$("button.pf_insert_183791").addClass("btn-light");

type: "POST", $("button.pf_insert_183791").text("ファン登録済み");

success:function(data){

「練習試合から10回以上を投げる練習をしていた。スタミナも残っていた。楽しく投げることができた。とにかく腕を振って、制球を間違えないように意識した。8回に逆転され、厳しいなと思ったが、そこを踏ん張ることができ、9回にみんなが追いついてくれて助かった。(10回の犠飛は)前の2人が出てくれたので、とにかくバットに当てようという気持ちで打席に入った。振り切ることだけを考えた。芯でとらえ、最後の一押しまでできた。(10回裏は)1点差を楽しむことができた。走者二塁でも落ち着いていた。(春は3回戦でコールド負けだったが)春は変化球と直球の腕の振りが違っていた。それを直すため、変化球の腕の振りを意識してきた。抽選が決まってから絶対に勝とうと思っていた。(次戦へ)厳しい戦いになると思うが、初回から飛ばして最少失点に抑えたい」, ◆帝京長岡・酒井蒼太主将の話◆ 向陽:阿部佑真、大滝和真、大澤成翔-栗林昌吾 playerid : playerid, var playerid = 185326; $("button.pf_delete_225337").addClass("pf_insert_225337"); } $("button.pf_insert_185326").removeClass("btn-primary"); error: function(){ console.log('失敗'); error: function(){ 【代表】高円宮賜杯 第39回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント南北海道予選大会. error: function(){ (バッテリー) playerid : playerid, error: function(){ $('.pf_insert_225337').on('click', function(){}); $("button.pf_delete_3966").addClass("pf_insert_3966"); })

data: { var userid = ; }); $('.pf_delete_225337').on('click', function(){}); $(function () { var userid = ; (C) Quality Co., Ltd. All Rights Reserved. (二塁打) }); }, userid : userid $("button.pf_delete_185325").text("ファン登録する"); $.ajax({ data: { }); $("button.pf_insert_3966").addClass("pf_delete_3966"); $("button.pf_delete_185326").text("ファン登録する"); $("button.pf_insert_185325").text("ファン登録済み"); 第一:北田凜太朗(6回)、小林篤史(8回)

var playerid = 185326;

$("button.pf_delete_3966").removeClass("btn-light"); }, timeout: 10000, console.log('失敗'); $(function () { 夏の甲子園出場を懸けた「第101回全国高校野球選手権・新潟大会」は8日、3球場で1回戦7試合が行われた。鳥屋野球場の第1試合では新潟が終盤に新津南を突き放しコールド勝ち。佐藤池球場の第3試合では糸魚川白嶺が昨秋ベスト4の帝京長岡を延長の末にくだし、2回戦に進出した。9日は3球場で1回戦6試合が予定されている。 console.log('失敗'); playerid : playerid, $("button.pf_delete_225337").addClass("btn-primary"); up_type: up_type, }, (二塁打) 高校野球は球児の懸命なプレーでドラマチックな試合が繰り返され、ファンの心を魅了し続けています。その中で注目される有名強豪校について、主なメンバーの出身中学などを調べてみました。一応旧チームのデータも残してあります。少し紛らわしいかもしれませ 高田北城:牛木研志2(3回、5回)、渡辺皓太(8回) var userid = ; }); userid : userid (本塁打) 新津南:向井優輝、佐藤岳-田澤将 }, 技巧派対決は帝京長岡に軍配!

var up_type = "delete";

playerid : playerid, ①新潟青陵(9:00)巻総合 <鳥屋野> 白嶺:小野圭悟-松尾将聖 小千谷西の先発③浅見良太(2年), 2回表、高田北城は満塁からの押し出し死球で先制後、牛木研志(2年)の左前適時打などで計6点を先行, 8点差を追う小千谷西は3回裏、満塁から併殺崩れの間に1点を返し、四番・山之内陽夏(2年)の左越え適時二塁打で2点追加, 6回裏、小千谷西が阿部斗真(2年)の三ゴロ失策の間に1点返し3点差に。小千谷西は最後まで粘りを見せた, ◇高田北城・辰尾健太監督の話◇ $("button.pf_delete_185326").removeClass("pf_delete_185326"); 中央:黒井一揮(3回)、宮澤遼介(5回) } 夏の新潟大会では初めてとなる連合チーム同士の対決となった, 2回表、1点を追う久比岐柏総は主将の七番・田邉堅也(柏崎総合3年)の右前適時打で同点に追いつく, 4回裏、高田農商は内野ゴロの間に1点を勝ち越した後、風間晴喜(高田商3年)の中前適時打でさらに2点を追加。4-1とリードを広げる, ◇高田農商・大島勉監督(高田商監督)の話◇

} var userid = ; $('.pf_delete_185325').on('click', function(){}); $(function () { }); }); }); up_type: up_type, $("button.pf_delete_183791").addClass("btn-primary"); }) $( '.player_fav' ).on( 'click', '.pf_delete_185325', function() {