No reproduction or republication without written permission.

4世紀の中国は、周王朝は存在していたが有名無実化していた。この時代は秦など戦国七雄による戦乱期であった。各国は諸子百家など実力者を採用し、経済を活性化して軍事力強化を図った。この政策を富 … 紀元前260年の戦国七雄 概要 編集 春秋時代 の中国には 邑 の連合体から成る数多くの国家が存在したが、弱小国は大国に次々と併呑されていき、領域国家へと成長を遂げた 秦 ・ 楚 ・ 斉 ・ 燕 ・ 趙 ・ 魏 ・ 韓 の七国に収斂した。 戦国七雄(せんごくしちゆう)は、中国の戦国時代に有力だった七国を指す言葉。稀にその七国の君主を指す場合もある。, 春秋時代の中国には邑の連合体から成る数多くの国家が存在したが、弱小国は大国に次々と併呑されていき、領域国家へと成長を遂げた秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓の七国に収斂した。この七国を戦国の七雄ともいう。春秋時代には周王の権威に挑戦して王を称したのは長江中流の楚に下流の呉と越の君主だけであり、主として黄河流域の華北の国々は天子である周王室の権威を尊重して王の臣下たる諸侯を称したが、戦国時代に入ると華北の大国までもが次々と天子たる王を自称するようになった。秦と斉の君主に至っては、一時期であるが西帝・東帝を名乗っていた事もあった。, しかしこの七国以外にも、衛・魯など弱小ながらも存続していた国もあり、宋や中山は七国には及ばぬまでもそれなりに力を持っており、同じく君主が王を自称していた。また衰えたりといえど周王室も存続していた。, 最終的には秦の始皇帝によって他の六国やその他の小国は滅ぼされる事となり、唯一残ったのは戦国七雄には含まれない小国・衛だけであった。衛が滅ぼされるのは二世皇帝の治世に入った後であった。, また、秦王朝末期から前漢成立までの一時期には、秦以外の六国全てが復興している。しかしそのうち、趙は本来の王が別国に封じられ、宰相が趙王となった。また魏は項羽に領土を削られて西魏となった。楚の懐王は反秦の盟主に祭り上げられ、後に義帝となるが、やがて項羽に殺され、楚漢戦争期には西楚の覇王を称する項羽の勢力が楚と呼ばれた。これら諸国は項羽ないし漢の劉邦によって再び滅ぼされた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=戦国七雄&oldid=77198361. 1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.

| ブログを報告する. 戦国時代中期、威王(在位前339~前329年)のころは七雄の一つとして斉、秦などと対抗していたが、次第に秦が有力になると、楚国は斉などと結んで秦に対抗する合従策を採るか、秦と同盟して安全を保つ連衡策を採るかで対立が生じた。

戦国時代初期の諸侯国は数十国あり、その中で斉・晋・楚・越の4国の国力が強く、天下は4分の勢となっている。 春秋時代の長期的な戦争により、晋の国君は春秋末期になると 傀儡 となり、卿や大夫が政治の実権を掌握することになった。

百科事典マイペディア - 戦国の七雄の用語解説 - 中国の戦国時代の7大強国をさす。旧来の国としては,秦,楚,燕の3国があり,これに晋から分かれた韓・魏・趙の3国と田氏の斉を加える。うち秦が最も強大となり,そのほかの国を合わせて六国(りっこく)と呼ぶ。

また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, …中国,戦国時代の7強国のことで戦国の七雄といい,秦,楚,斉,燕,韓,魏,趙を指す。中原の大国晋が卿(けい)(重臣)によって韓,魏,趙の3国に分割された紀元前5世紀後半になると,東方では権臣田氏が実権を握る斉,北方には旧大国の燕,西方には発展途上の秦,南方には広大な領土を誇る楚の7ヵ国が成立し終わり,世は戦国時代に入る。…. 4世紀の中国は、周王朝は存在していたが有名無実化していた。この時代は秦など戦国七雄による戦乱期であった。各国は諸子百家など実力者を採用し、経済を活性化して軍事力強化を図った。この政策を富国強兵という。, このころから鉄製農具が使用され、収穫量がふえ余剰農産物が発生した。余剰農産物の登場により、商人が登場し貨幣経済が発達した。 それまでの国家は、城とその周辺のみを統治する都市国家であった。しかし、戦国時代になると複数の都市国家を支配するようになる。これを領土国家という。このころになると都市の人口は30万人規模になった。, この時代の有力国は7つあり、戦国の七雄と呼ばれた。戦国の七雄は以下の国である。 晋(首都 洛邑周辺)から分裂した趙、魏、韓  ちなみに魏は、この後2回登場するがいずれも華北である。    紀元後220年 三国時代 曹操の子曹丕が建国した魏    紀元後384年 南北朝時代 鮮卑族が建国、華北を統一し北朝を建てる。 西方で異民族の最前線で戦った秦 戦国時代長江上流部にあり、この時代になると下流部にあった呉、越を滅ぼし、南方長江全域を支配した楚  ※ 香港などの南シナ海沿岸が中国の支配下になるのは、紀元前3世紀末の秦の中国統一後である。  ※ 秦を滅ぼした項羽の出身地も楚である。  ※ 19世紀後半、このあたりがイギリスの勢力圏になる。 黄河下流域、山東半島周辺の斉  ※ 山東半島は、1880年代の中国分割でドイツ勢力圏になる。 斉の北、現在の北京周辺の燕 であった。, 当時、周王朝が存在していたが、このころになるとほぼ権威はなくなっていた。人材も、周王朝の階級が崩壊し実力主義で出世できる世の中にかわった。これら有能な人材が諸子百家である。また、各諸侯は、軍事力維持拡大のため富国強兵に努めた。治水工事や鉄製農具の普及による農産物の生産拡大。また、各国は独自の貨幣を採用し、商人を集めようとした。, この中で、最有力国は、西方にあった秦であった。秦は、この時代にかつての周の都咸陽<今の西安>に都を移した。政治的には、法家の官僚を重んじた。法家の思想は端的にいえば、法を破ったものには厳罰をあたえよという思想であった。この思想がのちに秦王朝を滅亡させることになる。また、中央アジアの商人と交流があり商業も普及した。貨幣も当時広く使われていた円形通貨を使用した。 この時代、北方の騎馬民族との侵入に苦しんだ。そのため、築かれたのがのちの万里の長城である。なお、これを築いたのは北方に面している秦、趙、燕の3国である。, 世界史を初めて学ぶ方のために、地域ごとに18世紀までは100年単位、19世紀以降は10年単位でまとめたブログです。わたしも世界史を勉強し始めたばかりなので一緒に勉強できればと思います。, sekaishiotakuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

前回分はこちら紀元前250年、秦では昭襄王の後継者として考文王が即位するが、数年で死去すると太子:子楚が荘襄王として秦王に即位する。荘襄王が太子時代に趙に人質になっていた頃から後見人的な立場にあった呂不韋(りょふい)が宰相に就任する。