わたしどもマグテックが磁石製造を承る場合に、周囲に大きな電磁力のある部品があるかどうか確認させていただくことがあります。周囲に大きな電磁力がある場合には上述のような外部磁界による減磁を想定し、磁石を設計しています。, 磁石本体の次第に減衰してゆく磁力自己減磁と言うものがあります。 磁力が自然に増える、ということはまずめったになく、反対に磁力が減ってしまうことは茶飯事にあります。磁力が減ってしまう現象を減磁するといいます。 aは補正係数であり通常1.2~1.4程度です。 温度変化による減磁. 東京:03-5251-5581 パーミアンス係数が大きくなると動作線の傾き方はB軸側に近づき、小さくなるとH軸側に近づきます。

営業時間:9:00~17:30 棒状の磁石のN極S極ははじっこですよね。U字型の磁石も切れ端の所がN極S極ですよね。じゃあリング状の磁石の場合はどうなるんだろう?と考えてみてもわかりません。教えてください。よければT字型、X字型、H字型とかについても教 パーミアンス係数は、磁石の形状に依存します。 由来と注意 由来は2人(とマフィア梶田ら)の、ラジオやtwitterなどのやり取りにて、「2人の苗字イニシャルが"S"と"N"で磁石の両極に擬えられる」と言われていたことから。 「磁石」検索では嵐のほうの磁石やお笑いコンビが引っかかるため、差別化を図るため必ず「コンビ」を付けるべし。 Pc1の場合と違うところは、①~②に至る過程で、BH曲線の屈曲点を通過する点です。屈曲点と動作線の交点をK点とします。 磁石小説☆Count on me みんなに愛される櫻井翔くんが見れたら何でもいいみょるにるのブログ 2020年01月29日 15:45 このお話は磁石区分ですが、和翔です(>_, メールアドレス: さらに③点から常温時のB-H曲線と同じ傾きのリコイル線(平行線)を引きます。 磁石の磁気特性は温度により変化します。 ネオジム磁石の場合もフェライト磁石の場合も、不可逆減磁を避けるために動作点が屈曲点以下に落ちないように磁石を設計する必要があります。 自己減磁とは磁石極面から磁石内部に発生する磁界の影響で起こる減磁です。 (;ロ)゚゚いつも来てくださるブログ友達の方から言われるまでまーったく気づきませんでした笑。いやぁ~……直前にsugarandsaltを更新しといてよかった笑。翔くん誕生日の時は……まだ100いってなかったような気が(;´゚д゚)ゞそう考えると早いものですね(^ー^)松潤の誕生, 皆様、お久しぶりでございます…。みるきーりんです。気づいたら、前回の更新から1ヶ月以上経ってるっていうね…いや、仕事がキツくて、妄想脳がしぼみまくってたんですよ(←いつもの言い訳)久しぶり過ぎて、アップの仕方も忘れかけてました(爆)久々にしては、中身も長さも中途半端ですが…よろしければどうぞ。BLの要素を含むお話です。お読みになる際はお気をつけください。(sideSho)「…使わないの?薬」ニノにそう聞かれて。びっくりし過ぎて心臓が止まるかと思った。「…な、なんのこと, __________いつの間にか、眠ってたみたいだ。ちょっと肌寒くて目が覚めた。俺は翔ちゃんの腕枕で眠っていて、ふたりとも裸のままで。かろうじてパンツは履かせてもらったみたい。外は明るくて、朝になってるみたいだけど…。翔ちゃんは俺に腕枕したまま、大の字で眠ってる。くっついてて暑かったのかな。おかげで俺は、ちょっと寒くなって目が覚めちゃったけど。そういえば、ゆうべのオムライス、テーブルに出したまんまかな。どうしたんだろ、翔ちゃん片付けてくれたのかな。今日の仕事何時なんだろ。そもそも, これはBLの妄想のお話しです。この先ダーク部分(不快になるかもしれない)に突入する予定をしてます。もう少しだけスイート甘々です。「うん…押し込んで?」なにこれ?なんなの?翔ちゃん?どうゆうこと?何してるの?先生…m、」やって声からして翔ちゃんの主治医だよね?あの先生は翔ちゃんのことを好きなんだと思う。その先生が翔ちゃんと?いつから?この前から今日までの数日で?それとも…本当はもっと前から?先生はォレと翔ちゃんの関係を知っていて泊まってもいいと許可したの?スルってことわか, 夢中で食べてる翔ちゃんが可愛くて…なんか、ちょっかい出したくなって。手を伸ばして口元のケチャップを親指で拭った。そのまま、じっと目を見たまま親指を舐める。「ついてるよ、ケチャップ」「………」丸い目をさらにまんまるにして止まってるから、立ち上がって唇を寄せて…口の端を舐めてやった。「ほら、ここにも」ほんとはもう付いてなんかなかったんだけどね。翔ちゃんが…かわいくて。ちょっと、びっくりさせたくなったっていうか。口の中のものをゴクンと飲み込んでから、「もう、お前は…」って呟いた翔ち, これはBLです。この先ダーク部分(不快になるかも)に突入するよていをしております。スルことはシテも気持ちは中坊か!と突っ込まれそうだな、なんて思いながら病室のドアに手をかけた。「や、だめっ…」(え!?翔ちゃん?)「せん、せい…痛いっ…それ、やっ…」(何?ォレの耳がおかしいの?)「先生…かたい…」(…かたい?え?何が?)「うん、カチコチだよ?」「だめだっ…これ以上無理っ…」(何が無理?翔ちゃんのなんとなく…キツそうな声が聞こえる。)「櫻井君…もう少し力抜いて?」「抜いて、, これはBLの妄想のお話です。この先ダークな部分(不快になるかも)に突入する予定です。だからって手は抜いてない!頑張って仕事をした結果だ!で、今は車の中でソワソワしちゃってる。自分の車で翔ちゃんを迎えに行くところ。単にそれだけなんだけど、それだけじゃない。ソワソワもしてるけど運転中だから注意もちゃんとしてる。運転は最前の注意を払って安全運転をしてる。あと警戒はいつも以上に強めてる。バックミラーもチラチラ見てる。サイドミラーも確認してる。マネージャーに送ってもらう道路(みち), これはBLの妄想小説です。今のところ大丈夫ですが、この先ダークな部分(不快におもう)に突入する予定です。綺麗さっぱりにしたォレと翔ちゃんは同じベッドに寝転ぶ。「.このベッドいらなかったかな?」「わかってたくせに。」「なんで?要るとおもって頼んだよ?」「翔ちゃんらしいわ」「かず…一緒に寝てくれる?」「はいはい。濃いのが出たご褒美ね」「ばっ…かっ…」「顔真っ赤よ?」「かずが変なこと言うからだろ!」「ところで先生来ないね?」「今夜はもう来ねえよ?」「なんで?」割とドキド, ちょっと、恐る恐る出してみよっか?笑BLの妄想のお話しです。第二章帰らないからキスをたっぷり堪能できる。膨らみのある唇を思う存分堪能し舌を入れてゆく。絡み合う舌。翔ちゃんの肌を滑るォレの小さな手「翔?」「んんっ…」「確かめるよ?」「はぁぁ…なにを?」「濃さ。」「シテない、よ?」「確認。」「んっ…あはんっ…だめっ」入院する前まで少し筋肉で膨らみがあった胸板も今は筋肉が落ちて平に近い。その平らな胸板にある小さな粒を軽く摩る。それだけでエロい声をあげる翔ちゃん「, ちょっと風邪を引いてしまいまして…。こちらはBLの妄想のお話しです。なんで会話しててらノックの音で二人ともドアの方を見た。翔ちゃんが「はーい」と返事をすると、さっき話題に上がったマネージャーが入ってきた。翔ちゃんと目を合わせ大笑いする。「あの?なんでそんな笑うんですか?」「いや、なんでもないよ?どうした?」翔ちゃんが対応する。「あ、明日の予定とこれを持ってきました。」と、見せできたのはコンビニの袋だった。「買ってきたの?」「二宮さんの分も、ありますよ。」「まじ!?」「今, こちらはBLの妄想のお話しです。「…点滴の?」「そう!でさ、今もまだ消えてないよね?」「針の痕?」「痣みたくなってるよね?」「うん、まあな。」「それだけ、短期間のうちにずっと針をあちこちの血管に刺さなきゃならなかったんだよ?」ォレは翔ちゃんの白い腕に残る針が刺さっていた痕跡を撫でる。「うん。ごめん…痛々しかったよな?」「うん、このひとこのまま…点滴だけで生きてくのかな?なんて怖くなったし…実際、ォレそう言ったもん。」「へっ?」「マネージャーにさ…ぽつんと「翔ちゃん点滴だで生, こちらはBLの妄想のお話しです。【二宮side】だから入院したことは翔ちゃんを守るのにうってつけの場所だと思った。入院した当初はだ。あと少しで退院!このタイミングでマスコミにでもバレたら、そいつにもバレると強く思った。病院なんかに入ってこられたら…翔ちゃんの病室は個室だ。脅されてる相手なら、なおさら助けを求めない、求められないかもしれない。安全な場所の筈が一気に危険な場所へとなり兼ねない。そうだよな、マネージャー?あと少しで退院。「二宮、さん?」「マネージャー、ありがとね。, 告知してました、コラボのおはなしですー!涼風さんの磁石はこちらから→❤na-ju。さんの末ズはこちらから→どうぞ、いってらっしゃーい!あ、できたら、このお部屋にも帰ってきてね。笑__________________(sideS)3月某日。芝生に並んで座って、公園を駆け回る小学生を見ることもなく見てた。平日、午前11時。普段だったらふつーに学校行ってる時間。未知の感染症が世界的に流行って、予防のために全国の学校が一斉休校になる、っていう、どっかの下手なSFみたいな話で、, ・・・なんて言わせない。こちらはBLの妄想のお話しです。【磁石の恋♡】ォレは息を大きく吸い込んだ。マスコミにバレるのはダメ。いくら世の中の理解がほんの少し柔和になっても日本では結婚は認められてない。ちがう方法でなら可能性はあっても男女の結婚とは違う。と、なるとォレと翔ちゃんの関係はマスコミの格好の餌食だ。あることないことを書くのが商売の輩だから、ォレらがどれだけ“純愛”だと訴えてもても面白おかしく書き立てるのが奴等の商売なのだ。そんなことになったら・・・大好きな翔ちゃんに迷惑, こちらはBLの妄想小説です。ココをポチると一話前のお話に翔べます。【磁石の恋♡】〈視点→二宮くん〉【退院の日が決まった】と翔ちゃんから報告を受け、その日は仕事だが巻きに巻いて早く終えようと決心して今は病院に向かってるところ。今日は約束をした日だ。だから今日も巻きに巻いてやりました!や、だからって手は抜いてないから!「早く着かないかな…。」なんて窓の外を眺めて思うこと。「え?二宮さん?今なんか言いましたか?」「はあ?」とは、返事したものの恥ずい。やばいな心の声が漏れた模, BLの要素を含むお話です。お読みになる際はお気をつけください。(sideKazunari)「う…ん?」目を開けると、見慣れない部屋。ここは…?と、ドアが開いて「起きたか?」顔を覗かせたのは翔さんだった。「えっ?翔さん?なんで?」「覚えてないか?飲んでる途中で寝ちゃったんだよ。俺がたまたま同じ店で飲んでたからよかったけど」「そうなの!?ごめん」「まあ、別にいいけど。それより、珍しいな。寝ちゃうまで飲むなんて」「うん、まあ…」まさか、あなたのことで悩んでましたなんて言え, BLの要素を含むお話です。お読みになる際はお気をつけください。(sideSho)松潤から例の薬をもらって以降、俺はニノのことを前みたいに誘えなくなっていた。誘おうとするんだけど、その度にもらった薬のことを思い出してしまい…それを使ってしまいそうで、自分で自分が怖くなっていたからだ。今日はいいかげん誘おうかと思っていたのだけれど、ニノは電話をかけてきた先輩俳優さんと飲みに行ってしまった。しょうがないな…真っ直ぐ家に帰るのもなんとなく嫌で、後輩と飲みに行くことにした。「美味しかった, BLの要素を含むお話です。お読みになる際はお気をつけください。(sideKazunari)「…ところでさ、翔ちゃんは相変わらずなの?」行きつけの居酒屋の個室で、ビールを美味そうに飲みながら、いきなり相葉さんが聞いてきた。今日は相葉さんと2人で雑誌の撮影で、終わった後飲みに誘われたのだ。「いや、そういえば最近は誘われてないですね」「そっか…」「何か?」「いや、実は…この間、そういうつもりはなかったけど立ち聞きしちゃったんだけど…翔ちゃん、松潤から媚薬もらってたんだよね」「はい, BLの要素を含むお話です。お読みになる際はお気をつけください。(sideSho)「はぁ~…」今日もダメだった。なんとなく予想はしていたけど、やっぱりショックだ。ため息をつきながら楽屋に戻ると、「何、辛気臭い顔して。またニノにフラれた?」松潤が声をかけてきた。「失礼な。フラれてないわ。食事の誘いを断られただけだし」「それをフラれたっていうんじゃないの?」「…うるせーよ」何故か松潤には俺の気持ちがバレてしまっている。大抵はこうやってからかわれるのだが、俺が苦しくてどうしよ, (注)このお話のCPは磁石です。お好きでない方は、遠慮なく回れ右してくださいね。BLの要素を含むお話です。お読みになる際はお気をつけください。(sideKazunari)「お疲れ~」「お疲れさま!」5人でのレギュラー番組の収録の日。今日もなんとか無事に終わった。これが最後の仕事だし、あとは帰ってゲームするだけだな。そう思いながら楽屋を出ると、「ニノ!」翔さんが声をかけてきた。「なんですか?翔さん」「…あのさ、この後用事あるか?もし何もないなら、ご飯一緒に…」「行き, ・・・なんて言わせない!妄想です。BL(和翔)です。磁石の恋♡第二章ちょっとだけ不安が過ぎる。「そうだけど…自然現象とゆうか生理現象とゆうか…」『を、我慢してたよね?ォレか“嫌だって、しちゃダメ”って言ってる…理由も知ってるよね?』「俺が浮気してないか?調べる…ゥッ…ごめんなさい。」一瞬思い出したくない光景が浮かんで吐き気が込み上げてきた。『あ、ごめん、ごめん…翔ちゃん?思い出させた?なら本当にごめん。違うんだ。』ハァハァハァと苦しそうな息遣い。傍に居るのなら背中を摩ってあ, ・・・なんて言わせない!妄想です。BL(和翔)です。このページの前はアメ限です。磁石の恋♡第二章「あの…泊まるって?」『くくっ、なんか想像した?』悪いけどォレはしたよ?想像してる。「ちがっ…もん」『翔、可愛い♡』「可愛くなんかない!」『単純に明後日なら時間あるだけ。それと明後日じゃなくても退院はォレが迎えに行く!』ギャップ!「…もん」と可愛く言ったかとおもったら今度は「…ない!」と怒ったように強く落としてくる。そんなギャップに何度ォレは落とされただろ?それを無自, ・・・なんて言わせない!妄想です。BL(和翔)です。このページの前はアメ限です。磁石の恋♡第二章『めちゃくちゃ想像したから…ォレも我慢してたんだからさ』「ごめん」『謝らないの!』「ありがとう」『翔ちゃん、明日はォレ面会時間には無理だからさ』「うん、わかってる。」と答えてはみるものの寂しさが募るのはなんだろう?今までの恋愛でこんなに恋人に逢いたくなって恋しくなって寂しくなるなんてことあったかな?もっとあっさりしてた気もするけどな。自分のペースは崩したくなかったしテリトリ, ・・・なんて言わせない!このお話はBLの妄想のお話です。和翔のお話となります。ダーク(不快に思う部分が出てくる)な部分があるお話となりますのでご注意下さいね。一話前❤️____________________________先生が、この病室から出て行ってから、気のせいか?体が熱く感じる。火照ってる…?ねつ?退院できるかも?となった今?それは嫌だ。自分の身体の事だから、良くなっているのはわかる。仕事もセーブしてもらって助かった。ここでの生活も悪くはない。でもここは病.