The manga series "twstプラス" has a total of 7 works posted. 本格的に絡むのは第3章「深海の商人」。アズールとの契約を果たせずイソギンチャクの奴隷にされてしまったアザラシちゃん達をどうにかしようと思案していた監督生にジェイドと共に彼等の解放の話を持ち掛けた。 異類婚姻譚…人魚×人間のCP ※ゲーム本編やカードのボイスのネタバレを含みます。, 監督生の定義の問題でCPタグがtwst夢と併用出来るのか、賛否が別れるところではありますが、監督生を夢主として扱っている人も居るのでtwst夢と併用する事も推奨しています。 イデアは現在配信中の本編第4章まで登場していない為実際の監督生との関係性は不明瞭だが、二次創作ではお互い気兼ねなく話し合い自室で一緒にゲームする程の仲で描かれる事が多い。二次創作だからこそアリなのだが。 Interact with them by liking or commenting on their works and sending them a message. 事の収束後にはそれなりに打ち解けたようで、第4章ではウインターホリデー期間中学園に残る小エビちゃんとアザラシちゃんを(自分達兄弟とアズールも帰路の問題で残る為)寮に遊びに誘っていた。 版権CPとしても扱えますが、夢作品か版権CP作品か、明記する事が必要とされます。 事態が解決した後にはオアシスで泳ぎ方を教えてあげる事を言っていた。出発前に「水着も持った」と言っていたので人間の遊泳方法に合わせてくれたとは思うが、お手柔らかにしてくれた…と思いたい。, 第3章では散々振り回されていたが、それ以外では同じ授業を受けようとしたり「オンボロ寮に泊めてよ」(寮服ホームボイス)とお願いしてきたり上述のエピソードレベルを上げた時の台詞とか……何かと思わせぶりな事を言ってまた違った意味で振り回しており、プレイヤーを海より深い沼に沈み落としている。 フロイドは誰にでもフレンドリー…というか無礼講な態度で接するが小エビちゃんにはえらく懐いている…ように見受けられる。式典服や実験服のボイスでは特によく話し掛けている。, フロイドが「小エビちゃん」と呼ぶので「フロエビ」と呼ぶファンも居る。Twitterで検索避けに使われるキャラを現す絵文字が監督生のところがエビだったりもする(通常は桜の花など)。

Create an account on pixiv to like メカジキ's works! 7月上旬に「ゴースト・マリッジ」という期間限定イベントにイデアが登場する事が発表された。 「パラメータにクセがあるキャラで縛りプレイする物好き、たまに居るよね……君の話なんだけど」 中の人の演技も相俟って乙女心を擽るフロイドのこのキャラクター性が一部では夢女子量産機と言われているとかいないとか……。, twst夢 twstプラス ツイ腐テ 監督生受け 女主人公受け なかがわ りゅうたろう 中川龍太郎; 生年月日 1990年 1月29日(30歳)出生地: 日本・神奈川県 川崎市: 職業: 映画監督、脚本家、詩人、エッセイスト: 事務所: 株式会社 Tokyo New Cinema: 公式サイト 結婚式に纏わるイベントであり、数少ない接点が明かされるであろう……かと思ったがそうでもなかった。辛うじて知り合いである事は解るが時期は不明。 これはいいフロ監, 『ツイステッドワンダーランド』の登場人物フロイド・リーチと主人公・監督生のCPタグ。. 男設定の場合⇒ツイ腐テの記事も参照。, ファーストコンタクトは本編第2章「荒野の反逆者」。マジフト大会の有望選手が次々と負傷する事件を追って、犯人に目を付けられるであろうとハナダイくん情報で昨年度の大会で活躍していたリーチ兄弟をマークしていたが後をつけていた事がバレてしまった。この時フロイドは金魚ちゃんとアザラシちゃんにちょっかい出しただけで監督生には興味無い様子だった。 版権CPとしても扱えますが、夢作品か版権CP作品か、明記する事が必要とされます。 ※ゲーム本編やイベント、カードのボイスのネタバレを含みます。, 監督生の定義の問題でCPタグがtwst夢と併用出来るのか、賛否が別れるところではありますが、監督生を夢主として扱っている人も居るのでtwst夢と併用する事も推奨しています。 性別設定もあれば女監督生、男監督生と、解るように明記する事。 この時監督生はちょっと脅かされて、エビみたいにビクッと後ろに下がったリアクションと、小さいからと「小エビちゃん」と名付けられた。 「小エビちゃんと一緒に居ると面白い事ばっかで飽きないなぁ。これからもいーっぱい、楽しい事しよーね♥」 ザクロ ペルセポネ…二次創作でよく使われる実、固有名詞, 『ツイステッドワンダーランド』の登場人物イデア・シュラウドと主人公・監督生のCPタグ。. 男設定の場合⇒ツイ腐テの記事も参照。, イデアは現在配信中の本編第4章まで登場していない為実際の監督生との関係性は不明瞭だが、二次創作ではお互い気兼ねなく話し合い自室で一緒にゲームする程の仲で描かれる事が多い。二次創作だからこそアリなのだが。 その後、小エビちゃんは「イソギンチャク達を解放する代わりに海の底にある博物館からある写真を持って来る」契約をアズールと結ぶが差し押さえられたオンボロ寮から追い出されたり、博物館に入るのを邪魔されたりとバイオレンスな仕打ちを受ける。 おしゃべりやホームボイスでも壁を感じる態度をとられるが式典服のホームボイスで「陰キャ仲間」と言っており、一応パーソナルスペースには入れてもらえてるようだ。ケルベロスなど好きな物について語ってくれたり人間関係について愚痴ってくれたりと、アズール氏程ではないがそこそこ打ち解けているといって良いだろう。実験着アズール氏のパーソナルストーリーでは寮に入れて姿を見せて弟のアップデート作業を手伝わせてくれていた(呼んだのはアズール氏自身である)が時系列は不明。 限界突破させると「変な奴だな…」と言いながらも構ってもらえて嬉しそうにしている。 性別設定もあれば女監督生、男監督生と、解るように明記する事。 …と、色々不明な事が多いので本編に期待したい。, twst夢 twstプラス ツイ腐テ 監督生受け 女主人公受け 後半、色々あって小エビちゃんとアザラシちゃんとオクタヴィネルの三人とラッコちゃんはスカラビア寮の砂漠の果てに飛ばされてしまい、寮に戻る為、一時的に人魚に戻ったリーチ兄弟に掴まって川を泳いで行く事になった。小エビちゃんはなんとフロイドに(ラッコちゃんと一緒だが)。どのような体勢かは説明されてないが、まさか公式でフロイドの上(背中)に乗る事になるとは誰が予想しただろうか。, まさかこんなカッコいい乗り方ではないとは思うが……。 中川 龍太郎(なかがわ りゅうたろう、1990年1月29日 - )は、日本の映画監督、脚本家。詩人、エッセイストとしても活動。, 2007年、高校在学中、『詩集 雪に至る都』を出版。産経新聞「朝の詩」欄、やなせたかし主宰「詩とファンタジー」(かまくら春秋社)誌等を中心に活動。2009年、『椅子』で第2回「詩とファンタジー」年間優秀賞を最年少で受賞。, 大学進学後、独学で映画制作を開始。2012年、自主制作で監督した『Calling』がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞受賞。同年、『雨粒の小さな歴史』がニューヨーク市国際映画祭にて入選。, 2014年、『愛の小さな歴史』が第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて上映。ユーロスペース他、ロードショー。フランスの映画批評誌カイエ・デュ・シネマから「包み隠さず感情に飛び込む映画」、Film Business Asiaから「日本のインディーズ映画の新鮮なる才能を確信した」と評される。, 2015年、太賀を主演に迎え、自身の体験[1][2]に基づいた『走れ、絶望に追いつかれない速さで』を発表。東京国際映画祭史上初の2年連続となる入選を史上最年少にて果たす。カイエ・デュ・シネマにて「東京国際映画祭の目的はこの監督のような"クール・ジャパン"とは程遠い、極めて感度の高い作家を支えることにある。ともすると見過ごされかねないこのような監督を創作の世界の端から主流のステージに持ってくることが必要だ」[3]と評される。, 2017年、『四月の永い夢』が世界四大映画祭の一つ第39回モスクワ国際映画祭のメインコンペティション部門に正式出品され、国際映画批評家連盟賞を受賞[4]、ロシア映画批評連盟特別表彰を授与[5][6]、喜びを語った[7]。第19回台北映画祭のアジアプリズム部門にも選出される[8]。, 2019年、松本穂香主演の新作『わたしは光をにぎっている』が第41回モスクワ国際映画祭に特別招待作品として出品された[9]。2019年11月15日に全国公開される。, 同年、宮下奈都原作の『静かな雨』を発表。出演は仲野太賀、元乃木坂46の衛藤美彩のダブル主演となっている。2019年10月の第24回釜山国際映画祭でワールドプレミア上映される。11月開催の第20回東京フィルメックスのコンペティション部門にて上映され観客賞を受賞。2020年2月7日に全国公開される。, 【村上真希の “気分だけでも赤提灯” 対談②】『走れ、絶望に追いつかれない速さで』中川龍太郎監督 Part.1[TIFF2015], 松本穂香、中川龍太郎監督の最新作で主演! モスクワ国際映画祭に正式出品 : 映画ニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=中川龍太郎&oldid=79125766, THE TOKYO「ROCK ROCK ROCK/俺たちのグッド・バイ」(2014年), URBAN SENTO(JAPAN MADE PROJECT TOKYO) 江本祐介 「新しい光」(2020年), 『三島由紀夫とは誰だったのか』(新潮社yomyom vol.60 2020年2月号「午前一時のノスタルジア」), 2013年 ニューヨーク市国際映画祭 コンペティション部門入選(『雨粒の小さな歴史』). フロ監がイラスト付きでわかる! 『ツイステッドワンダーランド』の登場人物フロイド・リーチと主人公・監督生のcpタグ。 「小エビちゃんと一緒に居ると面白い事ばっかで飽きないなぁ。これからもいーっぱい、楽しい事しよーね♥」 ※ゲーム本編やカードのボイスのネタバレを含みます。