「原付」「原付自転車」「原チャリ」などといわれる「原付」は、正しくは「原動機付き自転車」といいます。, 四輪車の免許に付帯される原付免許で運転できるのが、50ccまでの原付です。原付での運転には、原付特有の交通ルールがあります。, クルマや他の乗り物から原付に乗り換える場合、ルールに戸惑うことがあるかもしれません。, 本記事では原付・バイクの乗り方、種類、運転ルール、運転の仕方などについてご説明します。, スタンドをあげ、両手でハンドルを握りブレーキを掛けた状態で後方確認をしてから着座します。, スクーターの場合は走行時、足置きに足を開かずに置くようにします。この姿勢で下半身で体を支えます。, タンクの付いたバイクの場合は、膝でタンクをしっかり挟み込み(ニーグリップ)ます。バイクと一体になれるように心がけましょう。, 全体に力まず、自然な姿勢になるよう心がけましょう。慣れるまでは、つい緊張して肩や腕に余計な力が入りがちです。力を抜き、リラックスした姿勢で遠くを見つめるように乗るとスムーズな運転ができます。, タンク付きの車体の場合、若干つま先を内側に向けるように意識すると自然にニーグリップができるので試してみましょう。, スクータータイプの原付の場合、自転車と同じように右手が前ブレーキ、左手が後ろブレーキとなります。, ブレーキのかけはじめは、前後のブレーキを同時にゆっくりとかけましょう。そしてその後は確実に握り込みます。, これはフットブレーキの場合も変わりません。急に強くかけるとスリップの原因になり危険です。, 走行時は視線を遠くにもって行き、慌ててブレーキをかけることが無いように予測運転を心がけましょう。, カーブに差し掛かる前に曲がりきれるスピードに減速しておく必要があります。カーブの感覚と、曲がるときのスピード感覚に注意しましょう。, 曲がるときも視線はカーブの先に置き、カーブの先に障害物があっても慌てずに止まれるように備えましょう。, 50ccの原付一種を運転するにあたっては、いくつかの独自ルールがあるので、確認しておきましょう。, 道路の制限速度がそれ以上であっても、原付は法定速度以下で走行しなくてはなりません。, 片側二車線以上の道路の第一通行帯(一番左の車線)の左側を、走らなくてはなりません。, 信号のある三車線以上(右折レーン含む)の交差点で右折する際は、まず右にウィンカーを出しながら道路の第一車線を直進し渡ります。, ただし、その交差点の手前に二段階右折禁止の標識がある場合は、他の車両と同じように小回り右折をしなくてはなりません。, また、二車線以下の交差点でも二段階右折の標識がある場合は標識に従わなくてはなりません。, 久しぶりに原付を運転する際、これらの普段と違うルールに戸惑う場合もあるかもしれませんので、あらためて覚えておきましょう。, 高速道路と自動車専用道路の通行ができないこと以外は、他の車両とルールは変わりません。, 免許取得時に原付の技能試験があるわけではなく、基本的な講習を受けるのみになります。, 原付に乗る場合、たとえ近所に行くだけであっても、ヘルメットは必ず被りましょう。また、グローブをする習慣を身につけましょう。, ヘルメットは頭部を守る大切なものです。バイク用で、サイズが自分にしっかりフィットしたものを選びましょう。, 風よけのシールドが付いていると快適で安全です。被るときはあご紐をしっかりしめ、いざというときに脱げないようにしましょう。, 季節を問わず、上着は長袖のもの、ライディング・パンツは長ズボン、ライディング・シューズはくるぶしの隠れる靴が理想です。, 原付の場合、車体が小さいため、大型トラックなどから発見されやすい恰好をしているだけで事故防止になります。, バイクショップではライディング用の各種ウェアが扱われており、各部に体を守るパッドが入っているものもあります。, ブレーキ、タイヤ、ライト類、燃料などの点検は、運転者の責任として行わなくてはいけません。, また、このときにナンバープレートに貼られている自賠責保険の有効期限ステッカーをチェックし、期限切れになっていないことを確認する習慣をつけましょう。, しかし、原付二種の場合は免許取得後1年以上が過ぎればタンデム走行ができます。タンデム走行には、一人で走る場合とは違う楽しみがあります。, 2018年7月から、二人乗りのできる原付二種に乗るための「AT小型限定普通自動二輪免許」の技能教習時間が変わりました。, これにより、1日に技能教習を受ける上限時間が増え、普通自動車免許所持の場合は、最短2日の教習で公安委員会指定教習所を卒業できるようになりました。, 軽量でコンパクトなボディを持ち、免許に関しても筆記試験のみで取得でき、気軽さを特徴とした乗り物です。, また、原付免許は四輪の普通自動車免許に付帯されるので、車の免許を持っていればあらためて免許を取りに行かなくても運転することができます。, 道路交通法で見ると、原付は50ccまでであり、免許はAT/マニュアル(MT)の区別のない原付免許です。, もう一つの法律、道路運送車両法では50ccまでの原付一種と50cc超〜125cc以下の原付二種という区分けがあります。, さらにその二種の中で50cc〜90cc以下の原付二種(乙)と90cc〜125cc以下の原付二種(甲)とに分けられているのです。, 表にあるように、原付二種を運転するには普通自動二輪の小型限定免許以上を取得していないと運転できません。, 道路交通法上は、普通自動二輪に属す125cc以下の車両が原付二種となります。また、原付二種は二人乗りも可能です。, 原付二種は、50ccと大きさこそさほど変わらない車両もありますが、原付一種とは道交法上は別の乗り物なので、別の免許が必要になります。, たとえば、原付免許や四輪の普通自動車免許のみで90ccのスクーターに乗ってしまった場合、無免許運転となり、2年以上の免許取り消しと3年以下の懲役または50万円以下の罰金というとても重い罰則が科せられます。, また、原付二種であれば二人乗りができるなど、バイクとしての別の楽しみ方もできるでしょう。, リバーストライクは、「トライク」と呼ばれる三輪自動車の一種です。 本記事では、原チャリの意味や、免許の種類、維持費、保険、名義変更についてご説明します。, 電気自動車とともに注目される電動バイクは、手軽に乗れる原付を中心にさまざまな種類がラインナップされています。 本記事では、バイクを運転するときにおすすめのバイクグローブについて、ご説明します。, バイクのブレーキに欠かせない部品の一つに、キャリパーがあります。 本記事では、キャリパーの役割はもちろん、塗装や交換の目安などについてもご説明します。, ※ インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら. 原チャリは「ゲンチャリ」と読み、スクーターやバイクなどと同じく、二輪車のことを指す俗称です。 ちょっとしたお出かけや通勤に便利な原動機付自転車。ティーンエージャーから年配の方まで男女問わず幅広いライダーに愛される気軽な乗り物として、現在も根強い人気を誇っています。, この原付、便利で気軽な面だけに期待して乗り始めると、路上で意外な落とし穴が待っていることがあります。, “自転車とバイクのいいとこどり“の乗り物ゆえ、生じる悩みをどうすれば解決できるでしょうか。, 本稿では、走行中の留意点を再確認し、原付ならではの運転を楽しむ方法をご紹介します。 それに自信が付いた人に向け、更なるステップアップへの期待を込めたアドバイスも添えてみました。, ・メータースケールが60㎞/hまであるのに、法律で30㎞/hまでしか出せないのはおかしい。, 50ccの場合、30㎞/hしか出すことが許されず、周囲の車の流れにつられてそれ以上の速さで走っていれば、たちまち警察のご厄介になります。, 義務を果たして左によけて小さな車ならなだしも、大型トラックのあの大きなダブルタイヤが真横を通り過ぎるとき、ライダーは戦慄に襲われます。排気ガスだって凄いですもんね。, 一説によるとそれは、最高速を法的に決める際使用された車両の最高速だったからと言います。昭和50年代中頃までの一時期は、おそらくそんな根拠に誰もが業を煮やしていた時期だったでしょう。, それもそのはず、最高時速を100km/hまで出すことができる50ccスポーツバイクが各メーカーから市販されていたのですから。, メーターを覗くと、ちゃんと100㎞/hまで目盛られて、1/3以上がレッドゾーンという、思わず笑って吹き出しそうな、すごいスピードメーターが最初からついていたのです。, 参考元:https://pds.exblog.jp/pds/1/201210/11/46/a0143546_21441995.jpg, きっとメーカーは、いよいよ走りづらくなった原付を、道路の左隅でおとなしくさせているのはよくないと考えたのでしょう。, 「ライダーの自己責任で原付を車の流れに乗ってもらって、法律が後から追いかけてくるのを待とう」と奇策に打って出たのかもしれません。あくまでこれは筆者の仮説にすぎませんが・・・。, は鉄壁で、メーカーのいかしたムーブメント? に法律が付いてくるということは、とうとうありませんでした。, 原付は道路の左側をキープして走り、複数の走行帯を持つ道路では、第一走行帯、つまり左側の車線を走らなくてはいけません。, 自転車の場合は特例で、歩道を走ってもよいことになっているのですが、エンジンのついている原付の場合は、歩道はもちろん、路側帯内の走行も認められていません。, ただ、他の車両と違ってバス専用レーンを通行できるのは、何か優遇されているようで、うれしいですよね。これは原付が左側をキープするのに欠かせないからであって、当然の権利なのでしょう。, いずれにせよ、幹線道を50ccの原付が法規を守って走るということは、左側でおとなしく、他の車に抜かされることを前提に走るということに他なりません。, 例えば、一般道から高速に入るクローバー型のインターチェンジで、第一車線が左折専用になっている2・3車線の一般道などは相当に怖い思いをします。, その他にも、原付走行可にもかかわらず、完全に原付を想定から外して造ったとしか思えない道路はいくつも存在します。, Web上には、「そこを原付で通る方が悪い」などの意見もありますが、何の制限もなく通行可としている場合、道路の公共性からみてこれは、「法の落ち度」と言わざるを得ません。, それでもそうした状況は早急に変わるものではありません。とりあえずは「安全に留意し、臨機応変な運転を心がけましょう。」と申し上げるよりほかはありません。, 車本位の道路交通法、自動二輪に乗っていてもイラッとするときがありますが、原付に乗ったときには、余計に卑屈さを感じますよね。, 不条理な制限に不満は持ちつつも、今ライダーができることはないか、不満は基本に忠実な上の不満か、しっかりと見直おく必要があると思います。, あわせて原付は、エンジンがほかの車両より脆弱で車格も小さいため、以下のように気を付けなければいけない点があります。, つまり、車に抜かしてもらうにも、抜かしやすい状況を作ることや、原付の存在を車にアピールすることが大切。, 具体的な走行中の対策として、これは自動二輪にも自動車にも必要なことですが、他の車両以上に原付は、「視認性の確保で命を守っている」という意識が大切です。, また日頃から自分が交通の中で「トラックや乗用車からどう見られているかをイメージするのも大切。, 相手の車のバックミラーで相手ドライバーの顔がこちらから見える位置に移動して走るようにしましょう。夜間なら自分のヘッドライトの光を相手のミラーに入れるというのもありです。, やはり、交通量の多い道だと、大きなトラックや速いペースの車など、事故に巻き込まれるリスクが大きくなります。, 例えば、逃げ場のない対面道路ではこちらも抜かしどころを作るのがむつかしい場合があります。, そんなとき可能であれば、あえて車の前を走りつつ、自分がいることを周囲にアピールして、信号待ちなどの機会に抜いてもらいましょう。大型車トレーラーなど、場合によっては路側帯で停まってやり過ごしたり、ということも必要です。, とにかく、エンジンが付いた中で一番小さいものに乗っているわけで、譲って安全を確保するというのが大切な基本姿勢です。, 自転車の仲間である原付が背伸びをすることも、国は許してくれません。また、歴史が示すように、今のところ法改正を望むことは銀河を望むごとしです。, 法律についてあれこれ考えるうち、「原動機付自転車って何だろう」と歴史を紐解いて考てみたのですが、やはり原動機付自転車は『原動機のついた自転車』なのです。きっと登場当時は、エンジン付きの自転車として画期的だったに違いありません。, いっそ「30km/hで走る自転車」ということにして原付バイクを割りきってしまいましょう。, 原付はそのまま歩道や路側帯を走れませんが、押して歩くことによって、なんと歩行者に変身できるのです!, さすがにこんなことは車にできませんし、自動二輪の場合それには大きすぎます。停止信号で車が止まるのを横目に、エンジンを切ってバイクを押し引けば、あっというまに歩行者に変身。, そして信号の先を抜けてそこからまた走り出せば、信号待ちをしている車としばらく距離を置くことができます。 渋滞路や、先を急ぐときはうまくこれを使えばいいと思います。, そのほか工夫すれば、車やバイクにできない小回り方法で、目的地に早く着いたり、ちょっとした進入禁止が近道に早変わりして、燃費も稼いだりできるということもあります。, その上、進入禁止の標識に、「自転車・原付をのぞく」という補助標識があれば、ラッキーな気持ちになりますよね。, もしあなたが、先述のような明らかに30km/hで原付が走るのに不適当と思われる道を、日常的に走らなければならないのであれば、50ccに不満を感じるのは必然です。, 原付の手軽さや小回りの効く感じを大事にしながら、やはり悩みをすっきりしたいという方にはおいおい原付2種へ免許と車両のグレードアップをすることをお勧めします。, 法定最高時速は60km/h、二人乗りも可能で二段階右折の必要もなく、50ccでの悩みは相当数解決することでしょう。 小型自動二輪免許もAT限定の設定により、実技試験を受ければ、22,000円から取ることができます。, メーカーも車種を充実させ、免許取得代をサポートするなど優遇策もあり、このクラスは現在非常に活況ですしね。, 逆に、大きな道にあまり出ず、丘陵地の駅までの足や、近隣の買い物、がメインというのであれば、逆に重さや、大きさを感じてしまうことがあるので、やはり50ccの方が便利です。, 安全を考えると、原付が走れる道を選ぶことも大切ですし、状況が許すならば、積極的に車種を選ぶということもまた必要でしょう。, いずれにしても、自動車本位の道路交通法の中で原付はその適応に工夫が必要であることを認識し、基本に立ちかえってその利便性を享受していきましょう。, 管理人の気になった新型バイクの情報を始め、バイク関係のノウハウをまとめておりますので、何かお役にたてましたら幸いです。, ヤマハ発動機 ホンダ二輪 カワサキ スズキ 日本二輪車普及安全協会 全国オートバイ協同組合連合会 日本二輪自動車推進協会 JAMPA 一般社団法人 日本二輪車文化協会 UMDA 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ) 全軽自協 SNELL JMCA アライ ショウエイ, バイク初心者のための装備・メンテナンス・ツーリング・整備などの基礎知識を解説するサイトです. 三車線以上の道路か二段階右折の標識がある場所で右折したいときは、まずまっすぐ交差点の左端を走りましょう。そのまま右折してはいけません。 そして、左側の道路の端で停止し、原付の向きを曲がりたい右側の方向に変えましょう。つまり、正面に進めば行きたい方向になる状態です。そしてそのまま次に信号が青になるまで待ちましょう。 本記事では、3輪バイクの法的区分や必要な運転免許についてご説明します。, 排気量が125cc以下のスクーター(以下125ccスクーター)はピンクのナンバープレートが目印の小型のバイクです。 原付の免許を取る際に必ず学ぶはずの走行位置ですが、中には間違った覚え方をしている方もいるのではないでしょうか? おおよその方は原付の走行位置は道路の左側車線の左に寄って走るということはご存知だと思います。 バス専用車線でも走れます。 気軽にスニーカーや革靴を履いて運転する人もいるかもしれませんが、安全性や操作性を高めるためにも、バイクはライディングシューズを履いて運転しましょう。 排気量が50ccのいわゆる原付スクーターと比べると、一般道においてクルマと同じ速度での走行ができたり、同じ交通ルールが認められていたりなどのメリットがあります。 4.2 複数の走行帯を持つ幹線道での走り方を考える。 4.3 かかわりが厄介そうな意地の悪い車等は早めに見切る。 5 昭和が生んだ、ガソリンハイブリット自転車; 6 まとめ:安全と快適さを手に入れたいのなら、原付2種も視野に入れよう

スターウォーズ動画はHulu,Netflixじゃダメ!dTVかU-NEXTで見よう!. しかし、バイクグローブは、むき出しの手を防御する安全装備として、またハンドルのグリップ力を高める装備として重要なアイテムです。

また、一時停止の道路標識や標示がある場所では当然ですが、それ以外のところでも、必要に応じて一時停止か徐行をして安全を確かめましょう。 右折や左折をする場合は、事前に安全を確認し、ウインカーなどにより合図を必ず出して自分の行動を相手方に知らせましょう。 本記事では、リバーストライクの特徴や、トライクの免許区分、バイクとの違いについてご説明します。, 街でよく見かける3輪のバイクとしては、デリバリー用の屋根付き原付3輪がありますが、他にも構造的にさまざまな種類やバリエーションがあります。 二酸化炭素などを排出せず、ローコストをはじめさまざまなメリットがあり、電動バイクのニーズは今後ますます高まるものと期待されます。 オフロードバイクは街中でも見かけますが、どのような特徴を持つバイクなのでしょうか。 普通免許で運転できる乗り物ですが、バイク同様に、小回りが利き、走行中の疾走感を得られるなどの、特徴があります。 本記事では、バイクのライディングシューズの特徴や他のシューズとの違い、ライディングシューズの種類、おすすめの理由などご説明します。, 中型バイクを上回るパワーやスポーティな走りに魅せられ、大型バイクの免許を検討する方もいるでしょう。 乗り方は、教習所で教えてくれる場合もありますし、原付免許単体を取った場合にはその日に教えてくれますが、基本的には独学となります。, そのため、乗れることになっているけど乗り方がわからないという方はたくさんいらっしゃるでしょう。, この記事では、原付の乗り方を解説していきたいと思います。解説を読んで、運転に役立てていただければ幸いです。, 始めに、原付(原動機付き自転車)について確認しましょう。普通免許では、原付には乗れますがバイクには乗れません。, 原付は、エンジンが50cc以下のバイクです。これ以上のものはバイクですので、バイクの免許が必要となりますので注意しましょう。, それでは電動アシスト自転車は何かというと、自転車です。基本的に自力で漕がなければ動きません。原付ならば、漕がなくても自動で進んでいきます。保険も任意です。, また、電動アシスト自転車にはヘルメット装着の義務はありませんが、原付は被る必要があります。, 原付といえばスクーターというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、スクーターの中には50cc以上の、バイクの範囲である物も多数存在しています。, 原付は、安い物であれば10万円台でも購入することが可能です。車の免許を取っておけばすぐに乗れますので、敷居が低いことが特徴です。, 原付に乗るにあたってまず始めに注意したいことは、服装です。原付に乗る場合は、ヘルメットをしっかりと被りましょう。, そして長袖長ズボン、色は目立ちやすいものにすることが大事です。原付は小さいため、車からよく見えません。, 手を保護するグローブも必要になりますし、靴もしっかりとくるぶしまでを覆うタイプのものにしましょう。サンダルやハイヒールは危険です。, 車の場合は、基本的にキーを回せばそれだけでエンジンがかかりますよね。しかし、原付ではそれだけではエンジンをかけることはできません。, まずキーを回したら、ブレーキレバーを握りながらスターターボタンを押しましょう。これによって、エンジンをかけることができます。, 発進するときは、ゆっくりとスロットルグリップを開けていきましょう。なお、発進の際は周囲を確認しましょう。, スロットルグリップがどこかわからないということも多いですので説明しますと、基本的に右手で握っている部分がスロットルグリップです。一気に開けないように気をつけましょう。, アクセル調節ですが、まず始めに握る段階で右手の親指が上になるように持ち、徐々に左手と同じ角度に戻していくという方法で開いていくという方法が一般的です。, まっすぐ走っている最中にバランスを取るには、速度を下げすぎないことが重要です。あまりに遅いスピードですと、車体が安定しづらいためです。, 曲がったりカーブを通ったりするときには、反対にスピードを落とさなければいけません。これは車と同様ですね。, ハンドルを切るのではなく、体と原付の車体を傾けて曲がっていくという感覚で曲がれば、上手くいきます。しかし、傾けすぎるとバランスが崩れて倒れてしまいますので気をつけましょう。, 原付最大の特徴であり、一番わかりづらいポイントがこの二段階右折です。名前の通り、二段階かけて右折するのですが、詳しく解説していきたいと思います。, 三車線以上の道路か二段階右折の標識がある場所で右折したいときは、まずまっすぐ交差点の左端を走りましょう。そのまま右折してはいけません。, そして、左側の道路の端で停止し、原付の向きを曲がりたい右側の方向に変えましょう。つまり、正面に進めば行きたい方向になる状態です。そしてそのまま次に信号が青になるまで待ちましょう。, ポイントは、三車線以上の道路か二段階右折の標識がある場所でしか二段階右折はしないということです。すべての右折が二段階右折になるわけではありません。, 三車線以上でも二段階右折禁止の標識がある場合もあります。その場合も小回りで左折しましょう。, ちなみに、二段階右折を開始するときに右ウインカーを出し、停止した後に消す決まりとなっています。後ろの車からすると突然右折しようとしているように見えるためやや危険ですが、そういう決まりとなっていますので注意しましょう。.