V. Baird, "The No-nonsense Guide to World Population", https://www.theguardian.com/world/2019/nov/14/anti-natalists-childfree-population-climate-change, 10.1093/acprof:oso/9780199296422.001.0001, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=反出生主義&oldid=80429696, 仮に子が生涯にわたって著しく幸福であることが保証されていても、その子供を出生させるべき倫理的責任は存在しない, もし子が不幸になりうることを予想できるのであればその子供を出生させるべきではない論理的責任が存在する, 一般的には、子が不幸を経験すること、また、他者に不利益をもたらすことが予想されないのであれば、子供を出生させる、もしくはさせない義務は生じない. ◎人類史を変える二つの革命

マルクス・ガブリエル、カンタン・メイヤスー、リチャード・ローティ、ユルゲン・ハーバマス、ダニエル・デネット、ニック・ボストロム、ベルナール・スティグレール、トマス・マシーセン、マウリツィオ・フェラーリス……, ◎ゲノム編集、生命延長……人間の身体はどこまで改変できるか 1行たりとも文章を残してはいないけれど、ヨーロッパ思想に最大級の影響を与えた人物だ。背が低くて、太り肉。鼻は上を向き、無愛想な顔つきをしていた。つまり醜男だったが、心は「金無垢のすばらしさ」だったという。, そんなソクラテス(紀元前470-399)の生涯は、弟子のプラトンが「対話篇」を通して伝えている。この点、なんとなくイエスに似ている。イエスもみずから書き物はせず、弟子のマタイやルカが彼の言葉をのちに筆記した。, ソクラテスの活動の特徴は、民衆を教育したり、導こうとしたりしなかったところにある。, 彼の母親は産婆だが、彼もまた自分を産婆と呼んだという。といっても、お産の手伝いをしていたわけではもちろんなく、ソクラテスは自分の仕事を、他人が正しい理解を生みだす手伝いをすることだ、と考えていたのだ。彼によれば、本当の「知」というものは、自分の内側から湧きあがってくるものであり、そういう「知」だけが、本物の理解となりうるのである。, それはいみじくも子どもを産む能力のようなものであり、生得の力。だから、すべての人間は、頭をきちんと働かせさえすれば、哲学上の真実を理解できるのである。, そんなわけで、ソクラテスは無知を演じつづけた。わざと愚かしそうなフリをした。これを俗に、「ソクラテス的アイロニー」と呼ぶ。, とにかく彼は触れるものをかたっぱしから感電させるデンキウナギのような存在であった。結果、議論の相手が怒りだすことも少なくなく、殴られることもあったそうだが、, また、ソクラテスは歯に衣着せぬ物言いで、権力の濫用を批判した。そのため、社会の実権を握る人々は、彼を迫害。紀元前399年には、, という、現代なら考えられないような罪状で訴えられて、なんとわずかな差で有罪になってしまう。恩赦を願いでれば助かる公算は大きかったが、信念を裏切ることはできぬ、と考える堅物だったため、昂然と頭をあげて死に臨み、七十余年の生涯を閉じた。, 強い勇気と使命感を持つ人物だった。そして、そのために命をなくした、という点もイエスと似ている。, そんなソクラテスのテーマは、ソフィスト同様に人間の生活の探求にあった。とくに善、正義、美徳。半面、自然哲学者たちの問題には関与しなかった。, ソクラテスはソフィストではなかった。ソフィストという連中は、現代でいう学校教師やディレッタント(学問を趣味でやる人)の類。彼らの多くは、ちっぽけな知識にあぐらをかき、博識を鼻にかけているくせになにも理解していない。, だから、ソクラテスはみずからを「哲学者(フィロソフォス=知恵を愛する人)」と名乗った。, むろん、ソクラテスはソフィストのように知識をおカネに代えたりはしないし、知恵を手に入れるために生涯をかけて努力した。, ソクラテスによると、哲学者は自分があまりものを知らない、ということを知っている。自分は人生や世界についてなにも知らない、ということを、はっきりと自覚しているという。事実、彼自身、自分がどれほどものを知らないかということで懊悩していた。, 哲学者とは、自分にはわけのわからないことが世にごまんとあることを知っている人、そしてそのことに悩む人をいう。だから、ひとりよがりの知識で天狗になっている知ったかぶりより、哲学者はずっとかしこいのである。, 無知を公言しながら英智の人であったというこのパラドックスは「無知の知」という言葉で語られ、いまでは彼の代名詞となっている。, ソクラテスは、なにが正しいことかを知っている人は正しいことをする、と考えていた。信念(なにが正しいか)に反することをすれば、人は幸せになることはできず、幸せになる方法を知っている人は、幸せになろうとするものだからだ。, 半面、人間がまちがった行いに手を染めるとき、それは、その人がそれを悪いことだと知らなかったからであり、犯罪というものはすべからく無知から生じるとして、犯罪者は罰するより教育が必要なのだと説いたのである。, このため、ソクラテスは善悪の認識の基礎をかためることが最優先の課題だと考えた。そして、その基礎は人間の理性にある、と。この点でも、ソクラテスはソフィストとは正反対である。善悪を区別する能力は、社会の側でなく、理性にあると信じたのだから。ソクラテスは、どんな状況でも適用できる善悪の定義を見つけようと努力した。, 彼は人間の理性を信じた。この点においても、彼はれっきとした合理主義者(理性を世界に関する知識の源とみなし、理性に絶大な信頼を寄せる人)であり、自然哲学者でないことがわかる。, ソクラテスは、人間の理性を信頼していた。他人に対しては、一貫して傲岸不遜な、偽悪的な態度をとりながらも、心の底では人間というものを愛していたのだろう。そうでなければ、これほどに後進に慕われ、後世に影響を与えることはできなかったにちがいない。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 山登りとか子どもとか、好きなこと書いとります。暮らしに役立つ雑学とかブログ運営に役立つ話も書きまっせ。. 中核的な領域とは別に、一般に哲学のうちで研究される分野がいくつかある: 言語哲学; 法哲学; 心の哲学; 宗教哲学; 科学哲学; 応用倫理学; 生命倫理学; 環境倫理学; 数理論理学; 哲学的論理学; メタ倫理学; 応用哲学; メタ哲学; 人工知能の哲学; 生物学の哲学 ◎クローン人間の哲学 ◎近代が終わっても資本主義は終わらない?

◎ビッグデータと人工知能ルネサンス >>>[Amazon.co.jp] [紀伊國屋書店BookWeb] [楽天ブックス], ▼第2章 IT革命は人類に何をもたらすのか ソクラテスによると、哲学者は自分があまりものを知らない、ということを知っている。自分は人生や世界についてなにも知らない、ということを、はっきりと自覚しているという。事実、彼自身、自分がどれほどものを知らないかということで懊悩していた。 哲学者とは、自分にはわけのわ� 岡本裕一朗 著 <内容紹介> it革命とbt革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? ◎グローバリゼーションのトリレンマ, ▼第5章 人類が宗教を捨てることはありえないのか ㅤ 倫理的な行動の本質は、同情と禁欲によって自分の欲望を克服することからなる生きる意志の否定である。 また、公約として「子供を作る意欲を減らす為」に子供の税控除の廃止や裕福な家族への課税などを掲げている[21]。, Peter Wessel Zapffeの哲学によると、人間は生物学的な逆理である。意識が過剰に発達してしまったため他の動物の様に正常に機能しなくなっている。 トマス主義; インド哲学. 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 哲学の主な分野. ◎宗教を科学的に理解する? ◎不老不死になることは幸せなのか ◎脳科学が犯罪者になる人間を予測する? 我々は満足させる事ができない欲望と精神的な要求を持っている。人類がまだ存続しているのはこの現実の前に思考停止しているからに他ならない。 別に学歴なんて気にしてませんでしたし、そこそこ大きい企業に勤めて給料にも不満がありませんでしたし、私も働いていますし「専門技術だけで大きい企業に勤めるなんて凄... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので ◎犯罪者には道徳ピルを飲ませる?, ▼第4章 資本主義は21世紀でも通用するのか ◎環境プラグマティズムは何を主張しているのか ◎終末論を超えて, IT革命とBT革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? 世界が再び宗教へと回帰していくのはなぜなのか? 21世紀最先端の哲学者が描き出す人類の明日とは。AI、遺伝子工学、フィンテック、格差社会、宗教対立、環境破壊……世界の難問がこの一冊でクリアに解ける, お肌の乾燥ストップ! しわ防止! コラーゲンが染み入る 手羽先とトマトの長寿スープとは?, [Ctrl][Shift][Alt]ってそういう意味か! 話題の「ショートカットキー記憶術」で年間120時間の時短ができる!, 発達障害の僕が発見した「全身ユニクロでも感じがいい人」と「服で損している人」の決定的な差.

アヴェロエス主義; キリスト教哲学.

【資本主義は21世紀でも通用するのか?】, 登場するのは世界最前線の哲学者たち。 インド哲学(ヒンドゥー哲学 - ジャイナ哲学) - 仏教哲学 - 中国哲学 - ギリシア哲学 - ヘレニズム哲学 - ペルシア哲学, キリスト教哲学(スコラ学) - イスラーム哲学(初期イスラーム哲学(英語版)) - ユダヤ哲学(ユダヤ・イスラーム伝統哲学(英語版)), 概要 - 一覧(英語版) - 学派(英語版) - 用語(英語版) - 哲学者 - 運動(英語版), 形而上学 - 存在論 - 認識論 - 真理論- 論理学 - 倫理学 - 美学 - 自然哲学, 行動 - 芸術 - 生物学 - 化学 - 映画(英語版) - 教育 - 経済学 - 環境 - 地理 - 情報 - 医療(英語版) - 歴史 - 人類学 - ユーモア(英語版) - 言語 - 法 - 文学(英語版) - 数学 - 心 - 音楽 - 存在 - 哲学 - 物理学 - 政治 - 心理学 - 宗教 - 科学 - 社会科学 - テクノロジー(英語版) - 戦争, ソクラテス以前 - アカデメイア派 - プラトニズム - 新プラトン主義 - 逍遙学派 - アリストテレス主義 - ストア派 - キュニコス派 - 懐疑論 - エピクロス派 - アヴェロエス主義(英語版) - アヴィケンナ主義(英語版) - スコラ学 - トマス主義 - ユマニスム - 義務論 - 快楽主義 - 功利主義 - 倫理的利己主義 - 個別主義 - フランス・スピリチュアリスム - ニヒリズム - 実存主義 - ヒューマニズム(博愛主義) - フェミニズム哲学(フェミニズム) - 反出生主義 - 一元論 - 二元論 - 独我論 - 実在論 - 理神論 - 唯物論 - ヘーゲル学派 - 現象学 - 解釈学 - 新カント派 - 京都学派 - 法実証主義 - 論理実証主義 - 古典的自由主義 - マルクス主義 - 唯物弁証法 - アナキズム - 新哲学者 - 批判理論 - モダニズム - 自然主義(英語版) - 精神分析学 - 日常言語学派 - ポストヒューマニズム(英語版) - プラグマティズム - プロセス哲学 - 相対主義 - 脱構築主義 - ポストモダニズム - 構造主義 - ポスト構造主義 - 随伴現象説 - 機能主義 - スコットランド常識学派 - アメリカ合衆国の哲学 - アフリカ系哲学(英語版) - 一覧(英語版), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=哲学の学派&oldid=59415330.

◎多文化主義モデルか、社会統合モデルか ……いま、世界の哲学者が考えている人類の未来の姿とは?, ご購入はこちら!

そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ), ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 IT革命とBT革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? 世界が再び宗教へと回帰していくのはなぜなのか? 21世紀最先端の哲学者が描き出す人類の明日とは。AI、遺伝子工学、フィンテック、格差社会、宗教対立、環境破壊……世界の難問がこの一冊でクリアに解ける!, およそ100年前、ドイツの高名な社会学者マックス・ウェーバーは、西洋近代を合理化の過程と理解し、「世界の脱魔術化」という表現で規定しました。, じっさい近代になると、西洋では宗教的権威から独立した世俗的な国家が形成され、資本主義経済が社会的に浸透したのです。また、啓蒙精神にもとづいて、宗教的な偏見が取り除かれ、近代科学が発展したことは、今や常識となっています。, そのため、この傾向が続いていけば、やがて宗教の力は弱体化する、と考えられました。こうした理解を受けて、20世紀には、西洋近代を「世俗化の時代」と見なすことが、一般的になりました。, たとえば、アメリカの社会学者ピーター・L・バーガーは、「世俗化」という概念を社会と文化の諸領域が宗教の制度や象徴の支配から離脱するプロセスと定義し、現代社会をこうした世俗化の時代と考えたのです。たしかに、ヨーロッパでは、キリスト教の果たす役割が低下しているのは明らかです。, ところが、21世紀を迎えるころから、こうした世俗化の状況が世界的に転換し始めました。南米やアフリカでは、宗教を信仰する人々が増加しつつあります。またヨーロッパでも、キリスト教信者の割合が低下したとはいえ、逆にイスラム教の信仰者は増えているのです。さらに、アメリカでは、主流派プロテスタントは減少していますが、原理主義的な福音派はむしろ増加傾向にあります。, こうした状況を踏まえたうえで、ドイツの社会学者ウルリッヒ・ベックは次のように明言しています。「21世紀初頭に見られる宗教の回帰現象は、1970年代にいたるまで200年以上にわたってつづいてきた社会通念〔世俗化理論〕を破るものだった」。, 異なる宗教との共存をめぐるモデルや、人間にとって宗教とは何であるかを科学的に解明しようとする試みなど、哲学的議論は今後さらに活発化していくはずです。, 1970年代以来、地球環境問題が人類にとって重要な課題と認識され、国連をはじめ多くの国や組織で、繰り返し議論されてきました。たとえば、2015年末にフランスで開催されたCOP21でも、20世紀末の「京都議定書」に代わる新たな枠組みが提唱されたことは、ご存じのことでしょう。, こうした「地球環境問題」が語られるとき、いつのまにか「定番話」――世界の生態圏は人間によって破壊され、やがて地球は人間にとっても生存できない環境になる――が形作られるようになりました。そもそも、「定番話」が警告するように、はたして環境破壊によって、人類は滅亡するのでしょうか。, この問題を考えるためには、どうして20世紀後半に、「地球環境問題」がクローズアップされるようになったのか、理解する必要があります。というのも、「地球環境問題」が唱えられるようになったのは、近代社会の変化と密接にかかわっているからです。そして、この変化を捉えることによって、「定番話」とは異なる未来への展望も開かれるのではないでしょうか。, 人間中心主義はそもそも「悪」なのか、道徳と切り離した形でプラグマティックに環境を考える態度の必要性など、この領域もまた様々な議論の余地が存在します。, ここまで「IT」「バイオテクノロジー」「資本主義」「宗教」「環境」という5つの問題をなぜ今哲学者が考える必要があるのか、を概観してきました。9/23(金)公開の次回以降は、より具体的に各問題について思索していきたいと思います。, 【IT革命とBT革命が人類の未来を変える?】