A .小 B.相等 C.大 D.不一定? ..................│..│.

広大な海原に浮かぶ船。しかし、あれだけ大きな鉄の塊をどうやって浮かべているのだろう。我々の認識では鉄は水に入れると沈むというのは一般的だ。それにも関わらず、豪華客船やタンカーなどの大型の船は何トンもあるのに沈まない。その原理は何だろうか? ...水含有许多盐类成分,因此密度比淡水大,导致浮力较大。同体积的海水因为比淡水含矿物质元素多些,所以比同体积的淡水重。

是哪裡美國最佳大學第一讀本科專業廣泛的應用科學學士(英語:Bachelor of Applied Science)?. q=木板密度=800 kg/m^3qw=海水密度=1030 kg/m^3Vy = y/800 m^3B = 浮力= 1030 * Vy= 1030*y/800 kg= x + y= 10,000 kg=> y = 8 * 10^4 / 10.3=> Vy = 10000/1030 = 9.71 m^3=> V >= Vx + Vy= 9*8*4 + 9.71= 288 + 9.71= 297.7 m^3= ans. 還有浮板Vy=?

みなさん、こんにちは。物理基礎のコーナーです。今回は【浮力】について解説します。浮力とは何かををちゃんと説明することは難しいです。そこで、この記事ではまず、水圧の考え方をもとに浮力の公式を導出し、浮力の求め方を解説します。その後、浮力の問題 一般而言,浮力可以使用公式F b = V s × D × g来进行计算,其中F b 是作用于物体的浮力,V s 是物体浸入流体的体积,D是物体浸入的流体的密度,而g是重力。要学习如何确定物体的浮力,请从步骤1开始学起。 这篇文章是共同创作 者 Bess Ruff, MA. 这篇文章已经被读过7,065次。, 浮力是作用方向与重力相反的力,所有物体在水中都会受到浮力的影响。[1] 相同質量的鐵塊與木塊,做成實心的圓球,則鐵塊的體積比木塊的體積? 静止している物体に、力を加えなければそのまま止まったままです。 今回はニュートンの運動法則の第一法則である慣性の法則とは何か、また、実際に入試で問われるときはどの... みなさん、こんにちは。物理基礎のコーナーです。今回は【放物運動】についてです。今回は、放物運動についてそのれが何か説明した上で、放物運動の公式の復習や計算方法の確認をし、放物運動の問題について理解を深めていきたいと思います。 ... こんにちは。今回は圧力について解説していきます。 圧力や浮力、というと何が違うのか分からなくなってしまったり苦手意識を持っているという方も多いのではないのでしょうか。 圧力や浮力を正確に理解していないと難しく感じ... こんにちは。物理基礎のコーナーです。 今回は【ニュートンの運動法則】についてです。ニュートンの運動法則とは別名、運動の第二法則といいます。 今回の記事の中でニュートンの第二運動法則を勉強します。また、記事の最後に... みなさん、こんにちは。今回も物理基礎を勉強していきましょう。今回は【摩擦力】についてです。 今までは摩擦力という力がないとしたときの運動を考えてきました。しかし私たちの周りではごく一部を除いて必ずと言っていいほど摩擦力が働いて... みなさん、こんにちは。物理基礎のコーナーです。今回のテーマは【斜面上の物体の運動】です。 斜面上の物体の運動には「運動方程式」や「力」、「ベクトル」についての基本的な要素が詰まっているため、受験生の理解度を判断しやすく、センタ... 「空気にのしかかられる力」は頭上に乗っている空気の分だけ大きくなるので、地上付近よりも高高度の方がのしかかられる空気が少なく、力は小さくなります。, 気圧によって物体に加わる力の向きは「上から下向き」だけではありません。「下から上向き」にも「横向き」にも加わります。, 「気圧によって生じる力」は「上空に存在する空気の重さ」と「力を受ける面積」に比例し、「全方向」に生じる力であると言えます。, 浮力とは「上から下向きの水圧」と「下から上向きの水圧」の差によって生じる鉛直上向きの力, 「浮力の大きさ」=「物体が押しのけた水の重さ」という結果はどのような形状の物体においても成り立ち、「アルキメデスの原理」. 還有浮板Vy=? Bess Ruff是美国佛罗里达州的一名地理学博士研究生。她曾就读于加州大学圣塔芭芭拉分校布伦环境科学与管理学院,并于2016年获得了环境科学与管理专业文学硕士学位。她曾为加勒比地区的海洋空间规划项目开展调查工作,并作为博士生学者身份为可持续渔业集团提供了研究支持。 裝滿海水的空間內,物體體積Vx=9*8*4立方公尺,重=x;底下有塊浮版重=y, x+y=10公噸; 那這個"某空間"有多大?問海水體積V=?

今日のテーマは浮力です。浮力とは、水の中で受ける上向きの力で、計算問題もよく出題されます。4つの計算方法があるので、どんな問題でも計算できるように練習しましょう。浮力とはお風呂や海などに入ると、体が水によって押し上げられ軽くなりますよね。 物体被放入包括液体和气体在内的流体中时,它的重量会向下推压流体,而向上的浮力则向上推动物体,抵消重力。一般而言,浮力可以使用公式Fb = Vs × D × g来进行计算,其中Fb是作用于物体的浮力,Vs是物体浸入流体的体积,D是物体浸入的流体的密度,而g是重力。要学习如何确定物体的浮力,请从步骤1开始学起。, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/e\/e2\/Calculate-Buoyancy-Step-1.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-1.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/e\/e2\/Calculate-Buoyancy-Step-1.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-1.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"

<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/1\/16\/Calculate-Buoyancy-Step-2.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-2.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/1\/16\/Calculate-Buoyancy-Step-2.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-2.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/f8\/Calculate-Buoyancy-Step-3.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/f8\/Calculate-Buoyancy-Step-3.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/24\/Calculate-Buoyancy-Step-4.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-4.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/24\/Calculate-Buoyancy-Step-4.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-4.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/9b\/Calculate-Buoyancy-Step-5.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-5.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/9b\/Calculate-Buoyancy-Step-5.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-5.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/a\/ac\/Calculate-Buoyancy-Step-6.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-6.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/a\/ac\/Calculate-Buoyancy-Step-6.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-6.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/6\/6b\/Calculate-Buoyancy-Step-7.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-7.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/6\/6b\/Calculate-Buoyancy-Step-7.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-7.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/a\/a0\/Calculate-Buoyancy-Step-8.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-8.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/a\/a0\/Calculate-Buoyancy-Step-8.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-8.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/22\/Calculate-Buoyancy-Step-9.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-9.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/22\/Calculate-Buoyancy-Step-9.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-9.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/b\/bb\/Calculate-Buoyancy-Step-10.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-10.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/b\/bb\/Calculate-Buoyancy-Step-10.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-10.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/d\/d6\/Calculate-Buoyancy-Step-11.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-11.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/d\/d6\/Calculate-Buoyancy-Step-11.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-11.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/f8\/Calculate-Buoyancy-Step-12.jpg\/v4-460px-Calculate-Buoyancy-Step-12.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/f8\/Calculate-Buoyancy-Step-12.jpg\/v4-728px-Calculate-Buoyancy-Step-12.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, https://www.jove.com/science-education/10392/buoyancy-and-drag-on-immersed-bodies, https://www.khanacademy.org/science/physics/fluids/buoyant-force-and-archimedes-principle/a/buoyant-force-and-archimedes-principle-article, http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/mass.html#wgt, https://sciencing.com/three-types-buoyancy-10036718.html, http://howthingsfly.si.edu/ask-an-explainer/how-can-air-be-fluid-if-its-gas-arent-fluids-liquid, https://www.engineeringtoolbox.com/water-density-specific-weight-d_595.html, http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/Class/PhSciLab/dens.html, вычислить плавучесть (выталкивающую силу), 对于完全浸入流体的物体,浸入体积等于物体本身的体积。对于漂浮在流体表面到的物体,则只考虑流体表面以下的体积。, 例如,假设我们想算出漂浮在水面上的皮球所受到的浮力。如果球是一个直径为1 m的完美球体,漂浮时正好有一半浸入水中,那么我们可以先计算整个皮球的体积,然后除以二,从而算出浸入部分的体积。由于球体的体积等于(4/3)π(radius), 本例中,如果面对的是普通的静止系统,那么我们可以假设作用于流体和物体的向下力只有标准的重力,即, 在水中浮力平衡的物体既不会漂浮于表面,也不会沉到底部。它会悬浮于流体的顶部和底部之间。, 例如,假设我们想知道重20 kg,直径为0.75 m,高度为1.25 m的圆柱形木桶是否会漂浮在水中。计算步骤如下:, 就本实验而言,假设我们将质量为0.05 kg的玩具汽车放入内部容器中。如下一步所示,要计算小汽车受到的浮力,我们无需知道它的体积。, 换而言之,如果物体漂浮,则洒出的水的体积等于物体浸入水面以下的体积。如果物体下沉,则洒出的水的体积等于整个物体的体积。, 在本例中,假设玩具汽车沉入内部容器中,排开了大约两汤匙的水,也就是0.00003 m, 因此,在各类物体中,质量小但体积大的物体是最容易漂浮的。这一特性意味着中空的物体特别容易漂浮。例如独木舟,它有很大的浮力,这是因为它的内部是空的,所以在质量不大的情况下,它能排开大量的水。如果独木舟是实心的,它们的浮力就不会这么强了。, 在本例中,小汽车的质量为0.05 kg,大于它排开的水的质量0.03 kg。这与我们观察到的情况一致:小汽车沉了下去。. 2.浮力等於「海水密度*沉在海水的體積」,與,=需要多大空間或是多少海水」沒有直接關係. 海水の場合、水深10mごとに1気圧と非常に計算しやすかったのですが、 淡水の場合は10.3mごとに1気圧 増加します。 なんともキリの悪い… ちなみに余談ですが、欧米でよく使われるフィート(ft)で考えると、海水なら33ftごとに1気圧、淡水なら34ftごとに1気圧となります。 X 研究来源 還有浮板Vy=? ....................─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─................... ........│.........│...........................│.........│, ........│...│................v ? 裝滿海水的空間內,物體體積Vx=9*8*4立方公尺,重=x;底下有塊浮版重=y, x+y=10公噸; 那這個"某空間"有多大?問海水體積V=? 浮力とは何かををちゃんと説明することは難しいです。そこで、この記事ではまず、水圧の考え方をもとに浮力の公式を導出し、浮力の求め方を解説します。その後、浮力の問題を解いていき、浮力についての理解を深めていきたいと思います。, 浮力の理解には「水圧」や「気圧」の理解が不可欠です。そして「水圧」や「気圧」を「浮力」と同時に考え始めると単位がごちゃごちゃになったり、掛けるべき体積と面積を混同したりと、混乱します。浮力の理解のためには、単位を意識することも重要です。, 浮力とは何なのかを解説したいと思います。が、浮力の理解のためには「水圧」や「気圧」の理解が不可欠です。「気圧」 → 「水圧」 → 「浮力」の順に解説していきます。, 我々は普段、大気中で暮らしています。「大気中」とは「様々な気体分子が飛び交う空間」を意味し、気体分子にも重さがありますので、上にある気体分子は下にある気体分子を下向きに押し付けます。, さらに上にある気体分子は下にある気体分子を下に押し付け、、、、と繰り返していくと、一番下の方の気体分子は上空に乗っている気体分子の分だけ「重さ」を感じることになります。さながら積み重なった布団に押しつぶされるように。, 上から見た頭部の面積を $S$とすると、頭部には底面積 $S$で、地上から宇宙空間までの高さを持つ空気の柱の重さがかかっています。, いくら空気が軽いといっても宇宙空間までの空気を集めて頭に乗せるとそれなりの重さになり、人間の頭にはおよそ空気 $200$ kg分の力が掛かっています。, ではなぜ人間が空気の重さで潰れてしまわないかというと、長年に渡る地球生活で空気の重さに慣れているからです。, 人間の全身は空気の圧力を相殺すべく、内側から外側に向かう力を常に発しています。そのため、空気の全く存在しない空間、宇宙空間などに突然移動したりすると、内側から外側に向かう力によって体の至る所に穴が空いてしまい、体中の空気がすべて抜けてしまいます。, 「空気にのしかかられる力」は力を受ける面積に比例して増大します。計算が面倒なので、普段は空気から受ける力を圧力に変換して考えます。これが『気圧』です。気圧として考えるならば地上付近の物体が受ける気圧はほぼ同じです。, この「空気にのしかかられる力」は頭上に乗っている空気の分だけ大きくなるので、地上付近よりも高高度の方がのしかかられる空気が少なく、力は小さくなります。, 気圧は圧力なので単位は $\rm{力} / \rm{面積}$です。高校物理では、力に $\rm{N}$ (ニュートン)、面積に $\rm{m}^2$ (平方メートル)を使って、$[\rm{N}] / [\rm{m}^2 ] = [Pa]$ (パスカル)という単位で気圧を表すことが多いです。, $$[\rm{Pa}] =\left[ \frac{\rm{N}}{\rm{m}^2} \right]$$, さて、ここから少々ややこしいのですが、気圧によって物体に加わる力の向きは「上から下向き」だけではありません。「下から上向き」にも「横向き」にも加わります。, 「上空の空気の柱にのしかかられる力」というイメージだけでは少々説明が難しくなってきたので、ちょっと気体分子の気持ちになって気圧を考えてみたいと思います。, 気体分子は上空から他の分子にのっかられているので、少しでものっかられる分子の数が少ない (気圧の低い)ところへ移動しようとして、動き回ります。, そのとき、自分の横に気圧の低いところがあれば、そこを目指して移動し、道中にある余計なものは押しのけて進もうとします。, そうすると横向きに力が生じます。自分の上に気圧が低い場所があるならば上方向にある余計なものを押しのけつつ、上に向かいます。すると上向きに力が生じます。, まとめると、「気圧によって生じる力」は「上空に存在する空気の重さ」と「力を受ける面積」に比例し、「全方向」に生じる力であると言えます。, 次は水圧です。水圧も気圧と考え方はほとんど同じです。ただし、水は液体で、空気とは比べ物にならないほど重いので生じる圧力も凄まじいものになります。, 皆さんは飛行機やエレベーターにのって上下した際、耳の鼓膜が痛くなることを経験したことはあるでしょうか?これは急激な気圧の変化によって、耳の内側からの圧力と耳の外側からの圧力のバランスが崩れるために起きる現象です。, 気圧の場合は30 m程度の上下が無ければ変化を感じられませんが、水中では2 mほど潜っただけでも圧力の変化を感じます。初めて素潜りをした人は耳が痛くてびっくりすることでしょう。, 深海 $4000$ mにおける水圧はおよそ $4.0 \times 10^7$ Pa。人間の表面積を $1.6$ m$^2$とすると、水圧によってかかる力は $6.5 \times 10^7$ N。これは東京タワーの重さの $1.5$ 倍に相当します。, いくら大気中で過酷な圧力に晒され、気圧に慣れているといえど、この圧力に人間は耐えられません。文字通り海の藻屑になってしまいます。, 一言で説明するならば、「浮力とは、流体 (空気や水)の圧力によって物体に加わる力の合力」のことです。, 図のように、底面積 $S$、高さ $h$ のプラスチック製円柱を水中にまっすぐ固定し、水圧によって生じる力を考えます。, まずは円柱の上底に加わる力から考えていきます。水圧によって生じる力の大きさは「上方にある水の重さ」と同じになります。, ここで、円柱の上底から水面までの距離 (深さ)を $H$とすると、「上方にある水の重さ」は「底面積 $S$、高さ $H$の水でできた円柱の重さ」となります。水の密度を $c$、重力加速度を $g$とし、鉛直上向きを正とすると、, \begin{eqnarray} \rm{(上底に加わる力)} &=& – \rm{(円柱の体積)} \times {(円柱の密度)} \times \rm{(重力加速度)} \\ &=& – SHcg \end{eqnarray}, 次は円柱の側面に加わる力ですが、側面に加わる力はすべて足し合わせると打ち消しあってゼロとなるので、考えなくても問題ありません。, 最後に下底に加わる力を考えます。下底は上底よりも深い場所にあるため水圧も大きくなります。下底に加わる力の大きさは「底面積 $S$、高さ $H+h$ の水でできた円柱の重さ」と同じで、下から上向きです。, \begin{eqnarray} \rm{(下底に加わる力)} &=& S(H+h)cg \end{eqnarray}, この3つの力の合力を考えます。とはいえ、側面に加わる力は考えなくてもよいので、鉛直方向の力のみ考えればよいです。, \begin{eqnarray} \rm{(水圧によって生じる力の合力)} &=& -SHcg +S(H+h)cg \\ &=& Shcg \end{eqnarray}, 浮力とは「上から下向きの水圧」と「下から上向きの水圧」の差によって生じる鉛直上向きの力なのです。, 繰り返しになりますが、水圧や気圧の単位は[$\rm{N}/m^2$] $=$ [$\rm{Pa}$] です。別物ですので間違えないように注意しましょう。, \begin{eqnarray} \rm{(浮力)} = Shcg \end{eqnarray}, ここで $S$は円柱の底面積、$h$は円柱の高さなので、掛けると円柱の体積になります。円柱の体積を $V$として、上記式を書き換えると、, \begin{eqnarray} \rm{(浮力)} = Vcg \end{eqnarray}, となります。$c$は水の密度、$g$は重力加速度なので、$Vcg$は「円柱が押しのけた水の重さ」に相当します。, この「浮力の大きさ」=「物体が押しのけた水の重さ」という結果はどのような形状の物体においても成り立ち、「アルキメデスの原理」と呼ばれます。, あらゆる形状の物体に成り立つのか?という点については疑問が残るところですが、ご安心ください、成り立ちます。, 証明にはユークリッド座標系に適当な形状の物体を設定して、z軸方向に伸びる細長い柱で物体をくり抜き、その体積に加わる浮力を求めた後、x方向とy方向にそれぞれ積分をします。, アルキメデスの原理を使えば物体に働く浮力の算出が非常に簡単になります。しかし、アルキメデスの原理だけを覚えていると、「浮力がなぜ生じるのか」、「なぜ『水の重さ』なのか」という点が抜け落ちてしまうことがあります。, 浮力の導出方法を知っていれば、アルキメデスの原理を忘れてもすぐに思い出すことができますし、この分野の理解も深まります。公式を忘れたときには是非先ほどの円柱を考え、初めから導出してみてください。, 余談ですが、「浮力」は「水中」だけで働くわけではありません。「大気中」や「水以外の液体の中」でも働きます。, 浮力は「水」や「空気」などの「流体」と呼ばれるものの中にいる場合に必ず働きます。このページを「真空中」で見ている方以外には、皆さん全員に、今、「空気からの浮力」が働いているわけです。, 人間のほとんどは水でできていまして、密度は水とほぼ同じ、水より少し小さい程度です。水は $1$ L = $1$ kg なので人の密度もそのぐらいだと考えられます。, 体重 $50$ kgの人がいれば、その人の体積はだいたい $50$ Lです。一方、空気の密度は$1.3 \times 10^{-3}$ kg/Lです。, よって、空気によって人間にかかる浮力は ($6.5 \times 10^{-2} \times g$) Nとなります。重力の大きさが ($50 \times g$) Nなので、重力の $1/1000$程度の力しか働かないことが分かります。, では最後に「氷山の一角」という慣用句を例にとり、問題を解きつつ、浮力についての理解を深めていきたいと思います。, 例題海水の密度は $c_s = 1025$ kg/m$^3$ であり、氷になると密度は $c_i = 920$ kg/m$^3$ となる。氷山全体の体積に対する海中部分の体積の割合を有効数字2桁で求めよ。, 氷山全体の体積を $V_t$、海中部分の体積を $V_u$、重力加速度を $g$とし、氷山に働く力について考えていきます。, 今回氷山に働いている力は、「地球による重力」と「海水からの浮力」です。「空気からの浮力」は小さいので無視します。, まず重力です。重力は海上部分、海中部分の両方に働きます。重力の大きさ $F_g$は, \begin{eqnarray} F_g = V_t \times c_i \times g \end{eqnarray}, 次に浮力を求めます。浮力は海上部分には働かず、海中部分にのみ働きます。アルキメデスの原理から、浮力の大きさ $F_b$は「物体が押しのけた流体の重さ」なので、, \begin{eqnarray} F_b = V_u \times c_s \times g \end{eqnarray}, 氷山が浮かんでいて、空に昇ったり、沈んで行ったりしないということは、力がつり合っているということです。氷山に働く力はこの2力だけなので、この2力は大きさが同じになっているはずで、下記方程式が成立します。, \begin{eqnarray} V_t \times c_i \times g = V_u \times c_s \times g \end{eqnarray}, \begin{eqnarray} \frac{V_u}{V_t} &=& \frac{c_i}{c_s} \\ &=& \frac{920}{1025} \\ &\simeq& 0.90 \end{eqnarray}, となり、答えが得られました。海上に見えている部分は氷山全体の1割に過ぎないことが分かりました。, おすすめの物理の参考書として「大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本」があります。こちらもよろしければ参考にしてみてください。, なお、物理の演習をしたいと考えている人は「《新入試対応》 大学入試 全レベル問題集 物理 1 基礎レベル 新装版 」を購入して問題演習にあたってください。簡単な内容なので初学者には取り組みやすい一冊となっています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, こんにちは。emitaと言います。現役の某私立高校で教員をしております。現役中高生のみならず学び直しをしたい大人の方々のために教育系ブログをはじめました。このブログを通じてみなさんの学力が上がれば嬉しいです。.