!%) パワーショベル用走行ユニット他 ナブテスコ

All Rights Reserved.

2.日本の主要建機メーカーを詳しくご紹介 コマツは世界2位の売上高を持ち、世界1位の米キャタピラーとともに世界の2大メーカーとして知られています。また、他にも豊田自動織機はフォークリフト、クボタはバックホー(ミニショベル)で世界1位。タダノはフォークリフトで世界2位の世界シェアを占めているなど、それぞれの分野で日本メーカーが高いシェアを獲得しています。, 日本には様々な強みを持った建設機械メーカーが数多くあり、それぞれの特性を活かして世界市場で活躍しています。, 世界第2位で国内トップの建機メーカー。日本で初めてトラクターやブルドーザーを国産化。油圧ショベルやホイールローダー、ブルドーザーなどの建設・鉱山機械をはじめ、林業機械や地下建機などを生産し、幅広いラインナップを誇っています。海外での売り上げが80%を超え、国内のシェアでは、ブルドーザー 60% 油圧ショベル 30%でトップシェアを占めています。現在はICTと言われる情報通信技術を活かした建設現場の省力化に積極的に取り組んでいます。, クローラー式油圧ショベルの世界シェアは第1位、油圧ショベルで国内シェア第2位。大型ショベルやミニショベルなどの油圧ショベルを主力としています。その他にもホイールローダーやダンプトラック、解体重機、道路機械などを生産しています。, ミニバックホーと呼ばれるバックホーで、世界トップシェア25%を占めており、15年間連続で世界第1位を獲得しています。その他にもミニホイールローダーや除雪・畜産に使用する特別仕様のホイールローダー、様々なものを運ぶためのコンパクトなゴムクロキャリアなどを製造・販売しています。, 神戸製鋼グループの建機メーカーです。油圧ショベルとクレーンを中心に生産しています。売上高の6割を海外市場が占めており、「低燃費・低騒音」の優れた環境性能に強みを持っています。, 油圧ショベルでは国内シェア第3位。農機、建機、発電機など幅広い産業用機械を生産しています。2016年にはドイツの中堅建機メーカーを買収し、世界市場でのさらなる拡大を目指しています。, 2008年のリーマンショックの影響で、2009年に大きく落ち込んだ日本の建設機械の出荷額は、それ以降は震災の復興や大型の開発プロジェクトなどによる国内需要の拡大、世界市場では新興国や北米などの需要の拡大があり、出荷額は堅調に推移してきました。, 2015年は新興国の建設が伸び悩み、鉱山資源の価格低下などの影響で、業績が落ち込みましたが、2017年には大きく回復し、2018年の出荷額は2兆8073億円と過去最高を記録しました。アジアを中心とした新興国でのインフラ整備の需要が拡大し、鉱山資源の価格も回復して需要も高まりました。海外での売り上げは約1兆3000億円、国内売り上げは1兆円程度と海外での売り上げ比率が上回っており、2013年から国内の市場はほぼ横ばいで、海外市場で需要が建設機械業界の出荷額に大きく影響します。, 日本の建機メーカーの輸出先は、北米 36.8%が最も多く、続いて欧州 22.3%、この2地域で約60%。第3位は中国を含むアジア地域で輸出シェアは17.5%。欧米の大手建機メーカーとの競争も激しさを増し、中国の建機メーカーも低価格の製品を市場に投入し、業績を伸ばしています。, 日本メーカーではこうした状況に対して、M&Aを積極的に行っています。2016年、ヤンマーが独テレックス・コンパクト・ジャーマニー社、日立建機が鉱山機械部品を扱う豪ブラッドケン社を買収。2017年にはコマツが米ジョイ・グローバル社を買収しました。, また、ICT(情報通信技術)を活用し、現場の生産性を向上させるサービスの開発にも建機メーカー各社が積極的に取り組んでいます。コマツは油圧ショベルなどの建設機械の情報を遠隔で確認するためのシステム「KOMTRAX」を開発、さらにICT機能を搭載した建機などの活用によって、建設現場のあらゆる情報をICTでつないで、安全で生産性の高い現場を実現する「スマートコンストラクション」というサービスを提供しています。, 環境への負荷を軽減する技術もこれからの世界市場で求められることになり、現在日本メーカーは排ガス規制に対応した装置の開発にも取り組んでいます。, 日本製品が強みとする耐久性に加え、M&Aによって世界中をカバーする生産・販売・アフターサービス網、ICTによって生産性を向上させる新たなサービス開発、そして環境への負荷を軽減する技術などによって、今後も日本の建機メーカーは欧米や新興国のメーカーとの差異化を図り、その優位性をさらに高めていくと思います。, 今や国際産業に成長し、世界市場で活躍する建設機械の開発・生産・販売・サービスに携わることは大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。また、新興国などでのインフラ整備、災害復興、都市開発などの大型開発プロジェクトなど、世界中の人々の暮らしを向上させるために欠かせない建設機械を生み出しているという喜びを実感することができます。, いま、建設機械も大きな変革期を迎えており、ICTや環境負荷軽減など新たな技術がどんどん取り入れられています。機械設計や生産技術はもちろん、通信技術や情報技術などのエンジニアにとって、これまでになかった新たな機能を持つ建設機械を世界に送り出せるチャンスも数多くあります。, 機械設計・電気設計・油圧開発などのメカトロ系のエンジニアを中心に数多くの求人があります。また、今後主力となるICT建機のサービスを開発していくために情報通信やロボット・AIのエンジニア、新たな機能をユーザーに説明する技術指導・インストラクター、世界中にある生産拠点への部品調達などを行うSCM部門の求人などもあります。, タイズは大阪に本社を置き、2005年に創業して以来ずっと関西メーカー一筋に転職支援を行っている転職エージェントです。10年以上の転職支援実績を元に記事を執筆しております。, 次世代医療ロボットの需要とメリット~手術ロボットの開発に求められるエンジニアとは~, 世界トップレベルの物流システム技術で倉庫を自動化!いま物流業界に転職する魅力とは?【2019】, 〒530-0004大阪府大阪市北区堂島浜1-4-19 マニュライフプレイス堂島4FTEL:06-6343-9391  FAX:06-6343-9392, リクルートキャリア主催 GOOD AGENT RANKING ユーザー満足度部門入賞. 1.世界シェアを持つ日本の建機メーカー 2.日本の主要建機メーカーを詳しくご紹介 3.建設機械業界の市場推移 4.建設業界で働く魅力 5.建設機械の求人 建設機械は油圧ショベルやブルドーザー、クレーン、フォークリフト、ダンプトラックなど、様々な種類があり、世界の建設機械市場で、数多くの日本の建機メーカーが高いシェアを誇っています。今回は、建設機械市場の推移や業界で働く魅力についてご紹介します! ショベルやクレーンなど、建設工事に使われる機械を製造する建設機械メーカー。業績が建設需要に先立って変動するため、景気の「先読み指標」とも言われていますが、平均年収はどうなっているのでしょうか。, 各社が公表している最新の有価証券報告書のデータをもとに、日本の主要な建設機械メーカー12社の平均年収をランキングしました。, 2016年度の1位はクボタで、平均年収は812.8万円(平均年齢40.4歳)。農業機械で国内最大手のクボタですが、実はミニバックホー(ショベルがオペレータ向きに取り付けられているミニショベル)でも15年連続で販売台数世界一です。, 2位は豊田自動織機で790.5万円(39.4歳)。自動車だけではなく産業車両も手がけており、フォークリフトでは世界シェアトップ。3位はトンネルのドリルマシンに強みがある古河機械金属(788.4万円、45.8歳)で、建設機械で国内最大手のコマツは5位(716.3万円、38.9歳)でした。, 一方、最も年収が低かったのは世界で初めてミニショベルを開発した竹内製作所で、537.9万円(40.0歳)でした。, つづいて、平均年収のアップ率をみていきます。下のグラフは、5年前の平均年収からのアップ率をグラフに表したものです。, 過去5年で平均年収が最もアップしたのは竹内製作所。アップ率は28.8%で、額にすると100万円ほど増えました。欧米事業が好調で、この5年で売り上げは2倍以上になりました。, 2位と3位はクレーンが主力の加藤製作所とタダノで、平均年収はそれぞれ20%以上アップ。震災復興やインフラ整備などによる需要の高まりを受け、国内の建設用クレーンの総出荷額は11~16年度の5年間で倍以上に増加。加藤製作所とタダノはこの波に乗って業績を伸ばしました。, 一方で平均年収が下がったのは、日立建機と住友重機械工業。国内最大手のコマツもアップ率は1.3%と小幅にとどまっており、建機総合メーカー3社の年収の伸びは低調です。, 各社が主力とする油圧ショベルの世界需要は、中国の景気悪化や資源価格の下落により、10年度をピークに縮小。15年度はピーク時に比べて4割減り、リーマンショック直後と同水準まで落ち込みました。コマツは売上高の8割、日立建機は7割、住友重機械工業も5割を海外で稼いでおり、世界需要の減少を受けて業績も伸び悩んでいます。, 労働力不足の中でも効率的に建設工事を進めるため、政府はICT(情報通信技術)を建設現場に導入する「i-Construction(アイ・コンストラクション)」を推進しています。, 最大手のコマツはこれにいち早く着手し、15年には「スマートコンストラクション」サービスを国内で始めました。ICT建機から共有される情報をもとに施行をマネジメントするクラウドサービスを施工業者に提供。13年にはレンタル、16年には販売を開始したICT建機は、これまで3800を超える現場に導入されました。, 日立建機も、16年にICT建機のレンタルと販売を開始。17年にはスマートフォンやタブレットで施工状況を確認できるクラウドサービス「Solution Linkage Cloud」の提供も始めました。, 建設機械の需要は、リーマンショック後に落ち込み、10~11年には一旦中国での需要増で回復したものの、その後は再び資源価格の下落などで縮小しました。16年は回復の兆しもみられており、今後は中国など新興国や資源国の動向がポイントとなってきます。. 最新の有価証券報告書をもとに、日本の主要な建設機械メーカー12社の平均年収をランキングしました。トップはクボタで唯一の800万円超え。建機総合メーカーは低調。 4.建設業界で働く魅力 株式会社クボタ(以下クボタ)は、国内最大手の農機器製造会社で、その農機器市場で国内シェアトップ(35%)(金額)を誇っています。(2015年) 2位はヤンマーホールディングス株式会社で、21%のシェアとなっています。, 同社は農機器の他にも、エンジン、水の浄化装置・配管・ポンプ・アタッチメント、バックホー、ホイールローダー、キャリア(キャタピラタイプ)、はかりや検査装置などの精密機器、なども製造しています。, ミニバックホー(6t以下)において、世界トップシェアを誇っています。(2017年)  また、15年間連続で販売台数が、世界1位です。, バックホーとは、油圧ショベルやユンボ―などとほぼ同じだと思ってもらってかまわないです。 ただ油圧ショベルは、バケットが外側(運転席でない方)のものも含まれます。バックホーはバケットが内側(運転席の方)に向いたもののみになります。パワーショベルやユンボなどの名は製造している会社によって呼び名が違うだけです。, クボタは車両重量500kg・バケット容積0.011㎥(砕石で言うと19kg程度)から、車体重量5.5t・バケット容積0.21㎡(砕石で言うと360kg程度)のバックホーを製造しています。(アタッチメントやオプションで変わります)ミニバックホー, 100馬力以下の産業用多気筒ディーゼルエンジンにおいて、世界シェアトップを誇っています。, クボタは、排気量479cc・出力9.9kW(13.5ps)の2気筒4サイクルエンジンから、100馬力より少し超えますが排気量3769cc・出力86.4kW(117.4ps)の4気筒4サイクルエンジン、ガソリンエンジン、LPGエンジン、天然ガスエンジン、デュアル燃料エンジンなどを製造しています。(紹介しているのは国内向けエンジン), また、厳しいといわれるヨーロッパの排ガス規制を含め、各国の排ガス規制に通るように、その場所に合ったエンジンを製造しています。39.4psエンジン, トラクターとは、畑を耕すものをイメージする方が多いと思いますが、本来は、牽引車です。そのトラクターに、土を攪拌するアタッチメント(ロータリー)を付けたもので畑を耕します。, クボタは10.5馬力のトラクターから、170馬力のトラクターを製造しています。非常に高い耐久性が特徴で、80年代・90年代のトラクターも現役で動いていることが多いです。そのためベトナムなどの海外に中古のトラクターが多く輸出されています。このため国内で使って売るとき、買い取り価格が高いです。, クボタは、手押し式・乗りこみ式の両方の田植え機を製造しています。また植えることのできる能力は、2列~10列まであります。そのため価格もで20万~500万と大幅な開きがあります。, コンバインとは、稲刈り期のことで、秋ごろ稲を刈っている機械です。しかしコンバインは稲を刈るだけではありません。脱穀(稲からモミ(米の入った殻)を取る)から、貯蔵、排出までを行います。, クボタは、2列~6列刈れる機械をそれぞれラインナップしています。120馬力のモデルは、最高作業速度2.0m/s(時速7.2km/h)とちょっとゆっくり目のジョギング位と、とても早くパワフルです。, 水道用鉄管とは、水を通す鉄管のことです。今現在は、塩ビ管や銅管、ポリ管などに代替されてきているのも確かです。しかし強度・延性が高いため、耐震性が非常に高いため使われています。また、錆びるのではないか?と思われますが錆びないためのコーティング技術も上がっており、よほどの土壌環境でなければ、寿命もトップクラスです。, ・世界シェアトップのミネベアミツミがハンドスピナーにて、ギネス2つ取得 ・折り紙のように自由自在に折り曲げて使う錫(金属)でできたお皿「すずがみ」 シマタニ昇龍工房 ・ベアリング(軸受)・特殊ベアリングの世界シェア・国内シェアランキング.