上記バナーをクリックすると、FODプレミアム公式サイトへ移動して下さい。 石坂浩二.

第1夜は、ビートたけしが主演する松本清張の最高傑作『点と線』。 2007年に“テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル”として2夜連続で放送された同作を1夜分にまとめ、緊迫感と面白味を凝縮。 ドラマを紹介のみならずサイトデザイン、アフィリエイト、動画配信などのコンサルティングと乃木坂46、欅坂46を中心にアイ活をシニア世代に推奨。, Jinpodじんポッドは2006年にiTunesで配信していたポッドキャストの番組名より(現在は休止中). 2019年夏ドラマ動画一覧(7月〜9月) bs朝日「一挙放送!松本清張ドラマスペシャル ビートたけし主演 「点と線」」の番組サイト。ビートたけし × 松本清張 !!映像化不可能と言われ続けてきた不朽の名作「点と線」の初ドラマ化作品を、第一部・第二部あわせて一挙放送! PR動画や番組オリジナル動画が盛りだくさんのBS朝日の公式YouTubeチャンネル。 火曜ストーリー 2020年5月5日(火) ごご4:57~7:26 松本清張ドラマスペシャル 点と線. 【ナレーション】 大人気「点と線」は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中です!無料お試し期間中(一ヶ月間)に解約すれば利用料金は0円で点と線を視聴できます。, フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・映画・アニメ・海外ドラマなど配信数【最大40,000本】の豊富なラインナップ。見放題作品多数配信!最新ドラマも見放題!有名雑誌が【100誌】読み放題!, 博多郊外の香椎潟海岸の岩の上で男女の2遺体が発見される。地元警察の見解は、合意の上の心中と断定される。遺体の身元は、××省××局課長補佐・佐山と赤坂の料理割烹の女中・お時と断定される。そして、お時の同僚であった八重子が事情聴取され、佐山とお時の出発の際の姿を、東京駅で見かけたことを供述する。だが、この情死事件に得心のゆかない鳥飼刑事。事件後1ヶ月、警視庁二課・三原刑事が鳥飼刑事のもとを訪れる。この情死事件が汚職事件への関与をにらんでのことだった。事件現場や目撃者証言からさらなる疑惑を深める三原。東京駅に帰着した三原は東京駅で二人を見かけた八重子の証言を思い出す。気の遠くなるようなダイアグラムの調査で出た結果とは、13番ホームから15番ホームを見渡せるのは、1日で4分間しかなかったのだ。この事実から新たな容疑者として、安田辰郎という機械商人の姿が浮かび上がる。だが、安田には事件当日、北海道に出張しているという完全なアリバイがあったのだった。果たして、その真相の裏に隠されたものとは・・・。, FODプレミアムとは、フジテレビが運営する動画配信サービスです。FOD(フジテレビオンデマンド)と呼ばれています。, FODプレミアムの登録方法は簡単です。 ⇨ 【Hulu】国内ドラマと海外ドラマの最新シリーズ <U-NEXT> ① 点と線ビートたけし動画8月4日の無料視聴 ドラマは配信動画サービスサイトなどで1話から最終回まで全話フル視聴できます。 Youtubeドラマ無料動画 見逃したドラマの動画が配信されている公式視聴サイトなどの情報を無料でまとめています。 ©Copyright2020 ドラマと映画動画検索 Tubest.All Rights Reserved.

  3:「支払い方法」を選択してください。 大人気「セレブリティ 欲望とセックスの罠」は「FODプレミアム」... 極道十勇士を視聴するには、FODプレミアムで【無料】で視聴できます! ⇨ 【FODプレミアム】フジテレビの番組見放題・無料キャンペーン中!, NHKのドラマは再放送があることが多いのですが、それ以外はNHKオンデマンドで見るか、 民放放送のみ最新話1週刊限定でTverで無料配信しています。そちらもご利用ください。, YouTube Dailymotion pandora.tv 9tsu ドラマ動画検索(50音順) 2019年夏ドラマ動画一覧(7月〜9月) 2019年春ドラマ動画一覧(4月〜6月) 2019年冬ドラマ動画一覧(1月〜3月) 2018年秋ドラマ動画一覧(10月〜12月) 松本清張 点と線ドラマ動画 … 第1夜 【youku ... ワ行のドラマ (5) 点と線 / 国鉄黄金期「点と線」のころ 本作のアニメーション動画ドラマ。2002年制作。原画・作画監修は風間完。アニメーションの声を西田敏行・緒形直人が担当。 脚注・出典 捜査の結果、二人は、東京駅で13番線プラットフォームから15番線プラットフォームが見えるのは、1日の中で17時57分から18時01分のわずか4分間しかないことを突き止め、安田を容疑者として追及しようとする。だが、安田には完璧なアリバイがあった。...... 作品が書かれた当時はまだ新幹線が開業しておらず、飛行機の利用も一般的ではなかったため、日本国内の旅行・移動には、相当遠距離でも鉄道(主に急行列車)が用いられていたこと等、当時の社会状況が反映された内容になっている[4]。, また本作を推理小説として見た場合、古くからいくつかの問題点を指摘する見解も出されている[5]。, なお、清張が1961年に発表した作品である『時間の習俗』には、本作と同じく三原警部補と鳥飼刑事を再登場させている。, 現在の香椎浜。小説中では、荒涼とした、堅い岩肌の、絶対に痕跡を残しそうにない場所と描写されている。, 現在のJR九州香椎駅。小説中では、国鉄香椎駅と西鉄香椎駅間の距離は500メートルほどと説明されている。, 復原工事前の東京駅丸の内駅舎と東京ステーションホテル。著者の滞在した209号室(現:2033号室)は、2階の丸の内中央口側から5番目の階段脇、線路側に位置。, 1958年11月11日公開。製作は東映東京、配給は東映。DVD化されている。原作小説ではタッチの差で安田夫妻が心中してしまい逮捕出来なかったことを三原が後日になって手紙で鳥飼に報告するという結末だが、映画化された本作では安田夫妻の心中現場に鳥飼も居合わせており、三原と鳥飼、二人の苦々しい表情で唐突に終わるという結末になっている。, 『松本清張 点と線』(まつもとせいちょう てんとせん)の題名で、テレビ朝日の開局50周年記念番組として、2007年11月24日と25日に、同局系列(フルネット24局)で二夜連続で放送した。視聴率(関東地区)は第1夜が23.8%、第2夜が23.7%であった。ホームページの「おさらい」では物語の結末を明かしている。2009年11月8日には「松本清張生誕100年記念特別バージョン」として前後編を再編集し、全国ネットでの再放送を行った(視聴率14.3%)。, 2007年の文化庁主催の芸術祭テレビ部門参加作品ともなり、審査員からは「推理ドラマの枠組みをはるかに超えた人間ドラマで、見るものを圧倒した」と評価され、ドラマとしては4年ぶりとなる大賞を受賞した。また2008年に民放連とNHKなどで作る「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 実行委員会」が選ぶ「第1回東京ドラマアウォード」のグランプリおよび特別賞も受賞している(特別賞は美術スタッフに対して)。, 1957年の東京駅のホームや、福岡・東京の町並みを細部まで再現したオープンセット、さらには日本各地で昭和30年代の列車を再現してのロケーションが行われた。東京駅のプラットフォームのセットは、JR西日本の協力のもとに宮原総合運転所の敷地内に作られた。スタッフやキャストですら完成度に驚いたという。新宿行きの路面電車のシーンは昭和28年製の車両(元東武日光軌道線100形電車)が現存する、岡山で撮影された。[24], また、同局の『土曜ワイド劇場』の主役級である、小林稔侍(『炎の警備隊長五十嵐杜夫』)、橋爪功(『新・赤かぶ検事奮戦記』)、市原悦子(『家政婦は見た!』、同シリーズの第1作は清張原作の『熱い空気』を『松本清張の熱い空気』のタイトルでドラマ化したもの)をはじめとした、多数のキャスト布陣も話題になった。鳥飼を演じたビートたけしは、「50年前に映画化されて以来、はじめてドラマ化されただけに、えらい気合が入って、すごく面白かったよ。2007年の主な仕事はドラマ『点と線』だと言えるくらい、時間をかけて演じた」とコメントしている[25]。, 鳥飼が独断で東京に行き捜査すること、鳥飼や安田の太平洋戦争中のエピソードなど、テレビドラマ版独自の設定が追加されている。また、事件後は三原が報告に博多を訪れたのを最後に鳥飼と三原は会うことはなかったとしており、『時間の習俗』への連続性はなくなっている。, なお、再編集版の最後では鳥飼と三原が再び出会うシーンはカットされ、ナレーションならびに解説の石坂浩二が「鳥飼と三原がその後会ったかどうかさだかではなく、作品にも出会ったかどうかの記述はない」と述べた。, 2019年8月4日には『テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選』の第1弾として、『日曜プライム』枠で1本に再編集して放送された[26]。, このため、現在でもしばしば清張の代表作とみなされている。もっとも、著者自身は、光文社の単行本の「あとがき」において、「この小説では、いわゆる謎解きのほうにウエイトを置いて、動機の部分は狭くした」ため少々不満の残る旨を述べている。また, 前述の平野謙は「いかにして空白の4分間に佐山とお時に15番線を確実に歩かせるのかトリックが説明されていない」と指摘している。『松本清張全集 第1巻』または, 『点と線』の原稿料は1枚1500円であった。塩澤実信『出版社の運命を決めた一冊の本』(1980年、流動出版)中の第7章「光文社と松本清張の『点と線』」参照。, 戸塚文子「『点と線』の頃」(『松本清張全集 第1巻』付属の月報に掲載、後に『松本清張の世界』(1992年、文藝春秋臨時増刊、2003年、文春文庫)に再掲)を参照。, いわゆる空白の4分間を発見し著者に報告したのは交通公社の従業員だった、と清張自身述べたことがある。清張と斉藤美智子との対談「推理小説の魅力」(『, 岡田によれば、「「四」は「死」に通じるので、これは使えると思ったところが、さすが清張さんである」という。岡田喜秋「『点と線』の余韻」(『, 戸塚「『点と線』の頃」、塩澤実信『ベストセラー作家 その運命を決めた一冊』(2009年、北辰堂出版)中の第2章「松本清張と『点と線』」参照。, 戸塚「『点と線』の頃」に加えて、塩澤『ベストセラー作家 その運命を決めた一冊』も参照。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=点と線&oldid=79272292, やがて著者の構想がまとまり、当初は同誌1957年1月号からの連載開始を予定していたが、実際には1カ月遅れて2月号からの連載開始となった。, 本作のタイトルに関して著者は、当初『縄』としたいと語っていたが、岡田喜秋が「全然意味がわからない」と言ったところ、著者は連載開始前の最後の段階で現在のタイトルを提案し、決定した。ちなみに当時の清張の作品には、『顔』や『蓆』など、一文字の題名を自作につけるケースがあった。また、清張は岡田に折々電話で相談し、ストーリーのリアリティを高めるために調べごとを頼んでいた, 原稿は毎月難航した。『旅』の他の記事が全て校了を終えた状態となっても『点と線』の部分だけが空白、という状態になり、編集者側で遅筆の清張に対する「清張待ち」という言葉が生まれた, ある時、締め切り日直前に担当者が『点と線』の原稿を取りに行くと、清張は「失踪」していた。戸塚は, 直筆の初回原稿は、長い間行方不明となっていたが、1998年12月に、JTBの倉庫から発見され、現在は, 中川里志「『点と線』(原稿・雑誌・単行本・全集)の校異について」(『松本清張研究』第2号(2001年、, 西本衛「『点と線』新潮文庫と文春文庫」(『松本清張研究』第11号(2010年、北九州市立松本清張記念館編集・発行)に収録), 新潮文庫版・文春文庫版の103ヶ所にわたる差異を各該当ページとともにまとめたもの。なお文春文庫版は『松本清張全集』第1巻(1971年、, 安田亮子を演じた高峰三枝子は、1956年頃から声帯が凹む病気に罹り、一時女優としての仕事を中断し、緊急入院の生活を送っていた。女優業を再開した後も、大きな声を出すことができなかったので、小声で喋ればいい映画を選び、本映画に出演した。加藤千代(. 2019年冬ドラマ動画一覧(1月〜3月) PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__を視聴するには、FODプレミアムで【無料】で視聴... PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardianを視聴するには、FODプレミアムで【... セレブリティ 欲望とセックスの罠を視聴するには、FODプレミアムで【無料】で視聴できます! ルパンの娘 5話 動画 | 第5話 動画 2020年11月12日- 201112【深田恭子がお婆さんに!?田中みな実、襲来!】 動画内容: 三雲華(深田恭子)が泥棒衣装で逃亡する姿が何者かに撮影された。尊(渡部篤郎)は … BS朝日が取り組むSDGs活動やSDGs関連番組、SDGsについての幅広い情報を発信します。, PR動画や番組オリジナル動画が盛りだくさんのBS朝日の公式YouTubeチャンネル。, ビートたけし主演!寝台特急“あさかぜ”東京-京都-博多1000キロの時刻表トリック!!空白の4分間の謎…

テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャルとして二夜連続でお送りした、ビートたけし主演作『松本清張・点と線』を一夜に凝縮し、新たな作品として今、蘇る! 2019年8月4日21時からテレビ朝日で放送の『松本清張生誕110年記念「松本清張 点と線」無料動画視聴【テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選】』 について書いた記事です。   で見る方法もあります。, NHKオンデマンドだとNHKの番組だけになってしまうのですが 3年A組 ―今から皆さんは、人質です7話武智の正体暴露!柊先生対決シーンセリフ集と残る疑惑, 2019冬ドラマ視聴率ランキング(1月〜)【ドラマ審査員オススメと高評価低評価徹底追求】.

「ミステリー史に残る、空白の4分間」の謎の解明に、定年間際のベテラン刑事・鳥飼重太郎(ビートたけし)が挑む!福岡市の香椎海岸で発見された男女の謎の情死体にただ一人、疑問を持つ…。Yahoo!テレビより, 出演者 ビートたけし、高橋克典、小林稔侍、樹木希林、内山理名、原沙知絵、竹中直人、橋爪功、かたせ梨乃、坂口良子、江守徹、市原悦子、夏川結衣、柳葉敏郎(他), ☆番組HP  https://www.tv-asahi.co.jp/prime-sun/, ドラマ動画検索(50音順) 点と線を視聴するには、fodプレミアムで【無料】で視聴できます! 大人気「点と線」は「fodプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中です!無料お試し期間中(一ヶ月間)に解約すれば利用料金は0円で点と線を視聴できます … 1:まずはFODプレミアム公式サイトにアクセス! ② 点と線の動画を8月4日の視聴者の感想, 2019年8月4日21時からテレビ朝日で放送の『松本清張生誕110年記念「松本清張 点と線」無料動画視聴【テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選】』, 放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます), 「ミステリー史に残る、空白の4分間」の謎の解明に、定年間際のベテラン刑事・鳥飼重太郎(ビートたけし)が挑む!福岡市の香椎海岸で発見された男女の謎の情死体にただ一人、疑問を持つ…。, ビートたけし、高橋克典、小林稔侍、樹木希林、内山理名、原沙知絵、竹中直人、橋爪功、かたせ梨乃、坂口良子、江守徹、市原悦子、夏川結衣、柳葉敏郎(他), 開局60周年のテレビ朝日が夏の傑作線を放送!傑作選の一発目には、開局50周年の記念のスペシャルドラマとして製作、放送された点と線。, 猛暑で疲れてしまうほどに暑い夏の夜でもヒヤリとさせられるスリルある展開に引き込まれてみるのもいいですね。スタートを飾るのにふさわしい作品といえそうですね。, 松本清張生誕110年の記念の年。点と線といったら誰もがタイトルくらいは耳にしたことのある、松本清張の代表作のひとつではないでしょうか。, それをこうして形にしたのがこのドラマだったんですね。その挑戦の結果が高視聴率と高い評価に。素晴らしいですよね。, 読んだことがあったり、以前このドラマを観たという人でもまたドキドキしながら観られそう。, 今から役10年前に放送されたビートたけしさんの主演ドラマ。超大物お笑い芸人であり、ご意見番としても、俳優、世界的な映画監督としても名前の知られるたけしさん。, 事務所の問題や離婚なども最近は大きな話題になっていましたが、それも自虐ネタにしてみたり逃げも隠れもしない姿も堂々と笑いにしてしまうのがまた大きいですよね。, 大御所になっても笑いをとりにいったりフザケタリと元気なイメージも。今より少し若い姿がなんだか新鮮にうつるかもしれませんね。ドラマの中での独特な存在感ですよね。, 2時間の二夜連続の放送だった作品を一夜にぎゅっと濃縮して、2時間の特別編の放送に。これはただの再放送というわけではないんですよね。, しかし改めて名前をみると、キャストもすごいですよね。気合いの入ったスペシャルドラマだったのがよくわかりますね。ストーリーの重厚感を出すのにはやはりこうした名優さんをズラリと揃えるのはとても大切なことなんだなとも思いました。, 果たして疑問の残る男女の心中に隠された秘密とは一体なんなのか。小さな違和感や疑問から事件を解決に導いていくまで。, 普段は、バラエティー番組に出演していることが多い印象のビートたけしさんが、真剣に役者をやっているところに見ごたえを感じました。, 、今は亡き樹木希林さんを再びみれる点に魅力を感じました。樹木希林さんは、このドラマでは、わき役の可能性が高そうですが、動いている樹木希林さんの登場する場面をみられるだけでも貴重に感じます。, 普段、ミステリーに興味がなく、まったくみないのですが、俳優陣が豪華なだけで少しみてみたいという気持ちになりました。, 松本清張の小説が原作ということは、話のもっていき方が秀逸で、ドラマの終わり方も意外な犯人が分かったりするのだろうかと、思いを巡らせることができます。, 高視聴率を記録して数々の賞を受賞した作品で8月4日の日曜日だったら多くの人がみるのではないかと思いました。, 松本清張さんのドラマはこれまで殆ど見た事がないのですが何年たっても繰り返しドラマ化され放映されるということは幅広いファンがいるという裏返しだと思いますし、1度見てみてどこに長年愛される魅力があるのか確かめてみたくなりました。, まして幸運にもこのドラマのストーリーやキャストを見てみるとぜひ見てみたいと思う素晴らしいものだと感じましたので早速留守録をしておこうと思います。, キャストについては書かれていた主要メンバーを見て目移りしてしまい、この役者さん達は全て主役級ではないか、しかも好きな役者さんも沢山出ていますし、これほどお気に入りが揃った豪華キャストのドラマを見る機会もなかなかありませんのでキャスト一覧を見ただけでも胸が高まる思いでした。, それぞれのお気に入りの役者さんがどのような演技をしてくれるのか考えるだけでもワクワクしますし、その豪華メンバーに合わせてかナレーションも大ベテランの石坂浩二さんというのだから本当に贅沢な構成です。, ストーリーも鉄道ファンにとっては今はもう廃止されてしまったあさかぜが登場しますしそれ1つ取っても楽しみで仕方ありません。今は滅多に見られなくなってしまった食堂車が登場するというのも興味をそそります。, そのあさかぜが舞台となってミステリーを推理できるのも鉄道好きにはいつも以上に推理に力が入りますし、何とか自分の推理が当たる事を期待して楽しもうと思います。, 緊迫感と面白味を凝縮した特別版だそうなので、ストーリー展開の仕方などに期待しています。, また、心中事件が起こるそうだけど、食堂で食事した領収書が一人分だったことが謎だなと思いました。, もしかしたら、二人はどこか別の場所で殺されて、心中のように見せかけられたのかもしれないなという気がします。, さらに、とみ子という女性が嘘の証言をしている可能性があるということなので、とみ子はどんな真実を知っているんだろうかと気になります。, おそらくとみ子が犯人だということはないと思うけど、事件に関係はしていると思うので、鳥飼がどうやって真実を聞き出すのかが楽しみです。, たった4分間の間にどんなトリックやストーリーかわ隠されているのか、驚くような内容が明らかになることを期待しています。, 松本清張作品は人の本心を描くのが上手だと感じているので、このドラマでも人間の本質的なところが露わにされることを楽しみにしています。, 実の事件でも目撃証言というのは事件解決に向けてかなり重要な要素になりますけど、この作品でも殺人事件の被害者の関係者の目撃証言がカギを握り、捜査にいろいろな影響を与えることになります。, 目撃証言というのは、本来は事件解決の糸口になるはずのもので、プラスの作用をもたらすものになります。, しかし、本作では目撃証言について違和感を覚えていくことになり、これは本当に事実なのか?どうかを疑ってかからないといけない状況になっていくのです。目撃証言を鵜呑みにした結果、それが嘘だったり、間違いだったり、何かしらの裏があったりすれば、真相にはたどり着けません。, そういった部分を見極めて、刑事らがいかに真相にたどり着くか?という部分がこの作品の見どころで、かつかなり楽しみな部分と言えるのではないか?と思います。, 事件の真相が、点から線に変わった時、謎が明らかになります。福岡市の香椎海岸で男女の死体が見つかりましたが、警察は心中とみています。, 一人疑問を持つ、定年退職前の刑事、鳥飼は真相を調べ始めます。二人は電車に乗るところを目撃されていて、仲睦ましい関係でした。, 心中で片付けられてしまうと、死んだ人も浮かばれないので、鳥飼は最後の事件になる覚悟で捜査を進めます。, 遺留品から、おひとり様の食事領収書が見つかり、なぜ二人で乗ったのに一人だけなんだと疑問を持ちます。, 目撃情報によると、二人は13番線ホームに乗り込む姿を発見しています。しかしながら、13番線から15番線を見渡せる時間は、わずか4分間しかありません。, 空白の4分間で出会う確率は非常に低いと思われます。とみこは、本当は見ていない気がします。アリバイ作りに見たと証言してると思います。, 安田の狙いは何なのか?鳥飼が、安田は偽装工作してることに勘付いています。安田は、大臣や局長と親しい間柄なので、指示に従ったのかも知れません。, 名刑事・鳥飼は、このままで終わらせたくない気持ちが強く、事件の鍵になるものを発見しそうです。, もともと芸人のビートたけしさんがベテラン刑事を演じている点です。普段は、バラエティー番組に出演していることが多い印象のビートたけしさんが、真剣に役者をやっているところに見ごたえを感じました。, それから、今は亡き樹木希林さんを再びみれる点に魅力を感じました。樹木希林さんは、このドラマでは、わき役の可能性が高そうですが、動いている樹木希林さんの登場する場面をみられるだけでも貴重に感じます。, いろいろな登場人物が出てきて、みていて飽きなさそうだと思いました。ドキドキ感やスリルを感じられる作品なのではないかと思いました。松本清張の小説が原作ということは、話のもっていき方が秀逸で、ドラマの終わり方も意外な犯人が分かったりするのだろうかと、思いを巡らせることができます。高視聴率を記録して数々の賞を受賞した作品で8月4日の日曜日だったら多くの人がみるのではないかと思いました。, 「特別編でよみがえる」というところに興味を持ちました。どんなところが特別なのか気になります。, 前回放送されたドラマと、ストーリーが少し違ったりするのかと期待してしまいます。1人分の領主書しかないのに何故2人は一緒にいたのか、何故一緒に死んでいたのか、それは心中なのか、殺されてしまったのかがわからないので真相が楽しみです。心中事件であれば不思議な点が多すぎるので、その謎をどんどん解いていく鳥飼刑事にも注目したいなと思いました。, 2人を目撃したという人が現れたが、その見たという人の証言も疑っていてすごいなと思いました。目撃情報があったら信じてしまう可能性が高いのに、その目撃証言も不可解だと思うところもすごく面白そうだなと思いました。信じて情報と疑った方がいい情報の区別がつくのはすごいし、見ているこちらもどんな展開になるのか楽しみにできるなと思いました。, また松本清張さんのドラマはいつもハラハラドキドキするシーンがあるのでそこが楽しみだなと思いました。また今回はビートたけしさんが主役を演じるのでどんなドラマになるのかなと楽しみです。, 映画監督もこなすビートたけしさんの演技はあまり見たことがないので、松本清張さんの物語とどのように交わってくるのか、どんな風になるのか楽しみです。.