謎やミステリーっぽい展開は、あらゆるジャンルのストーリーを面白くします。読者は作品に引き込まれ、続きが気になります。 こ ... マンガや小説、映画などでよくいわれる「伏線」とは何でしょうか。なんとなくはわかっていても、詳しい定義はご存知でしょうか。 ... ミステリーを書こう!と思うとき、すごいトリックを考えなきゃ!と、まず考えるかもしれません。 どうすればすごいトリックを考 ... マンガでもアニメでも、大抵の作品には、観客向けの「表のテーマ」と、スタッフやクリエーター自身にとってのテーマである「裏テ ... マンガや小説の中でも、作家自身の趣味や専門分野、得意なことを生かした作品って面白いと思います。世の中にはそういう作品があ ... フリーライター・編集者。得意分野はマンガ論・小説・アニメ・映画。ストーリー構成論など。Webマンガを別名義で各ストアにて配信中。. 「俺は――――――――――――――――」 js = d.createElement(s); js.id = id; バシッと一言で言い得てしまうと大変好ましいですね。, 例えば「彼女の心の穴は大きかった」という表現では、彼女の心に実際に穴が空いているわけではありませんが、彼女が抱えているものの根深さがとてもよく表れていますよね。, 文芸の世界には様々な表現がありますが、中には小説において好ましくない表現というものもあります。, ここで避けるべき表現を確認しておきましょう。 「地の文」とは小説のセリフ以外の部分のことですね。その書き方の基本は「一人称」と「三人称」の3種類。そして「三人称」の書き方も、3種類あると言われています。この記事では、その4種類の地の文の特徴と、それぞれの注意点をまとめてみました。 演劇とか、脚本家の世界では常識的な、セリフのタブー「説明台詞」ダメなセリフの代名詞みたいなものですね。この記事では、「説明台詞」って何?という話と、どうすればそれを避けられるのか?ということをまとめています。, 説明台詞を知らない人は、「キャラクターが何かを説明する台詞」のことだと思うかもしれません。もちろん違いますが、説明台詞を定義するなら、, と言えるかもしれません。平田オリザ著「演劇入門」に、説明台詞の例が挙げられています。以下のとおりです。, 他にも、例えば「心理描写しなきゃ」「キャラを立てなきゃ」「設定を説明しなきゃ」ということで、不自然な台詞を言わせてしまうことって、ありがちだと思います。, 「説明台詞の見分け方」、つまり「何をもって不自然とするか」というのは難しい問題ですね。「この状況で、このキャラは、こんなことを言うだろうか?」「ストーリーの流れを説明したくて、言わせている台詞なのでは?」など…, 色々と自問してみて、不自然かどうか検証していくしかないような気がします。説明台詞は避けるべきですが、必要な情報は伝えなければいけません。どうすればいいのでしょうか。, 台詞は基本的に「キャラクターが言いたいことを言わせる!」という意識で書くべきでしょう。, 「ここで、こういう情報を言わせなくちゃ」とか、そういう作者の意図を、なるべく考えずに書かなくてはいけません。その点が、「荒木飛呂彦の漫画術」で、以下のように説明されています。, セリフを書くときの基本的な態度は、自然体である、ということがポイントです。キャラクターを動かしていくときは、このキャラクターならこういう状況でどんなセリフが出てくれば自然か、ということだけで、セリフをどう書こうか、ということは考えずにどんどん描いていき、後で読み返してみて、わかりやすいかどうかチェックするのです。, 多少、話題の誘導などは必要かもしれませんが、とにかくキャラクターの気持ちになって、自然と出てくるセリフを書く。もちろんそのためには、キャラクターがしっかりできている必要がありますね。, その事件についてよく知っている者同士の会話だと、かなり無理があると思います。お互い知っているはずの情報を、わざわざ口に出すのは不自然だからです。, こういう場合は、対話する相手を変えてみるといいかもしれません。対話する相手が、その事件について知らなくて、説明する理由があるのであれば、事件について説明しても不自然ではないでしょう。, 演劇においては、他者=観客に、物語の進行をスムーズに伝えるためには、絶対的他者である観客に近い存在、すなわち外部の人間を登場させ、そこに「対話」を出現させなくてはならないのだ。, 一般に、このような他者の存在をうまく挿入できるかどうかが、すぐれた戯曲、優れたシナリオの最低条件となる。, 現実世界にいた主人公が、異世界に行く。主人公は、その世界のことを何も知らないから、異世界の解説キャラが説明してくれる…みたいなことです。, 「何も知らない」人を投入することで、説明が可能になるわけです。つまり「言わせたい情報について知らない人」に対してなら、説明しても不自然ではないということですね。, 小説であれば台詞以外の文章、いわゆる「地の文」で表現できますね。マンガでも「地の文」が使えます。→詳しくは別の記事「マンガの心理描写に、小説の「地の文」の技術が大切だという話」も参照, マンガの場合は画で説明することもできます。映画やアニメであれば、音楽や効果音でも説明できますね。無理に台詞で説明しなくても、方法は色々あるってことですね。, 書き直すのではなく、その台詞を消しちゃうってのも面白いと思います。つまり、説明しないことにするわけです。「これって説明しなくてもわかるじゃん」ということに気づいた時って、結構気持ちがいいものです。, 説明台詞とは、「作者が何かを説明したくて、キャラクターに言わせている不自然な台詞」ということです。そして説明台詞を避ける4つの方法とは以下のとおりです。. 「地の文」とは小説のセリフ以外の部分のことですね。その書き方の基本は「一人称」と「三人称」の2種類。そして「三人称」の書き方も、3種類あるとされています。つまり、合計4種類の「地の文」の書き方があるのです。この記事では、その4種類の地の文の特徴と、それぞれの注意点をまとめました。, 「彼はこう思った」など、内面を直接表現することもできますが、誰の内面を表現するか?(=誰の視点か?)によって、以下の3種類に分類されます。, つまり、出来事全体が、主人公の意見や考え方のフィルターを通して語られるので、客観的な事実を語ることが難しくなります。, 極端な話、書いてあることがすべて主人公の思い込み・勘違いかもしれないということです。, リサ・クロン著「脳が読みたくなるストーリーの書き方」には、この点が以下のように説明されています。, 一人称の物語では、語り手が自分の物語を語っている・・・・・以上、そこには語り手の主観的な意味づけが吹き込まれているはずだということになる。, この特徴を生かした作品を書くこともできますし、逆にこれが制約になることもあるでしょう。, 誰の視点でもない書き方。登場人物の内面を直接書くことはせず、客観的事実だけを書く地の文。, 物語は客観的な外部の視点から語られ、作者は読者を登場人物の心理に誘い込もうとせず、登場人物がどう感じているか、何を考えているかも説明しない。, 登場人物の内面を直接表現できるというのは、小説の最大の武器とも言えますので、それをあえて封じるような書き方ですね。, 三人称客観視点のメリットは、「誰も気が付いていないことも描ける」ということ。誰にせよ「登場人物の主観」で描く場合、「少なくとも登場人物の誰かが気づいていること」しか描けませんが、客観視点なら、登場人物の誰も気が付いていないような事実さえ書けるわけです。, この描き方で登場人物の内面を表現しようとする場合、間接的に表現するしかありません。, 主人公の演技や・客観的事実だけで、登場人物の内面を表現するわけです。そういう意味でも映画的ですね。, 注意しないと、「客観視点」なのに客観的ではない作者の勝手な主観が入る危険性があるわけです。, 後述する「三人称全知視点」の場合も、同じ危険があります。主観が入ってしまった文章の具体例は、「三人称全知」の項目を参照してください。, この書き方は、一人称の地の文の主語を「彼は~」「山田は~」等の三人称に入れ替えただけで、基本的な書き方は一人称の地の文と同じです。, 三人称なのに、ときどき主人公の心の声などが一人称のような文体で登場します。よく見かける「一人称と三人称が混ざっているような地の文」は、このタイプです。, 一人称と同じようにすべてが主人公の主観で表現されるので、客観的な事実を直接書けません。, つまり、三人称なのに主人公の知らないことは書けない。それを書くと、「主人公の視点」と「客観視点」の、二つの視点になってしまうからです。, 最後に、最近の作品ではあまり見られない方式の「全知視点」についてです。「神視点」あるいは「作者の視点」とも呼ばれます。, 「三人称全知」とは、登場人物の誰かというわけではなく、物語の世界に関する全てを知っている何者かによって語られる形式です。, 客観視点との違いは、全ての登場人物の「内面を描ける」ということです。そして、同時に客観視点でも描写できるので、誰も気が付いていないことも書けます。まさしく「神の視点」ですね。, とにかく「全知」であり、物語の過去から未来まですべてを知っている者の視点ですから、「このあとどうなるのか」を予告したり、「実は過去にこんなことがあった」と説明することさえ可能です。, 「三人称全知」は、ほとんど何でも語っていい視点ですが、「三人称客観視点」と同じように、全知の語り手本人の「主観」を述べることはNGです。, 「あなたとは結婚できないと思うわ、サム」。エミリーは、自分は男が思う以上にいい女だと言いたげな、偉ぶった性悪女の口ぶりでそう言った。, 例文の「自分は男が思う以上にいい女だと言いたげな、偉ぶった性悪女の口ぶり」というのは客観的事実ではなく、誰かが勝手にそう感じたという主観的な話ですね。, 登場人物の誰かがそう感じたというならOKですが、この例文だと「語り手はそう感じた」という文章になっていますね。, 全知の語り手の主観、つまり「神の主観・意見」が出てしまっていて、いわば謎の神が作品に登場しちゃっているようなもの。作品内に登場しないように隠れながらも、全てを語るのが「三人称全知」ということです。, 一つの作品内で、視点を変えるのはよくある話ですね。エピソードごとに視点を変えたり、あるいはもっと細かく場面ごとに替えたりということがあります。, 「一人称」の視点を変えるのは良くないという意見もありますが、そういう作品の例がないわけでもありません。例えば、シャーロックホームズの「緋色の研究」などがそうですね。, 「全知視点」から他の視点に変わる作品の例は思い浮かびませんが、不自然ではないように表現できれば、「絶対ダメ」とは言い切れないでしょう。小説は基本的に、絶対的なルールは作れませんからね。, 視点を変えながら書く手法を「多元視点」と呼ぶこともあります。場面ごとに視点を変えるとしても、各場面で使う視点そのものは、ここで紹介した4種類のどれかに該当するはずです。「三人称一元視点」で統一しつつ、視点にする人物を変えていくという手法がよく使われます。, 同じ場面で視点をコロコロ変えてしまうと、かなり読みにくくなるので、「1場面に1人の視点」が基本とされています。, 視点を変えるなら、場面の途中ではなく、章が変わるところなど、「キリの良い所」だけにするのが普通。決まりがあるわけではありませんが、「読者の混乱を招かないように視点を変える」のが基本でしょう。.
fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); ストーリー作りに行きづまることってあると思います。そういう時は、適切な「思考法」を使えば解決するかもしれません。この記事 ... 日本では「起承転結」にそってストーリーをまとめるのが基本だとされています。とはいえ世界的には「三幕構成」のほうが一般的で ... マンガでもアニメでも、大抵の作品には、観客向けの「表のテーマ」と、スタッフやクリエーター自身にとってのテーマである「裏テ ... 「ワンピースの伏線がすごい!」という話がありますが、伏線なんて本当に必要なのでしょうか?この記事では、伏線は何のために張 ... マンガや小説、映画などでよくいわれる「伏線」とは何でしょうか。なんとなくはわかっていても、詳しい定義はご存知でしょうか。 ... フリーライター・編集者。得意分野はマンガ論・小説・アニメ・映画。ストーリー構成論など。Webマンガを別名義で各ストアにて配信中。. 地の文の「説明」と「描写」 地の文は「説明」と「描写」に分けて考えることができます。 説明とは小説を読み進めていく上で、必要な情報を読者に提示するために使われます。 例えば「今から十年前のこと」などは説明になります。 if (d.getElementById(id)) return; 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); 1人称視点と比べると均質的な世界になってしまうという特徴もあり、誰か1人の心情を詳細に描くことには優れません。, プロにアドバイスをもらうことで自分に足りない部分もわかりますし、最短距離で小説家デビュー, 小説としてのクオリティを高めたいなら、実際にプロの小説家から指導を受けながらプロット作りから学ぶのが一番, ただ説明するだけであれば簡単ですが、これを文学的に表現するというのがなかなか難しい, 小説には欠かせない文学的な表現ですが、使いすぎてしまうとわかりづらい文章になってしまう可能性があります。, 言い回しというのは作家の特徴が非常によく現れる部分でもあり、有名作家には独特な言い回しを使う人も多い, プロの小説家として求められる表現方法を知りたいなら、まずは実際にプロの小説家に見てもらうことが大切, https://www.amgakuin.co.jp/contents/novels/. var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
マンガの場合は画で説明することもできます。 地の文とは会話文以外の文章のこと です。 その場で起きている状況・過去にあったことを説明するための文章とも言えます。 また登場人物の心情を描写する場合もあります。 台詞. 「お前がやったのはわかっている」

Photoshopの使い方|「レイヤーマスク」とは―しくみ・使い方。レイヤーの一部だけを表示させたい時に便利!, Photoshopで写真を簡単に白黒マンガの背景に加工する方法メイキング―印刷にも対応!, Photoshopで写真を簡単にアニメ・イラスト風カラー背景に加工する方法メイキング. js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.8"; 刑事、黙って背を向ける――