1957年生まれ、富山県氷見市出身。京都大学出身。1979年4月より富山県庁入庁後、県土木部長や建設技術センター副理事長を歴任、氷見未来まちづくり研究会副会長ののち、2017年4月の市長選で初当選。一期目。 広報担当:大原、松田、清水、西春 E-mail:en-press@en-japan.com, エン・ジャパン、富山県氷見市 副市長公募の 採用支援プロジェクト開始!ー「地方創生」実現に向け、市の改革を担う副市長を外部から採用ー. 2013年氷見市長選挙. TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4683

富山県氷見市長 林 正之氏. 本川 祐治郎(ほんがわ ゆうじろう、1967年4月8日[1] - )は、日本の政治家。元富山県氷見市長(1期)。, 富山県高岡市出身[2]。旧姓:中村。父親は税理士。富山県立高岡高等学校卒業[3]。1浪して早稲田大学商学部入学・卒業。衆議院議員の武藤嘉文の私設秘書をしているときに父の誘いを受け帰郷。高岡商工会議所に4年勤務した後、2000年(平成12年)から妻の実家の味噌・醤油製造会社の経営に携わる[4]。その後、経営コンサルタント会社を設立した。, 2013年(平成25年)1月17日、氷見市長の堂故茂が第23回参議院議員通常選挙へ出馬する意向を表明[5]。これを受けて同年2月16日、本川は氷見市長選挙への出馬を表明。堂故は4月1日付で辞職。, 市長選は4月7日に執行される。みんなの党の推薦を得た本川は、堂故の支援を受けた第三セクター会社社長の寺下利宏を破り初当選を果たした。, ※当日有権者数:43,445人 最終投票率:72.95%(前回比:-8.68pts), 2017年(平成29年)4月2日執行。自由民主党の推薦を受けた元富山県庁職員の林正之、元市議の沢田勇らとの戦いに敗れ、1期で市長職を退いた[6]。告示前の3月8日には複数の職員へのパワハラ発言の音声データが週刊誌で報じられた[7]。, ※当日有権者数:42,247人 最終投票率:71.94%(前回比:-1.01pts), 2018年(平成30年)3月16日、市が設置した委員会(委員長は弁護士)は、本川の在職中のパワハラは常態化していたと報告した。本川は市長選に向けて、女性職員に、女性を多数集めて懇談の場を作るよう指示。女性職員が断ると、本川は降格を示唆したという[8][9]。, http://www.huffingtonpost.jp/patriots/toyama-himi_b_10038976.html, http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2017040302100010.html, https://www.asahi.com/articles/ASL3J54VVL3JPUZB00F.html, https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00e/040/257000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=本川祐治郎&oldid=78316596. エン・ジャパン、富山県氷見市 副市長公募の 採用支援プロジェクト開始! ー「地方創生」実現に向け、市の改革を担う副市長を外部から採用ー, 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、2020年2月13日(木)より、富山県氷見市(市長:林正之)の採用支援プロジェクトを開始しました。今回は、エン・ジャパンが運営する採用支援サービスにて、副市長公募を実施いたします。本プロジェクト特設ページでは、富山県氷見市 林正之市長と現職 小野 裕一朗副市長の特別インタビューを公開。下記、概要をご報告します。, 特設ページはこちら⇒ https://www.enjapan.com/project/11.html, 富山県氷見市は、県北西部 能登半島の付け根に位置する、人口約4万7千人のまちです。400年の歴史を誇る定置網漁で有名なひみ寒ブリをはじめとする、里山・里海の食資源。富山湾越しに望む雄大な立山連峰の景色といった観光資源を基盤に栄えてきました。一方、若年層の転出や出生数低下による人口減、厳しい財政状況、魅力的な雇用機会の確保など日本全国の地方都市が抱える共通課題に直面しています。, 氷見市は上記課題に立ち向かうため、「住みたいまち、働きたいまち、育てたいまち」 を目指すというビジョンを掲げ、「氷見元気プロジェクト」推進しています。国に先駆けた第二子保育料無償化など、子育て世代に対する充実した支援、ICT・プログラミングや地域課題をテーマとした教育の魅力化、台湾出身のコーディネーターを配置したインバウンド誘致、公募したエリアマネージャーを中心とした商店街の活性化プロジェクトなど、多様な取り組みを企画・実行。まちの変革に努め、徐々に効果が見えてきたと言えます。, 今回、市政推進者の一人である現職 小野副市長の任期満了に伴い、副市長公募を開始。企業や官公庁での経験で培ったスキル・ノウハウを持つ外部人材を取り入れ、市の革新をさらに加速させる狙いです。市政改革の新たなモデルケース創出に挑みます。, 1957年生まれ、富山県氷見市出身。京都大学出身。1979年4月より富山県庁入庁後、県土木部長や建設技術センター副理事長を歴任、氷見未来まちづくり研究会副会長ののち、2017年4月の市長選で初当選。一期目。, 1986年生まれ、神奈川県相模原市出身。東京大学出身。2009年4月より総務省入省後、2015年7月よりロンドン大学大学院へ留学。帰国後は総務省地域力創造グループ 過疎対策室併任地域振興室課長補佐に着任。2018年4月より現職。, ・特設ページ:https://www.enjapan.com/project/11.html, ■日程:2020年2月20日(木)第1回19時開始、第2回20時開始 ※開場18時半、各回座席数に限りがございますので、予めご了承ください, ■会場:移住・交流情報ガーデン1階オープンスペース ※東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル(東京駅八重洲口徒歩4分), 会員数800万人超。日本最大級の総合転職支援サービスです。求人企業1社1社をエンの担当者が訪問し、会社や仕事の魅力を徹底取材。取材記事に加え、現社員や元社員のクチコミ、企業担当者のコメントなど、多面的な情報提供により、ミスマッチのない転職を支援します。, 経験やテクニカルスキルに加え、よりヒューマンスキルを重視したマッチングが求められる30代・40代の転職を、国内最大級10万件以上のミドル向け求人と、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポートします。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減。再就職の決定までに時間がかかりがちなミドル層の転職を、より円滑なものとなるよう支援します。, 無制限の求人掲載・自社採用ページ作成、応募者管理、採用まで、0円からカンタンに使える利用企業数国内No.1の求人支援サービスです。さまざまな業種・規模・募集職種・雇用形態に対応。全国20万以上の企業・店舗の採用現場で導入されています。, エン・ジャパン株式会社 今話題の氷見市長副市長に言いたいことがあればどうぞの7番目の書き込みに今すぐレスポンス! 氷見市長副市長に言いたいことがあればどうぞは爆サイ.com北陸版の氷見市雑談掲示板で話題沸騰中です。今すぐチェックをしよう! 1ページ目 2013年(平成25年)1月17日、氷見市長の堂故茂が第23回参議院議員通常選挙へ出馬する意向を表明 。これを受けて同年2月16日、本川は氷見市長選挙への出馬を表明。堂故は4月1日付で辞職。 市長選は4月7日に執行される。