ガンプラ MG 1/100 ZZガンダムVer.ka 塗装完成 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず最初は、二年前に終わらせてあった塗装についてですが、普通に塗っても面白みが無いので、蛍光発色を意識したカラーに塗る事に。, 各パーツ色の発色を変えるイメージで、隠ぺい力の高い「クールホワイト」を吹いてから、蛍光レッド+蛍光ピンクを多めで仕上げていきます。, パーツを眺めているうちに、少しだけ青を足した赤紫色に変更したくなったので、思い切ってパーツを漬け込み、再塗装する事にしました。, パーツを傷めてしまう可能性が高いので、何度も使えない荒業かと思いますが…。市販のうすめ液に漬け込み、15分ほど放置。, 歯ブラシで残っている塗料を擦り落とし、軽く乾燥させてから中性洗剤で洗えば、塗装する前の状態に戻ります。, 赤色パーツは再塗装で時間が掛かってしまいましたが、何とかイメージに近い色を塗る事が出来ました!!, ※1/144・MSZ-006ゼータと、MG高機動型ザクIIも一緒に塗装し、何とか組み立てる状態まで進めてありました。, 組み立てからが最近の作業となりますが、うすめ液に漬け込んでいるパーツがあるので、折ってしまわないよう注意しながらの組み立て。, 説明書通り、胸部から作り始めましたが、蛍光色がパキっと発色する感じで、イメージ通りに塗れていて良かったです!!, 写真では分かりにくいかも知れませんが、白色パーツは若干グレー寄りに塗ったので、蛍光色との対比も良い感じで効いています。, 予想通り、うすめ液に漬け込んだのと経年により、簡単に割れてしまうパーツもあり…。極力負荷を掛けないように組み上げてみました。, 今回は、作るのを楽しみにしていた、ダブルゼータVer.Kaの製作について書いてみましたが、塗装の工程で軽く躓いたものの、思い切って再塗装して良かったかと。, それにしても、パーツの一つ一つが格好良く、各部が出来上がっていくたび見とれてしまいますね…。, とりあえず、このダブルゼータに関しては、「MG サザビー Ver.ka」や「MG ニューガンダム Ver.ka」と同様、ケースに入れて保管しようと思っているので、頑張って作りたいと思います!!(^^ゞ, 今回の投稿と同じ「ガンプラ制作記」にある前後の記事は、下記のようになっております。お時間がある時にでもチェックして頂けると嬉しいです!!, また、11月16日現在「ガンプラ」には「16件」の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。, ガンプラ制作記今回の投稿と同じジャンル「ガンプラ制作記」の記事一覧を見る記事一覧を見る, ダブルゼータガンダム Ver.Kaの製作記です。空いた時間を見つけてポチポチと組み立て、とりあえずは墨入れ・デカール・トップコートまで終わりました。やはり存在感があって、格好良いですね!!, MG高機動型ザクII ジョニー・ライデン専用機の製作日記です。二年近く放置していましたが、久しぶりにプラモ製作を再開。青色に塗り替えて「ノリス専用機」風に塗ってみました!!, 『まころぐ』を新設するまで更新していたブログです。コチラにも1000件を超える記事が投稿されています!. ファーストからZガンダム世代です。 下地塗装 MG ZZガンダム Ver.Ka . ■塗装レシピ(全てガイアカラー) 各部ロック機構もあり、しっかりと固定できます。 関節など:ガンメタル 手首を変形用のタイプに差し替える以外は全て完全変形。 このヤケクソみたいに筒が二本装着されたダブル・ビームライフルのデザインがステキですね(笑), 「斬るぞーーっ!マシュマーさん!!」 少し濃い気がしてきて、まずは拭き取りできるエナメル塗料で試してみることに。 付属の水転写デカールを使用し、つや消しコート。 変形や可動、ギミックも練りこまれており、様々なアクションポーズや各形態を楽しむことができます。 コアファイターを塗装しています。 白:ピュアホワイト ベースとなっているのは、2017年9月に発売されたmg「zzガンダムver.ka」なので、ボディ周りや脚周りなどはほぼ「zzガンダム」と同様の組み立て方。ただし、「zzガンダム」のような変形機能はカットされているので、その分作りやすいですね。頭部は完全新規設計になっていますが、前述 … 18年の時を経て生まれ変わった姿はまさに「すごい!感動の嵐!」という感じ。

今回もランナー塗装・・・ではありますが全塗装しました。(パイロットフィギュアは除く) MGダブルゼータガンダムVer.Ka(2017年9月発売)や強化型拡張パーツ(2017年12月発売)、そしてMG FAZZ Ver.Ka用新規パーツを交えて構成された重武装型キットです。 どっしりとしたプロポーションは健在。安心感すら覚えます。 最近は、空いた時間があればガンプラ製作に励んでいますが、積んでいる箱も徐々に消化しながら、良いペースで作れています。, ダブルゼータのVer.Kaですが、玩具屋さんで完成品を見かける度に、早く作りたいなぁと思っていました!!, ようやく製作の順番が回ってきたので、今回はダブルゼータガンダム Ver.Kaの製作日記を書き残してみたいと思います。. すごい!感動の嵐!ガンプラ MG 1/100 ZZガンダムVer.ka 塗装完成「MG 1/100 ZZガンダムVer.ka」「機動戦士ガンダムZZ」より、主… Gフォートレスへと変形。 ハイパービームサーベルもピンにより接続なのでしっかり保持できます。, 「これさえありゃ、もうマシュマーなんて、火に焼いて食べちゃいますよ!」

今回スミ入れには... 「MG ZZガンダム Ver.Ka」ですが、胸部のディテールアップが左右揃いました。.

すでにプレミアムバンダイ用アイテムとして「強化型ZZガンダム用拡張パーツ」のリリースが決定しています。 フルアーマーも近いうちにアナウンスが来ると思われます。, 「機動戦士ガンダムZZ」より、主人公ジュドー・アーシタの駆るMS、ZZ(ダブルゼータ)ガンダム。, このヤケクソみたいに筒が二本装着されたダブル・ビームライフルのデザインがステキですね(笑). Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 青:アイスコバルトブルー 足首に必要なパーツをひと通り塗装、スミ入れしたので並べました。パーツ多いっ! まず黄色ですが、テストピースでは橙黄色そのままでしたが、やはり少し濃いと感じましたので、アルティメットホワイトを少し混ぜて彩度を落としました。, 下地塗装していなかった青色パーツにも、エヴォホワイトに少量のメカサフを混ぜて調色したもの を吹きました。, 今回、画像が地味ですので、仮組みした写真もアップします。フレームは未塗装の時の写真になります。, あと、Amazonで見つけたテープカッターが、なかなか良いものだったのでご紹介します。, まずはこの切り口を見てください。マスキングテープでもギザギザにならず、これぐらいまっすぐになります。, 人気ブログランキング。←良かったらポチっとお願いします。にほんブログ村←良かったらポチっとお願いします。, 広島在住のSEです。 黄:ビビッドオレンジ, バックパック:ジャーマングレー

「MG 1/100 ZZガンダムVer.ka」

今より18年ほど前にマスターグレード化した本機体でありますが、カトキハジメ氏によるリファインを施した「Ver.ka」となって生まれ変わりました。

アクセントとして用いられているシルバーのパーツも良いですね。

下地塗装を開始しました。 赤と黄色の発色を良くするために、今回はピンクサフを使用します。 まずは赤色と黄色パーツを準備。 エアブラシで元のパーツの色がだいたい隠れるまで吹くと、 薄い綺麗なピンク色になりました... MG ZZガンダム Ver.Ka. 脚部 … そのためもちろん全て新規ランナー。 ※コア・ファイターは2機付属。, 複数の可動機構により合体完了後のポーズもバッチリと決まります。 mg 機動戦士ガンダムzz ダブルゼータガンダム ver.ka 1/100スケール 色分け済みプラモデル: mg 1/100 msz-010 ダブルゼータガンダム (機動戦士ガンダムzz) すごい!感動の嵐! 作るのを楽しみにしていた、MG・ダブルゼータガンダム Ver.Kaの製作日記です。塗装から組み立てまでを書き出してみましたが、再塗装の手間は掛かったものの、蛍光色を強調した塗装は気に入りました… 強度上の問題とはいえ手首に角度がつけられればもっと嬉しかったですね。 ガルグレーを塗装したテストピースで色を確認。 赤:ローズブライトレッド

本商品では各部にポイントでシルバーのエクストラフィニッシュ加工されたパーツを使用し、アクセントとなっています。 変形の際はアンテナが干渉しやすいので注意が必要。旧MGと違って軟質パーツはありませんが、ランナーの都合でもうひとつ余るため予備に使用可能。, もちろんそこから分離し、コア・トップ、コア・ベース、コア・ファイターの各モードも再現可能。 「いっけぇぇぇ!ハイ・メガキャノン!!!」, 以上、ZZガンダムVer.kaでした! と言いつつ、ほとんどのシリーズを観ていますがw, ガンダム大好きSEが、完成したガンプラを紹介するブログ。 製作過程も写真を撮ってアップしていきます。.

「機動戦士ガンダムZZ」より、主人公ジュドー・アーシタの駆るMS、ZZ(ダブルゼータ)ガンダム。 ZZや強化型ZZのランナーが流用されているので大量に余りますが バックパックなどのランナーが入っていないのでZZと強化型ZZには組めません。 ガンダム・センチネルより以前発売されたMG ZZガンダムVer.Kaや強化型ZZをベースにキット化された今回のFAZZ Ver.Ka。 エナメル塗料だと拭き取りできるので、ざっくりマスキング。... 久しぶりにダブルゼータの記事です。ちょっとずつ触ってはいたのですが、アップするほどではなかったので間が空いてしまいました。