操作方法; 2015-11-08. 今も進化し続ける★★★★★ (真田昌之) 4.

「これは命令だ!MSXの電源を切れ!」 (TOM) 1. ボイスタイプ; 2015-10-27.

msxの傑作『グラディウス2』のプランナーも務めた松井直樹である。松井のサポートを受けて企画は動きだし、そして4ヵ月後の1987年7月、メタルギアシリーズの原点となるmsx2版『メタルギア』が発売 … メタルギアオンライン3(mgo3)攻略wiki; 2015-10-22.

重装クラス(enforcer) 2015-10-21. ・メタルギア破壊後、左に1画面進み、ラスボス『big boss』と戦闘。 しかし、ロケットランチャー4発で死亡という微妙な強さ… ・その後、1画面上へ行き、そこにある一番左のはしごを上ればゲームクリアです♪ ちなみにちょっとしたネタ。 基本は前作のMGOと同じだが新たな要素の追加もあったのでそれも含め書いていきます。, プライマリウェポンを構えているときはセカンダリウェポンに、セカンダリウェポンを構えているときはプライマリウェポンに切り替える。どちらも装備に加えているときのみ可能。, Lスティック+R2短押しで可能。敵をダウンさせられるが、未強化では一発ではスタンさせられない。そのまま追い討ち推奨。, 敵を尋問し、他の敵の居場所に仮マーカーを付ける。仲間も共有して見ることができるが、未強化ではバティとしか共有不可。, 潜入クラスでFULTON+3を装備時のみ可能。ダッシュパンチを敵に当てることでそのまま対象をフルトン回収できる。, L1を押しながら□で自チームや敵チームとのコミュニケーション専用メニューに切り替える。△でページを変更可能。, 入力の加減で速度を調節可。移動中にL3でダッシュ可能だが、レーダーにノイズが映る。, MAPを開きながら○でMAP上にマーカーを付ける。方向キー上下でマーカーの種類を変更可能。, 武器・携行品を選択・装備します。短押しで装備の着脱や選択、長押しで該当する装備の一覧を開き、Rスティックで選択。. 操作方法 (おにおん) 5. 小ネタ・バグ; 2015-10-19. 仲間は銃殺?、それとも撲殺?度:★★★★ 1. 6. サブウェポン(secondary weapons) メインウェポン(primary weapons) 2015-10-14.

Re:「これは命令だ!MSXの電源を切れ! 続編もっと出して! (HOSHI) 3. , E‚P‰æ–ʉº‚֐i‚݁AƒJ[ƒh‚Q‚Å”à‚ðŠJ‚¯‚Ä•ß—¸‚ð‹~oB, E‚R‰æ–ʍ¶A‚R‰æ–ʉº‚ɐi‚݁A‰E‘¤‚É‚ ‚é”à‚ðƒJ[ƒh‚R‚Å‚ ‚¯A•ß—¸‚ð‹~o, E‚P‚e‚Ö–ß‚èAƒJ[ƒh‚V‚ðŽg‚Á‚č»”™’n‘тցB. 『メタルギア』( metal gear 、略称: mg)は、1987年 7月13日に日本のコナミから発売されたmsx2用ステルスゲーム。同社の『メタルギアシリーズ』の第1作であり、小島秀夫の監督デビュー作である。 先日、ネットオークションにてmsxのメタルギア2 ソリッド・スネークを購入したのですが、説明書がないため操作方法が分かりません。なんとかある程度動かせましたが、ホフクするキーがどれなのか分かりません。どなたか是非教えてくださ よくある質問 『メタルギア』(METAL GEAR、略称: MG)は、1987年7月13日に日本のコナミから発売されたMSX2用ステルスゲーム。同社の『メタルギアシリーズ』の第1作であり、小島秀夫の監督デビュー作である。, ソリッド・スネークのFOXHOUND隊員としての初陣となった事件「アウターヘブン蜂起」を描く。製作当時のアクションゲーム全般の傾向としては「装備や能力に物を言わせて、正面突破で敵を殲滅しながらゲームを進める」というものであったがこの作品は、なるべく戦闘を回避しながら敵から隠れながら進むのがテーマ。, 開発はコナミ開発3課が行い、ゲーム・デザインは小島秀夫、音楽はディスクシステム用ソフト『グリーンベレー』(1987年)を手掛けた水谷郁やディスクシステム用ソフト『ファルシオン』(1987年)を手掛けたたけのうちしげひろの他に、古川元亮が担当している。, 2004年に新アイテムや新モードが追加された携帯アプリ版がコナミネットDXで配信されている。2005年発売のPlayStation 2用ソフト『サブシスタンス』、2007年の『メタルギアソリッド3 20周年廉価版』の付録として、また2011年にPS3とXbox 360、2012年にPlayStation Vitaで発売された『HD エディション』に、MSX2版を元にした復刻版が収録されている。また、2004年発売のニンテンドーゲームキューブ用ソフト『ザ・ツインスネークス』の限定版(日本発売分のみ)にはファミコン移植版が添付されている。また、MSX版はi-revo(Windowsパソコン用)やWiiのバーチャルコンソールで配信されている。, 2008年、「ステルス要素を完全に取り入れた最初のビデオゲーム」として、ギネス世界記録「GAMER'S EDITION 2008」に認定された[1]。, 軍事要塞ビルに潜入し、アイテムを収集しながら進み、破壊目標であるメタルギアを目指す。マップ移動は1画面ごとの切り替え式。アイテムや無線通信による仲間からの情報を活用しながらゲームを進める。ライフが無くなるとゲームオーバー。, 主人公はアイテムをほとんど何も持たない状態でスタートし、アイテムや銃器などの武器も現地調達である。さらに、敵兵や監視カメラの視界に入ったり、発砲してその音を聞かれたりすると敵に発見され、その画面内にいる敵兵が襲い掛かかる上、場合によっては画面外から敵兵が次々と出現する。そのため、敵兵に見つからずに潜入し、戦闘を避けて進むことが重要な要素となる。, 敵兵は銃器で倒す以外にも、死角から敵兵に接近して殴打でも倒すことができ、特に銃器とサイレンサーを入手するまでは、殴打が事実上唯一の敵兵を倒す手段になる。また、殴打で倒すと敵兵がレーションや銃弾などのアイテムを落とすことがある(MSX版のみ)。敵兵の視界範囲は、敵兵が向いている方向の真正面のみであり、移動アルゴリズムも画面ごとに一定。, 本作のみのシステムとしてランクシステムが存在する。マップのどこかにいる捕虜と接触することにより階級が徐々に上昇していき、これに伴ってライフや所持銃弾の最大値が上昇していく。逆に捕虜を殺害すると低下する。最大レベルでないとジェニファーとの通信が行えず、ロケットランチャー、コンパスが入手できないほか、メタルギア破壊に必要な数の爆薬を持てない。最大レベルへの到達がクリアの必須条件である。, MSX版の標準のセーブ機能は、カセットテープへのセーブのみである。『コナミの新10倍カートリッジ』を併用すれば、フロッピーディスクへのセーブ(どこでもセーブ機能)が可能になる。ファミコン版はパスワード方式。, 1987年12月22日発売。FC(日本国外はNES)への移植は、FC専業チームによって開発され、小島秀夫は全く関与していない。潜入方法・敵の配置・マップがほとんどMSX版と異なり、タイトルにもなっている肝心のメタルギアは名前だけで、実際には登場しない(代わりに、メタルギアとアウターヘブンを管理するスーパーコンピュータと対峙することになる)。特に敵の配置は、マップが切り替わった瞬間必ず見つかってしまうという致命的なミスが数箇所にわたって発生しており、批判が強い。, 敵兵に見つかったときの「!