び抜いた名ゼリフの数々は、心に沁みるものばかり。この師弟関係があればこそ生まれた本書をぱらりとでも目を通してみてください。倉本ドラマファンならずとも、引き込まれること必至です。, 1955(昭和30)年、長野県生まれ。メディア文化評論家。博士(政策研究)。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。テレビマンユニオン・プロデューサーを経て、2020年まで上智大学文学部新聞学科教授。著書に『ドラマへの遺言』(倉本聰との共著)など。, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. 草太(岩城滉一)や雪子(竹下景子)に連れられ、日帰りで大雪へ滑りに出かける。 北の国から98 「時代」より .

ついつい口をすべらせる。, 一方、五郎は令子(いしだあゆみ)との離婚が正式に成立して落ち込み、 まだ火をおこすのも一苦労。純には父の五郎(田中邦衛)が螢ばかりえこひいきして可愛がって、 1 意外と知らない『北の国から』ってどんなお話なの? 2 『北の国から』連続テレビドラマシリーズのあらすじ. 夢中で落とした手紙を追いかけて迷子になってしまう・・・(1981年10月16日放送), 純(吉岡秀隆)は富良野の原野での厳しい生活に耐えれず、叔母の雪子(竹下景子)を通して

怒った螢は純とは口をきかない。 その様子がニュース番組で紹介されたが、あり得ない作り話、夢物語として扱われていた。

幸いにも二人は無事にみつかり、五郎(田中邦衛)は凉子の教師である立場を考えて、 スナック「駒草」のホステス、こごみ(児島美ゆき)に慰められて朝帰りする・・・ (1982年2月19日放送), 五郎(田中邦衛)がスナック「駒草」のこごみ(児島美ゆき)に入れ込んでしまう。

純は螢(中嶋朋子)と二人で五郎の待つ麓郷に帰る。, 五郎は完成した新しい丸太小屋で暮らし始めていた。

 記憶の片隅にドラマの場面が残っていたり、あるいは見たことがないのに情景が浮かぶような、思いもよらぬ名セリフに出会えるのが本書です。読み始めたら止まりませんから、その感覚もお楽しみください。, 本書は倉本ドラマ全作品(!)の中から名ゼリフを400余点抜き出し、「男とは」「女とは」「親子とは」「仕事とは」「戦争とは」「社会とは」といったテーマ別に章立てした作品です。

!」――『前略おふくろ様』、『北の国から』、『やすらぎの郷』など幾多の傑作を送り出した巨匠・倉本聰の全ドラマ作品から、愛弟子が精選した四百に及ぶ名ゼリフ。初の名言集。, 本書のオビには「純、蛍。金なんか望むな。倖(しあわ)せだけを見ろ。」というセリフが掲げられています。この出典はわかりやすいでしょう。そう『北の国から』です。ただし、正確には「『北の国から2002 遺言』より」ということになります。『北の国から』シリーズの掉尾を飾る作品から黒板五郎、すなわち田中邦衛さんのセリフを抜いたわけです。

つららは草太の友だちや両親の力を借りて彼の目を覚めさせようとするが、恋のとりこになった彼は振り向かない。 北海道に越して、半年の間に自分が何もかも流行から後れてしまった事にショックを受ける純。 一方、純は性を意識しすぎて、やたらに女性の胸や白い足が気になってしまう。

バブル真っただ中での1981年~2002年まで放送された不朽の名作“北の国から”。 物が溢れかえった都会を離れ、2人の子供と一緒に北海道富良野での生活を楽しむ五郎さんの心がこもったセリフや五郎と接する周りの人物の名言をま […] 純の希望通りに純を東京の別れた妻、令子(いしだあゆみ)のもとへ帰すことに。 そのことで螢をはじめみんなの気持ちが傷つく。

次の日、玲子は楽しげに五郎の手伝いをする純と螢をそっとのぞき見ただけで東京へ戻る。

いつの間にかなよなよしていた都会育ちの純を変えていた。 病み上がりの令子は純と螢の親権を五郎(田中邦衛)に託して正式に離婚したいと望んでいた。, 五郎は令子の望みを受け入れ、彼女が子どもたちと別れのひとときを過ごせるように取り計らう。, 純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)は両親の出した離婚という結論に大きなショックを受ける。 分解したり転覆したりするいかだをしり目に悠々とゴールまで下り切る。, その日、純がいかだの上から岸にたたずむつらら(熊谷美由紀)を目撃する。 『北の国から』(きたのくにから)は、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマのシリーズ。原作・脚本は倉本聰。 主演は田中邦衛。. 北の国から純の番屋は、5月31日までは休業、6月以降はまだ未定となっております。 詳細につきましては 舟木商店本店 0120-18-2227 迄、お問い合わせください。 不安になった純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)は、雪子(竹下景子)が父さんのお嫁さんになってくれたらと願う。 「ヘナマズルイ」「偏屈者だった」と人々は噂しあう。 五郎は直接自分にぶつかってこようとしない純の卑怯さにショックを受けるが、 純は父・五郎(田中邦衛)に思い切って、性的な自覚症状を告白。 純には冷たいように思えてしまいすねる。 螢は無愛想に口もきかず、令子を避け拒む態度をとることで、言葉にならない悲しみを訴える・・・(1982年2月05日放送), 富良野の夏の風物詩、『空知川のいかだ下り』の日がやってきた。 こごみはかつて中畑ともいろいろあった女で、気立ては良いが何人もの男とかかわりを持っていると・・・(1982年 3月05日放送), 五郎(田中邦衛)が人手を頼み、いよいよ丸太小屋の組み立てに取りかかる。 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="off";rakuten_design="slide";rakuten_size="728x200";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2TP8M0%2B3E1VSI%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a17081854423_2TP8M0_3E1VSI_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011816"; 内に秘めたる乙女心を飼いならすおじさん。生まれも育ちも北海道。大学から大阪ー千葉ー東京ーアフリカ某国ー北海道と戻ってきました。海外渡航歴と職歴が色々とあり人生迷子った結果、様々な分野に顔や足を突っ込んできたのでネタが尽きるまでいろんな情報発信していきます!

つららは麓郷の家に、心配しないでという置き手紙を残していた・・・(1982年2月12日放送), 夜更けにベベルイへUFOを見に行った凉子先生(原田美枝子)と螢(中嶋朋子)が道に迷って遭難しかける。 変わり者の杵次(大友柳太朗)が自分ののうっぷん晴らしに凉子の過去の傷を暴いてしまう・・・ 未だに馬ソリを手放さない変わり者の杵次(大友柳太朗)ですら、 だが、試合の前日、草太はつらら(熊谷美由紀)の現状を知ってしまう。, 草太の雪子への心変わりが原因で家出したつららは、ススキノの風俗店で雪子という名で働いていたの。 彼女は、令子が純や螢に宛てて書いた手紙を五郎がにぎりつぶしているのを知って愕然とする。

風力発電機の仕上げにとりかかるなどで忙しい。 そんなある日、凉子先生は遠くの学校に左遷され、純に不思議な美しい思い出を残していった・・・(1982年 2月26日放送), 草太(岩城滉一)のボクシングのデビュー戦が近づく。 山仕事から帰る五郎(田中邦衛)を待つ。中畑家には久しく見られなかったテレビ、ダイヤルを回せばすぐ東京の母(いしだあゆみ)につながる電話がある。 東京の都会育ちの子どもたち、とくに純は、東京でガールフレンドの恵子ちゃんから聞いていたロマンあふれる北海道のくらしとはかけはなれた厳しい現実に拒絶反応をみせるが… ?(1981年10月09日放送), 故郷・富良野の朽ちかけた生家に落ち着いた五郎(田中邦衛)は、

学校からの帰り道、五郎は叔父の牧場に立ち寄り、思いがけなく東京から来た義妹の雪子(竹下景子)に再会。 反発しがちだった純の心に父への尊敬と信頼の気持ちが芽生える… (1981年11月27日放送), 北国ではじめてのお正月を迎えた純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)はスキーに熱中だ。 「子どもたちに会わせてほしい」と五郎(田中邦衛)に頼むが 雪子(竹下景子)につれられて上京した純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)は、母の柩の前でうなだれている吉野に戸惑う。, 吉野(伊丹十三)は純と螢に新しい運動靴を買い与え、すり切れた古靴を捨てさせる。

 まず最初の「同情ってやつは……」ですが、実はこれも『北の国から』で、五郎さんのセリフ。次は『前略おふくろ様』で萩原健一さん演じるサブ(片島三郎)のセリフ。続いて『やすらぎの郷』より主人公菊村栄(石坂浩二)のセリフ、となります。 の幸をふんだんに使ったお料理、またお土産品も多数ご用意いたしております。.

2.1 第1話「廃屋(はいおく)」 2.2 第2話 「手紙(てがみ)」 2.3 第3話 「決意(けつい)」 2.4 第4話 「女弁護士(おんなべんごし)」  倉本作品は脚本が書籍化されていることがほとんどなのですが、本をすべて並べるとこれはなかなか壮観です。なにせ50冊以上はあるのです。しかも昨年4月から始まった「やすらぎの刻〜道」の放送は1年間、全248話に及び、この台本は400字詰め原稿用紙枚数で5500枚に及びます。これを一から繰ってゆくとなると……そんな気が遠くなるような作業をやり遂げたのが編者の碓井広義さん。 しかし、五郎にとってはこごみの過去や生活がどうあれ、こごみの優しさと底抜けの明るさに心をひかれていた。 五郎は純が隠していたヌード雑誌をみつけてしまう・・・(1982年 1月22日放送), 変わり者の杵次(大友柳太朗)が酔っ払って自転車ごと橋から河原に転落して死んでしまう。

五郎(田中邦衛)のように川の水を利用したり、風力発電を工夫したりする者はいない。 ある日ついに共同牧場で働くことを断られてしまう。 雪子に草太を奪われると気をもむつらら(熊谷美由紀)。 東京の全てが純にはむなしく見えてしまう。, 父の五郎(田中邦衛)と共に北海道の大自然の中で精一杯戦って生きてきた一年が 最近のドラマにちょっと飽きてきた・・・なんてかたにもおすすめです!, 有名で人気シリーズだったってことまでは知っているし、とんねるずが昔モノマネコントしてたなぁ・・・とか 18年間、苦労を共にしてきた愛馬を手放した日のことだった。 だが、ひ弱な都会っ子だった純はその辛さに耐えていく強さを身につけて・・・(1982年 3月26日放送). いつの間にかアメリカへ行ってしまったガールフレンドの恵子。

・『北の国から』でおなじみ「ルールルルルル」でキタキツネを呼んではいけない? ・「北の国から」で純と父・五郎はなぜ丁寧語で話す? その意外なモデル ・「北の国から」風に同じキャストに長年密着した海外の名作2選 そんな純に母の愛人である吉野が、「令子と一緒にずっと東京で暮らさないか」という。, 5日間だけという約束で上京した純は、吉野の言葉に動揺する・・・(1982年01月08日放送), 母・令子(いしだあゆみ)の病気は神経性のものである可能性が強いらしい。

ボクサーデビュー間近の草太(岩城滉一)の取材にきた新聞社の人に対して しかし、開拓の苦労を共にした草太(岩城滉一)の父、清吉(大滝秀治)は、

父の五郎(田中邦衛)と叔母の雪子ができているのではと疑われてショックを受ける。 その上、停電で村の家々は断水したり暖房が止まったりして大混乱。 近所の者が集まり、村を出ている杵次の子どもたちが呼び戻されて、通夜と葬儀が営まれる。

「子どもがまだ食ってる途中でしょうが! しかし、雪子は五郎たちや中畑(地井武男)の一家によって、  最後のものは……おわかりになるにしても(はい、これはシリーズ最初の『北の国から』のもので、五郎さんがラーメン屋で吐く名セリフですね)、さて、他のセリフもわかるとなったらこれは相当な通です。 感動のあまり、抱き合い喜びあう五郎と子どもたち。

その留守中に突如、東京から母・令子(いしだあゆみ)がやってくる。 みたいない、そんな知っているようで実はよく知らないうっすらとした記憶の方に今こそ観て欲しい名作, 半年前、妻の令子(いしだあゆみ)に去られ、東京の暮らしに嫌気がさした黒板五郎(くろいたごろう=田中邦衛)は、 Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 本物?”私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました”というメールは詐欺!?, 【百均】ダイソーの100円の掛け時計 秒針のカチコチ音がうるさすぎる!【対策方法】, 【Booking.com】予約確認書を英語表記で印刷する方法【ブッキングドットコムで海外旅行】, 【本日の名言】「水滴石を穿つ」の意味は?読み方は?この名言を残したのは羅大経?枚乗とはどんな人物?, 【HEICとは?】iPhoneの写真の保存のHEIC形式をJPGに一瞬で戻す方法とは?, 【アドセンス】ads.txt ファイルの問題を修正 FTPソフトを導入してみる【初心者試行錯誤】. 純と螢は周囲の微妙な変化や大人たちの態度から母が来たことを悟る。

令子はこのままずっと純を手放したくないという態度をとる。

「威張っているのは親の権利です」 最後まで吉野に気を遣って、ろくな治療もしてくれない病院で痛み苦しみ死ぬという不幸な死に方だった。

傷ついた心が癒されて・・・(1981年 12月25日放送), 純と螢の母・令子(いしだあゆみ)が病気で入院したという知らせ。 気持ちの優しい純は北海道にいる父・五郎(田中邦衛)に「東京で暮らす」という手紙を書きかける。, しかし、北海道での半年間の原始的な生活で、生きる厳しさや工夫して物を作る喜びを知った純にとって、

純にとってはそんな父の態度が不満だ。

そのことに気づいた純は、令子を気遣いながらも北海道に帰ることに・・・(1982年 1月15日放送), UFO騒ぎの最中に、新しい事件が持ち上がる。 そんな五郎の姿が純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)の心を圧倒する。 純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)に手伝わせて丘室(おかむろ)づくりや薪木(まきぎ)集めなどの冬を越す準備に大忙し。 五郎(田中邦衛)は通夜に間に合わず、葬儀の朝になってやっと姿を見せる。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 五郎は、やっと自然の中で生きはじめた子どもたちを動揺させたくないと断る。

純(吉岡秀隆)も激しい反感を示す。 スナック駒草の駒草号。, 純(吉岡秀隆)、螢(中嶋朋子)、雪子(竹下景子)、凉子先生(原田美枝子)の中畑家の四帖半号は、

悪戦苦闘のかいがあって、大晦日についに小屋に水がくる。 それぞれに趣向を凝らした手づくりのいかだが勢ぞろいする。, 五郎(田中邦衛)と辰巳(塔崎健二)は北方領土号。 どうにか住めるように修理した家で、文明とはかけ離れた電気もガスも水道もない原始的な生活が始まった。 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="off";rakuten_design="slide";rakuten_size="200x600";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2TP8M0%2B3E1VSI%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a17081854423_2TP8M0_3E1VSI_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011816"; © Copyright 2020 適当に生きる〜旅も日常の日々も自由に生きる〜. それを当然のこととしてハッパをかける先生。

念願が叶った純だったが、父と妹の螢(中嶋朋子)の無言の見送りや 「人生は、アップで見れば悲劇だが、ロングショットでは喜劇である」 五郎は大人になった証拠だと答える。 草太はこの試合に雪子(竹下景子)への愛を賭け、並々ならぬファイトを燃やしている。

雪子(竹下景子)はつらら(熊谷美由紀)が家出した件で、冷たい目で見られている。

しかし、雪子の心の中には、まだ東京で別れてきた恋人への思いがくすぶって・・・。 All rights reserved.

しかし、本当は螢もやっぱり母が恋しく、学校でこっそり母に電話をしてしまう・・・( 1981年11月20日放送), 五郎(田中邦衛)は川の水をパイプで小屋へ引いてくる工事に取りかかる。

1 意外と知らない『北の国から』ってどんなお話なの? 2 『北の国から』連続テレビドラマシリーズのあらすじ. それでも五郎は人の助けを借りずにやり遂げようと一生懸命に。

バブル真っただ中での1981年~2002年まで放送された不朽の名作“北の国から”。 物が溢れかえった都会を離れ、2人の子供と一緒に北海道富良野での生活を楽しむ五郎さんの心がこもったセリフや五郎と接する周りの人物の名言をま […] しかし、雪子は新しい丸太小屋が出来上がったら純たちと別れて、一人暮らしを始めようと考えていた。, 螢(ほたる)が東京から取材にきたテレビ局の人に頼まれて、凉子先生(原田美枝子)と一緒に見たUFOの話をする。 バブル真っただ中での1981年~2002年まで放送された不朽の名作“北の国から”。, 物が溢れかえった都会を離れ、2人の子供と一緒に北海道富良野での生活を楽しむ五郎さんの心がこもったセリフや五郎と接する周りの人物の名言をまとめました。, 北の国からを見た事がない世代にも伝わる”倉本聰ワールド”はいつの時代にもマッチします。, 亡くなった草太から引き継いだ牧場経営が上手くいかず倒産してしまった責任から富良野を離れた純と、女で1つで息子の快を育てている蛍に遺したかったもの、それは価値観でした。, 幼少期に東京から山奥の富良野に移り住み“自然と共に慎ましく生きてほしい”そして、そこから幸せを見出してほしい…と願っていました。, 物の多さ=豊かさではない事を五郎は伝えたかったのです。子供が巣立つ前にまでに、富良野での生活を体験させたいと考えていた五郎が体現したメッセージが遺言という形で具体的に言葉に記されました。, 純は父親と近い生き方をしようとし、蛍は父親に抗わなくなり、富良野という土地で培われた生き方を2人は受け継ごうとしていました。, 丸太小屋の火事は自分のせいだと泣きながら告白する純の名シーンでの五郎の発言でした。, 妻の反対を押し切って、寒い北国に純と蛍を連れて帰り、いつもはテレビゲームをしていた純が、家に電気が通ってない事に気付き、夜はどうするの?の返答でした。, 真顔で大人の会話をしている純が、母親が不倫相手と再婚しようとする話を聞いて呟いた言葉, 言葉の奥に、それを語る当人の見えざる過去があり、進行形の現在が感じられる脚本家“倉本聰”の言葉は、いつの時代に見ても現実を生きる私たちの心を揺さぶってくれます。, 無駄で溢れた都会では、すべてが金で買え、己のなすべき事まで他人に金を払い依頼する、そんな生活をとは正反対な富良野の生活は不便なはずなのに…, ドラマが始まった当初は、バブル真っ最中で、先進国なのに幸福度が低い日本人の心に響く名言の数々だと感じました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ドラマ・映画・アニメを見るのが大好きです。 お得に動画を視聴できる方法をご紹介しています。, 【純、蛍、俺には、お前らに残してやるものはなんもない。でも、おまえらには、うまく言えんが残すべきものは、もう、残した気がする。, 踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間の無料動画をフル視聴する方法!.