帰りは船に乗らずホテルのフロント横... 和歌山鳴滝バンガローで車中泊 お風呂は中津温泉あやめの湯 素敵な釣りの思い出を作るために最適な車を選びましょう。. エクステリアはフロントグリル、フォグランプベゼル、前後のアンダーカバー、サイドミラーがオレンジに、インテリアはステアリング、センターパネル、シートステッチなどがオレンジになっています。, 18インチホイールとオフロードタイヤを装着しているため走破性は抜群で、3列シートを畳んだラゲッジルームの荷室長は1,200mm、セカンドシートをスライドした荷室長は1,610mmとなっています。

アウトドア派で釣りが大好きな方におすすめの釣り用車をランキングでご紹介します。実用的な車からデザイン重視の車、人気のSUVや4WD、フィッシングカーとして使い勝手の良い軽サイズから大型車までの特徴など比較して、釣り用車の選び方のポイントになるおすすめランキングです。さらに人気の軽バンを車中泊仕様に改造するためのおすすめパーツなどもご紹介します。お気に入りの車を見つけて自分専用の使いやすいフィッシングカーにカスタマイズすれば楽しみ方も広がります。, 釣りにもいろいろなスタイルがあります。海釣りや渓流釣り、ルアー釣りやまき餌釣り。それぞれのスタイルにあった車選びが必要になります。, 近年SUVが人気で、車のおすすめ人気ランキングでも上位にいくつも上がっており、あのロールスロイスまでがSUVを出しました。アウトドアも人気で、各メーカーやショップから魅力的なカスタムパーツも出ていますので、車の選び方にも幅が広がります。自分好みのフィッシングカーに仕立てればより快適な釣りが楽しめます。どのような車がおすすめなのかランキング形式でご紹介していきます。, おすすめの釣り車、人気ランキングに選ばれる釣り車には選ぶときのおすすめポイントがあります。どんな車がおすすめでランキングに上がっているのでしょう。, おすすめの釣り用車の選び方のポイントを項目別にご紹介します。売れ筋ランキングなどで上位に上がっている車の特徴もおすすめの選び方のポイントになっています。車の性能の他、使い勝手やコストなどランキング上位に上がる人気の車にはどんなおすすめポイントがあるのかご紹介します。また人気の釣り車をランキング形式でおすすめポイントも合わせてご紹介していきます。, 様々な駆動方式がある中アウトドアで使うおすすめな車の駆動方式は、釣りに行く場所や走る道などにより選択肢が変わってきます。, 舗装されていない道やデコボコ道、砂浜など走ることが考えられる場合はランキングでも上位に上がっている4WD車がおすすめな選択です。最近はアシスト機能が付いている車種も多く安心して運転に集中できる装備もおすすめです。また、4WD車にはシートヒーターなどが標準で付いている車種もあります。デメリットは燃費が他の駆動方式より悪いという点が上がります。, オフロード性能の高さやボートを牽引するなど、釣りをする場所やスタイルによってランキングやおすすめする車も変わってきます。, 段差の多い悪路を走るような場合は車高の高い4WD車がおすすめになります。ランキングにも上がっており人気のおすすめ車です。ボートなどを牽引するような場合は、ラダーフレームで排気量の大きな車がおすすめになります。砂浜や泥道などスタックするような場所を運転する場合などは、オフロード用の運転アシスト機能が搭載されている車がおすすめです。, 頻繁に移動する方が気になるのはやはり燃費です。燃費の良さや維持費を重要視するなら販売ランキングも高い人気の軽がおすすめです。, 荷物をたくさん載せるようなサイズの大きな車が必要な場合はディーゼルエンジン車やハイブリット車も燃費効率が良くおすすめですが、車体が軽く維持費も安い軽自動車がやはり選択肢としてはおすすめです。様々なランキングでも軽自動車は上位を占めておりおすすめです。, 海釣りや渓流釣りなどスタイルによって必要な道具も違いますので、自分に合った道具を乗せられることが選び方の前提になります。, 同じような大きさの車でも室内のサイズが各車違いますので、カタログで調べたり実車を見たりして決めることをおすすめします。数センチの違いで積み込めなかったりすることがあれば使い勝手が悪くなります。また、ランキングに上がる人気車でも他車を比較することによって商談セールスの割引が期待できる場合がありますのでおすすめします。, ピックアップトラック・ワンボックスタイプ・ミニバン・ステーションワゴン・SUVなど様々なタイプの車があり、荷室の使い方も違います。, 濡れたものを載せたり、汚れても拭き取ることのできるラゲッジボードや撥水加工されたシート、またはシートカバーなどはおすすめする選び方のポイントです。ランキングに上がっている車にも付いているものがあります。装備してあると、泥のついた靴で乗ったり釣りのエサをこぼしてしまった場合でも掃除が楽で匂いもつかず安心でおすすめです。ラゲッジにはカスタムするのに便利なナット穴などあると便利です。, 車種にはSUV・ワンボックス・ハイトワゴン・ピックアップなど様々な形のデザインがあります。釣り車として比較してみれば自分に合う車の選び方が見えてきます。, 商用や趣味として人気のワンボックスタイプやファミリーカーとしても人気になっているミニバンは、3列シートで人数や荷物を乗せられる人気のおすすめ車種です。, ワンボックス&ミニバンタイプは、大きな荷物や長尺物などたくさん載せられ、3列シートで人数も乗せられるので、商用車やファミリー車として人気があり様々なランキングにも上がっています。ミニバンには最低地上高の高いSUVタイプの車もあり、クリーンディーゼルやハイブリッド車など、ジャンルも幅広くおすすめできます。車中泊する場合にも余裕を持って対応出来ます。, SUV車は、最低地上高が高くオフロードもオンロード共に走行性が良く趣味にも普段使いにも使えるバランスのとれたおすすめ車種です。, 人気のSUVは各メーカーが力を入れているジャンルの車でもあり販売ランキングの上位にも来ています。ステーションワゴンも人気でしたが、最近は最低地上高が高くオフロードに強いSUVが主流になってきました。丈夫で走破性の高いラダーフレームのSUVなどはポートを牽引するのには安心して使えるのでおすすめです。3列シートのタイプもあり様々な場面で使える、ランキングでの人気も高いおすすめ車です。, 室内と荷台が分かれているので濡れた物や汚れ物など気にせず積み込むことができます。水洗いできる荷台やワイルドなデザインはおすすめです。, 海外ではピックアップトラックは人気で、国産メーカーも海外に向けにピックアップトラックを作っています。デッキバンも同じく海外に向けに作られていたりしました。かっこいいデザインでアウトドアに向きでランキングも高いです。ゴムボート等も濡れたまま載せたりできるので釣り用車としてもおすすめできます。軽トラもフイッシングカーとして人気がありおすすめです。, 背が高く室内が驚くほど広いのが特徴で、軽自動車に多く使われています。ハイブリッドやSUVタイプなどもあり売り上げランキングも上位を占めていておすすめです。, 天井が高くなることで広々空間が生まれ、使い勝手も格段に良くなり大人気になっているのがハイトワゴンタイプです。さらに背の高いスーパーハイトワゴンは軽自動車では人気ランキングの上位を占めています。コンパクトカーでもトールサイズの車が人気ランキングの上位に入って来ています。軽自動車にはSUVやデッキパンタイプのハイトワゴンがありおすすめです。, 人気ランキングの車やおすすめポイントなども参考に自分に合った釣り車を選びましょう。ランキングではそれぞれの特徴もご紹介しています。. お風呂は中津温泉あやめの湯を利用します。(徒歩... 道の駅柿の郷くどやまで世界遺産と真田幸村を感じる  やっと購入したどぉ~「ほりにし」 Author:tokai 投稿一覧. 新潟県で釣り 9; 富山県で釣り 8; 中部で釣り 27. こんにちはEldoradoです。突然ですが私は釣りをするついでに車中泊をすることが多いです。例えば自宅から2時間程度かかる渓流に3日間ぐらい篭るときとかは、3日間毎日自宅と釣り場を往復するのはきついので、釣りが終わったら近くの銭湯や温泉に入ってそのまま現地で車中泊する。という感じで車中泊はちょくちょくすることがあるため、少しでも車で快適に寝るためにハイエースバンのワイドボディを購入しました。, この車に乗ってかれこれ2年ちょっとになるのですが、今回はハイエースワイドに2年間乗って感じた良い点、悪い点についてご紹介てみたいと思いますので、これからハイエースの購入を考えている方の参考になりましたら幸いです。ただし、私は車に関する知識も興味もあんまりないですし専門家ではありません。あくまで車中泊を目的とした1ユーザーとしての感想となりますので予めご了承ください。, まずは概観なんですが、とにかくデカイです。サイズだけでいうとおそらく今日本にある国産車の中では最も大きいレベルだと思います。, 外見がでかいので当然内装もめちゃくちゃ広いです。運転席と助手席の間のスペースが非常に広くて、おそらく普通のハイエース(ナローボディ)に比べるとナビ1個分ぐらいのスペースが広いんだと思います。それに合わせてコンソールボックスもでかいですね。, 全面に貼られたウッドパネルはあんまり好きじゃないのですが強力にくっついていて剥がれないのでこのまま使っています汗, ハイエースワイドで車中泊する上で他の車に比べて圧倒的に優れている点は広いベッドスペース。いつも車中泊するスペースは後ろの荷室に設置されたベッドなんですが、とにかくこれがめちゃくちゃ広い。リアシートを倒すとフラットになるのですが、一人で車中泊する時はリアシートを倒さなくても足を伸ばして寝ることができるぐらいです。, 2人以上が寝る時はリアシートを倒すことによってフラットなベッドになるため、大の字になって寝ることもできますし、寝返りも打てます。これはもう家のベッドで寝ているのと全く同じぐらいの寝心地と言っても過言ではありません。, 運転席や助手席のシートを倒して寝るパターンの車中泊をするとなると寝返りがうてなかったり寝心地が悪かったりと熟睡することが難しく、夜中に何度も起きてしまったりするかと思います。しかしハイエースであれば翌日までぐっすり眠れます。私は釣りの遠征で使用することが多いため、丸一日釣りをしても疲れがしっかりと取れるのは非常に大きなメリットになります。, あとはベッドの下にも広い荷物用のスペースがあるので釣り具やらキャンプ用品やらを突っ込んでおくことができます。, 必要に応じてベッドは取り外すこともできますが、日常生活でそんなに大量の荷物を載せることはないので滅多に外すことはありません。, 車中泊をするうえでは最高に快適なハイエースワイドなんですが、購入するにあたって検討するべきことがあります。, 車には車両区分っていうのがあるらしく、普通のハイエースは「小型貨物車」なのに対しワイドボディになると「普通貨物車」という扱いになります。そのためナンバーが1ナンバーになって重量税が若干割高になるということです。さらに普通車の場合車検は2年に1回じゃないですか。それが1ナンバーの場合1年に1回車検を受けなければなりません。まぁ特に不具合がなければ車検にかかる金額は1回70,000円ぐらいなので金額的には普通車で2年に1回受けるのとそこまで大きな違いはないですけど、毎年あのめんどくさい車検を受けなければならないのは少しデメリット要素かなと。, そして最も「しまった」と思ったことがありまして、購入する前にもし私が知っていたらワイドではなく普通のハイエースにしてたかなっていうぐらい大きなデメリットが、このワイドボディにはあることに気づきました。それは高速料金がめっちゃ高いということです。1ナンバーは普通車ではなく中型車という扱いになるため、高速道路の料金がめちゃくちゃ高いんです。, どれぐらい高いかと言うと、普通車に比べて約1.2倍程度。※道路や区間によっても違います。, 「なんだそれぐらいか」と思われるかもしれませんが、中型車は深夜割引は適用されるのですが休日割引が適用されないので土日に高速を走っても通常料金がかかってきます。, 例えば土曜日の昼間に普通車で通常料金7,000円ぐらい、休日割引が適用されて5,000円ぐらいの料金がかかったとします。まったく同じ道路をこのハイエースワイドで走ると、通常料金が大体8,000円ぐらいなんですが、休日割引がないためこの8,000円がまるまるかかってくるわけです。休日ともなると普通車に比べて高速料金が約1.5倍ぐらい高くつくんです。ほんとこれは盲点でした。, つい先日も土日を利用して横浜の友人に会いに行ってきたんですけど、岐阜県のインターから神奈川県のインターまで片道9,000円でしたし、燃費も非常に悪いので往復の交通費だけで30,000円以上かかっています。釣りで遠出をすることが多い私にとって高速料金が約1.5倍かかってくるのは本当に「やってしまった」という部分です。, 私の場合は一人もしくは二人で車中泊することが多く、三人以上で寝ることはまずないので最善の選択はワイドではなくナロー(普通のハイエース)だったかもしれません。現在ハイエースの購入を検討されている方の参考になりましたら幸いです。, ※車検の時に構造変更の手続きすれば3ナンバーや8ナンバーに変更することができるようです。詳しくは車屋さんにお問い合わせください。, 最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b, Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。, ※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。, 釣り人のためのシルバーアクセサリーの企画/制作/販売を行なっています。 内装がシンプルなため、釣りで使う道具を収納しやすいようにカスタムすることも容易です。, 20万km走っても大丈夫と言われるほど頑丈で、万が一故障しても軽自動車のため、高額な修理代はかかりません。 千葉県で釣り 16; 東京都で釣り 19; 神奈川県で釣り 3; 北陸で釣り 17.

"),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0

釣り車に人気のおすすめ車種を普通車と軽自動車を含めてランキングしました。suvやコンパクトカー、トールワゴンの中からロッドなどの釣り用の荷物を載せられる積載量が多い車や、海や川なども走れる走破性の高い車を紹介します。 取り回しやすい最小回転半径4.5mで海でも川でも自由自在に移動できます。最近ではエブリイ ワゴンをリフトアップして使うアウトドアユーザーが急増しています。, 釣りは年齢や性別を問わず人気の趣味で、昔はオリンピック競技に採用されていたスポーツでもあり、家族で楽しむのも、一人で時間の流れを楽しむのも自由です。 アクティブギアのテーマカラーになっているオレンジはエクステリアだけではなくシート生地、コンソールボックス、ステアリングホイール、アームレストなど内装の各所にも採用されています。, 電子制御4WDで路面状況により足回りを最適にコントロールするため、釣りへ行く時も安心してドライブできます。また、JC08モード燃費14.4km/Lは4WDのSUVにしては優秀な数字と言えます。 加太は、和歌山県で最も大阪府に近く、晴れた日には紀淡海峡を挟み... 和歌山で車横付けで釣り、トイレあり車中泊も出来る日高港 タチウオ、青物、チヌなど様々な魚種.

道の駅 柿の郷くどやま

釣りをする車に最適な車種をランキングしました。釣りは道具が多くなる趣味なので積載量が重要で、海や川へ移動するため高い走破性も求められます。長い距離を移動することもあるので、ガソリンがかからない低燃費な車も人気です。乗用車と軽自動車を含めた釣りに最適な車をピックアップしました。, わいわい楽しんだり、ゆったり時間を感じることもできる「釣り」は、近年女性の間でも人気となり、注目を集めている大人の趣味です。, 釣りを楽しむためには海や川や湖など、水辺へ移動しなければならず、移動手段になる車は必須と言えます。

しばらくすると家内と娘が戻ってきました。 渓流やダム湖など釣りをする場所によっては、凹凸の多い道や山道といった悪路を走行しなくてはなりません。 パワーはもちろん、 アウトドアに適した走行のできる車種を選ぶのがおすすめ です。 遠出も気にならない燃費の良さ . (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/ngx_pagespeed_beacon','http://navikuru-car.com/fishing-car-25526','CZLuxirR1A',true,false,'YV60rNNbfjw'); ロッドやクーラーボックス、専用ウエアなど釣りに必要な道具をたくさん積める収納力があることはもちろん、でこぼこ道にも対応できる走破性抜群、また遠距離でも気にならない燃費のよさなど、釣りのライフスタイルで優先順位は変わっていきます。, 単に「車体価格を安く抑えたい」という理由で車を購入すれば、のちほど「ロッドが入らない」「燃費が悪すぎてかえって費用がかさむ」「オフロードに向いていない」など後々後悔することになりかねません。, またより快適に釣りを楽しむために必要なアイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。, 何を優先するかにより、優先順位も変わってきます。気になる項目から参考にしてみてください。詳細を見ていきます。, 釣りには欠かせない、釣り竿。長いロッドをはじめ、道具箱やクーラーボックス、着替えなどたくさんの荷物が詰め込めるような積載性が必要です。, 早朝や夜釣りに備えるため、車中泊を考えている場合にも、車内空間の広さが重視されます。, 渓流やダム湖など釣りをする場所によっては、凹凸の多い道や山道といった悪路を走行しなくてはなりません。, 日常使いはもちろん、遠出をしたいときにいかに燃費を抑えられるかがポイントになってきます。, せっかく車体価格を抑えても燃費性能が悪ければ、ガソリン代や維持費が余計にかかってしまいます。, この章では「釣りに適した車を選ぶときの基準」を満たしている車種の中から、特におすすめしたい車種をピックアップしました。ぜひ、参考にしてみてください。, エクストレイルは、アウトドアを楽しみたい人にぴったりのSUVです。排気量も大きく4WD設定もあるため、砂浜や川辺、海沿いなどあらゆる悪路条件においても難なく走行することができます。, 2列シート車においては、クラストップレベルの565Lの積載量を実現。シートアレンジも多彩で、乗車人数や荷物に合わせて自由な対応が可能です。, ラゲッジボードやフロアだけではなく、シートにも防水仕様を採用しています。それにより、濡れた道具や靴も気にせずに積み込むことができ、汚れも簡単に拭き取れます。, また釣りに適した仕様としてエクストレイルにロッドホルダーを装着するときには、天井にあるグロメットの穴とアシストグリップを利用して取り付けることができます。あえてボディに穴をあける必要はありません。, 注意すべき点は、7人乗り(20X、20Xi)モデルは、5人乗りモデルに比べてラゲージスペースが狭いことです。2列目シートには中央部分を倒せるリアセンターアームスルーがありませんので、長物を積載する場合は気を付けてください。, 燃費面もガソリンモデルでも実燃費12km/L以上と悪くなく、悪路走破性と積載能力の面からも実用性が高い車種です。, シートアレンジがとにかく多彩なヴォクシーは、釣りや車中泊などアウトドアに使いたいという方におすすめの一台です。, 約1,400㎜と天井は高く低床設計のため、小さな子どもなら立ったまま着替えたり乗り降りすることができるほどです。, 後席シートを前方へスライドすれば、サードシートへの乗り降りはしやすく、サードシートを跳ね上げることでさらに大容量のラゲージスペースを確保できます。この車種はハイブリッド、ガソリンのどちらを選んでも燃費性能に優れているのもポイントです。, 2019年秋に発売されたライズは、広いラゲージスペースと運転のしやすさが魅力のコンパクトSUV(5ナンバー)です。「釣りに行きたいけどミニバンや通常のSUVは大きすぎる」と感じる方にはおすすめの車種です。, この車の特筆すべきところは、デッキボード下段時の荷室容量が369Lと車体に似合わない大容量が積載できることです。, 広さと使い勝手を拡張する2段デッキボード構造は、荷物の大きさやシーンに合わせた使い方が可能。ボードを取り外すことで大きなクーラーボックスや背丈の高い荷物も収納ができます。, 注意すべき点は、完全なフルフラットにならない点です。フロントシートを一番前にスライドした状態でも、シートを倒すとリヤシートの座面と干渉してしまうため、フロントシートは垂直から後ろに77度しか倒れません。, フリード+は、収納性はもちろん燃費性能の高い車種です。荷室のアレンジは抜群で、少人数で釣りに出かけるときにぴったりの一台です。, この車の特徴は、最大1,080㎜の広い開口幅と低床設計により、釣りに必要な重い荷物や大きい道具も楽に積み下ろしができることです。さらに3列目シートを左右に跳ね上げれば、広大な荷室が出現します。, 荷室を上下に分割し、さらにスペースの有効活用を可能にするユーティリティーボードは、反転させることで濡れた衣服やブーツなど気にせず載せられる仕様になっています。ボードを取り外せば、背の高い道具も簡単に乗せることができます。, 各種センサーで路面や走行状態を検知し、状況に応じて4WD走行に切り替える電子制御式を採用。これにより、ぬかるみや凸凹道でも安心して運転することができます。, フリード+には低燃費と軽快な走行を可能としたハイブリッド車と、高出力かつ低燃費を実現可能としたガソリン車があります。どちらを選ぶ場合にも4WD設定のものをおすすめします。, この車の注意点は、収納時のアシスト機能が装備されていないところ。シートを持ち上げたり、3列目シートの収納したりする場合は、手間がかかってしまいます。, しかしながら、ロングロッドや大型のバッグもしまえることや、多くの荷物を積んでも広々とした就寝スペースは確保できるので、釣りに使う車としては優秀であることは間違いありません。, 軽自動車規格でありながら本格派SUVとして登場したジムニーは、オフロード車に近い性能が魅力の車です。, ラダーフレーム構造が採用されていることで、悪路に強いのが何よりの特徴です。普通車に比べると荷室は狭いものの、リヤシートを倒せば、大容量352Lの荷室スペースが広がります。開口部も大きく、荷物の積み下ろしもスムーズに行えます。, リヤシートの背面と荷室には防汚対応したラゲッジフロアを採用、これにより汚れた荷物も気にせずに積むことができます。, 注意すべき点は、ジムニーは奥行きが狭いため、荷物やロッドの積載には工夫が必要ということです。また長いロッドは積めないので、海釣りメインの方は、購入前にきちんと積載できるか確認する必要があります。, ウェイクは軽自動車で釣りに出かけたい方におすすめの一台です。軽自動車最高となる室内高1,455㎜が確保されており、広々とした車内スペースが特徴です。, 冒頭で述べた通り、有能な室内高により、7.9フィートのロッドを5本まで収納可能で後部座席に乗った人の頭が当たることはありません。, オプションになりますがラゲッジボードを取り付ければ、上下2段に荷物を積めます。床下収納も備わっているので、濡れた靴やウエアなど他の荷物と分けて収納することもできます。, また、内装インテリアのシートは全て撥水加工となっており、特にリアシート背面は塩化ビニール加工の防水仕様なので、水に濡れても安心です。, ただし、ウェイクは悪路走破性ではこれまで紹介した車種よりは劣ります。ただ「軽自動車で釣りに出かける車がほしい」方であれば、低燃費で積載量のあるウェイクは釣り用の