「橋本涼」といえば、今年「5月半ば」にある女性と私的につながっているという情報が出回り、「ファン」を騒がせたばかりです。親密関係が疑われている「一般女性・Mさん」はかつて「“ヤラカシ”」と呼ばれる厄介な「ジャニーズファン」だったようです。「作間龍斗」を追っかけしていた時期もあり、その筋では知る人ぞ知る存在だったそうで、「橋本涼」との「東京ディズニーリゾート」での「デート疑惑」が話題になった以降は、「インスタグラム」の「アカウント」が「マーク」されるようになりました。, 「ジャニーズ事務所」の裏話も多く披露されていましたが、その中で、「国分太一」が「3、4年前からジャニー「喜多川」さん演出の舞台を見るようになった」と明かし、いつしか楽屋で「ジャニー喜多川氏」と「“友だち”」のように話せるようになった、と振り返ります。その際、「国分太一」はふと「ジャニーさんが思う最強のグループは?」と尋ねたことがあったそうで、いわく、「ジャニー喜多川氏」は即答で「少年隊」と答えたのだといいます。 愛唄のブログ ~堂本剛くん★物作り★空さん(ペキニーズ)~ 堂本 剛くんの作りだす音が大好き。★★★ 剛君ソロ曲中心に自作動画作成(こちらはサブブログ”sankakuのブログ”にUPしています )★★★ その他、布物、レジン、羊毛などで物作りが趣味です。 堂本剛(KinKi Kids)の「十二月」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)白く染まった通い慣れた 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 毎週月曜日放送の「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(文化放送ほか)。7月13日の放送は、堂本剛さんが担当しました。チャリティーソング・Twenty☆Twentyの『smile』への想いや、新曲『KANZAI BOYA』の曲紹介では声を震わせる一面もあり、剛さんの誠実さが伝わったと話題になっています。, 番組冒頭、リスナーから「服を着たまま入浴するなど、普段とは違うことを自宅でしてみると、かなりのストレス発散になるので、試してみては?」という内容のお便りが紹介されました。, これを受けて剛さんは、外出予定があった日の帰宅後ルーティーンを一部紹介。帰宅した後、アウター類はすぐにハンガーにかけて除菌スプレーをし、インナー類はすぐに脱いで洗濯機をまわしつつ、自身もシャワーを浴びて、ウイルスを落としてから自宅時間を過ごす、と話していました。, リスナーからの提案について「服を着たままお風呂に行くまでの間のウイルスが気になるな…」と発言していることからも、感染症予防対策に対する剛さんの慎重さがうかがえます。, さらに、Smile Up! My! 相方の堂本光一と同姓だが、血縁関係はない Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved. (文:アイドル担当ライター くる美), 田中みな実「もう好きになる」Sexy Zone中島健人の“神対応”に魅了されハッキリ『好き!』と宣言, 「熱狂の嵐の真ん中にいた男の名前は櫻井翔」福山雅治が“もっと売れなきゃ”と決意させられた過去を激白!, 冬は『ダウンの中半袖の方が一番あったかい』Sexy Zone菊池風磨が謎の新説!SixTONES田中樹が実践した結果…, Hey!Say!JUMPついにリーダー決定!?山田涼介「パンツなのよ俺」関連ワード続々トレンド入り #祝JUMP13周年. こんばんは。 毎週月曜日放送の「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(文化放送ほか)。7月13日の放送は、堂本剛さんが担当しました。チャリティーソング・Twenty☆Twentyの『smile』への想いや、新曲『KANZAI BOYA』の曲紹介では声を震わせる一面もあり、剛さんの誠実さが伝わったと話題になっています。 堂本剛さんらしい愛と優しさのある言葉で、 水の力を借りて泣くという表現はなかなか思いつかないフレーズですよね。 堂本剛さんの発想の仕方やその表現力には、やはり天才的な能力があることを感じさ … これには、ほかの「メンバー」から「ほ~!」と驚きの声が上がり、「井ノ原快彦」は「泣けるね!」と反応します。「ジャニー喜多川氏」は「少年隊」のことを「踊りが完璧。歌も歌えて、自分たちで演出もできていた」と評価していたといい、「松岡昌宏」も「その先輩方を言ってくれるのはうれしいかな」としみじみします。「国分太一」は「やっぱり、あそこまで踊らせたかったんだろうね、ジャニーさんも」「理想の形がそこにあったんだろうね、少年隊さんっていう」と語っており、「ジャニー喜多川氏」が「少年隊」を高く評価していることは、「TOKIO」や「トニセンメンバー」にとっても「“納得”」なのでしょう。, 「関ジャニ∞・丸山隆平さん」が珍しく「何してんの?」「今、飲んでるんだけど来ない?」と、連絡してきたといいます。「Myojo」「集英社」で対談連載「GIRL FRIENDS」を持っている「2人」は、「プライベート」でも親交があるだけに、「加藤シゲアキさん」が誘いに乗って出かけると、「そこがまさかのカジノレストランだった」そうです。, 日本最大級の「お取り寄せサイト」「宅麺.com」の「代表・野間口兼一氏」が、東京都にある「八雲」の「特製ワンタン麺「白」」をおすすめしましたが、なぜか「堂本剛」に「ラーメン」が出てこないという珍事態が発生します。これは、「堂本剛」が「“えびアレルギー”」のため、「スープ」にえびが入った「ラーメン」を食べさせられないという理由からですが、手持ち無沙汰となった「堂本剛」は、「ロケ弁」の「オーベルジーヌのカレー弁当」を持ってくるよう、「スタッフ」に依頼します。さらに、「新木優子」が好きな「“ちょい足し”」の「マヨネーズ」をかけて実食し、「おいしい。こんな食べ方を知らないまま、僕は生きてきたんだ!」と言い、満足そうな笑顔を浮かべたのでした。 Projectでの無観客配信ライブのことにも触れつつ「皆さんと直接、会場でお会いできるってことは、そんなにすぐに叶わないのかな…と思ってはいます」「それぐらい慎重に物事を考えていくべきだな、と思ったりもします」と語りました。, これに対しネット上では、「私はコロナがまだ怖いなって思ってたから、剛さんの危機感を持った慎重な姿勢にほっとしてる」「剛さんは超潔癖でいいのよ!コロナは本当に近づかないで…!」など、共感の声も多数上がっていました。, 続いて、剛さんが参加している期間限定ユニットTwenty☆Twentyによるチャリティーソング『smile』について話題が及びました。, 剛さんは「ファンの皆さんの気持ちが少しでも楽になればいいな」と話す一方「(コロナ禍からの)現実逃避を思い切ってさせてあげることは望んでいなくて」「現実的な中に、(歌によって)虹をかけたいな、と思うんです」と、剛さんらしい言葉選びで語りました。, さらに「(ライブなどを)無理矢理やることはできるけど、(スタッフなどの)家族のこととか色んなこと考えたら、軽く考えて動けない」「横浜アリーナでライブやってたときとかは、(スタッフも含め)みんな生き生きしてたからね…」と、心なしか声を震わせながらのコメントも。, 『smile』のレコーディングについては「キラキラしたものを放つようなイメージで。とにかく自分の思うままに、真っ直ぐに歌ったっていうイメージです」と話していました。, ネット上では、「現実的な中で最大限つながる方法を模索してくださる剛さんには信頼しかない!虹がかかるその日を心待ちにしています」「歌い出しからジーンとするのはその真っ直ぐな剛さんの気持ちが伝わってくるからだね!」などの声が上がっていました。, この日の放送では、6月17日に発売された42枚目のシングル『KANZAI BOYA』がフルコーラスでオンエアにのりました。, このタイトル『KANZAI BOYA』について、KinKi Kidsが誕生する前に、ジャニー喜多川さんが作った幻のユニット名であることは、ファンの間では有名な話。, 曲紹介の際、剛さんは「愛のつまった名前やったな…」「僕たちがこの名前をもらった時には、その愛情を感じ取れなかったんです、若すぎて」とコメント。, 続けて「年を取るにつれて、その愛情がじわじわと湧き上がってきて、『なんて愛情のつまった名前だったんだろう』って。急に愛おしくなってね…ほんと勝手だなと思いました」と早口で語りながらも、再び声が震えているようでした。, 『KANZAI BOYA』改めKinKi Kidsの生みの親であるジャニーさんを想い、思わず涙ぐんだのかもしれませんね。, これに対しネット上では「若い頃は愛情に気づけないものなんだよね。大人になって分かるんだよね」「KANZAI BOYAの曲紹介、剛くん声少し震えてたな…ジャニーさん大好きだもんね」「本当、このタイミングでKANZAI BOYAリリースしたの正解すぎる!」などの声が上がりました。, 今回は、自らの想いを真っ直ぐに届けてくれた剛さんの誠実さが、改めて感じられる放送でしたね。次回は堂本光一さんが担当するようなので、期待したいですね。, 【番組情報】

?」とこっちが勝手にそわそわしてしまいそうになる。, 『光の気配』の歌詞に戻ると,サビで剛がソロで唱うこのパートは「おー,いい歌詞だなー」だけで見過ごすワケにはいかない。このメッセージには彼の実存が深く関わっているのである。, これを聴くお客さんに言葉を語りかけるというよりも,自分に問うているような感じ。アイドルが人生についての深い問いかけを唱うことはまずないので,これを聴いた1人ひとりの胸にこの言葉が植え付けられ自身のこれまでの生きてきた証を振り返ってみると同時に,音楽番組でヘッドホンを装着して左耳を守りながら繊細且つどこか強い歌唱に彼の実存的なところが見えてジンとせずにはいられなくなることだろう。, このようにして剛はKinKi Kidsとして光一と共に愛や人生について唱ってきたのである。そして,以上の曲たちはあくまでボクが好き勝手に選定したものであるため,これらが全てではなく,これらの曲以外でも愛や人生について唱ってきたすばらしい楽曲はたくさんあるし,恋抱く相手への愛のみならず,家族に抱く愛を唱った『Family〜ひとつになること』もあれば,自身の歴史を尊敬してやまないジャニーさんを絡めながらファンクに唱った『KANZAI BOYA』だってある。ボクは彼らのこれまでの楽曲を全ては聴き込んでいられていないので,もしアルバムやカップリングにこういう名曲があるよというおすすめがあればぜひ教えて頂きたいです‍♂️, ボクらがよく目にする・耳にするKinKi Kidsとしての楽曲に込められたメッセージを見てきたところで,今度は剛自身が紡いできた曲に焦点を当て,彼の考えや思想を辿ってみようと思う。, 最近の彼の作曲におけるモットーとしては初めて聴いてから永遠に”?”を浮かばせるような曲を作ることであり「彼は一体何を歌ってるんだ?」と思わせることに技巧を凝らしているようだ。とはいえ,ただ単にワケのわからない(≒無意味,無内容)曲を作ろうとしているということではない。彼はアルバム『HYBRID FUNK』をリリースする際に受けた自身で作曲することについてのインタビューで「だからと言ってわざと変なものを作ってやろうとは思っていない」,「要は知識とか作法とか段取りは無視して感覚で作っちゃってるから、みんな初めて聴いた時にちょっと脳みそバグるみたいな感じになって。それで癖になる人は入ってくるんですけど」と言っている。, たしかに『shamanippon 〜くにのうた』や『逝くの ?